仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

▼日本でのサービスを停止する海外の取引所たち


3月23日に金融庁は
世界最大の仮想通貨取引所バイナンスに対して、
警告文をおくりつけ、日本人に対する
勧誘や営業活動をストップしました。

それから、「HitBTC」や「クラーケン」
といった仮想通貨取引所。
先日は、「Huobi」が日本での
サービス停止と一次的な撤退を発表しました。

2018年6月29日 追記:香港の取引所Kucoin(クーコイン)も日本でのサービスを停止

KuCoin is Closing our Services to Traders in Japan

これから、海外の仮想通貨取引所が
どんどん日本でのサービスを撤退していく。

ぼくはこの状況、市場がよい方向にかわる
いいきっかけだと言い切ります。

いまの仮想通貨市場は、
投機的な側面がつよくてすこし異常です。
投機による市場の盛り上げは去年でおわりました。
「歴史はくりかえされる」と
夢をみるのはおわりにしましょう。

歴史はくりかえしながら、
すこしずつ変化しているのです。

▼市場の変化をよみとる


・G20による世界各国で共通した規制案の樹立をめざす。

・証券問題(*1)

*1 証券問題:米国の証券取引委員会(SEC)が、「ICOにより資金を調達した仮想通貨は証券となる」という発言からそれに該当する通貨をめぐって議論をよんでいる。

・金融庁の規制強化

・草コインの値動き

などなど、去年にはみられなかった
さまざまな市場の変化がでてきています。
このファンダメンタルズの変化を
読み取りポートフォリオの見直しを
してみることをおすすめします。

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

– 仮想通貨市場の真実裏側

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –



関連記事

  1. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  2. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  3. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

  4. Switcheo.Exchangeとは?

  5. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  6. LINEが独自通貨LINK PointとLINKを発行

  7. 40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

  8. 合法化に向かう大麻と日本

  9. いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所がついに

PAGE TOP