厳選!知っておきたい市場ニュース!!

仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

▼日本でのサービスを停止する海外の取引所たち


3月23日に金融庁は
世界最大の仮想通貨取引所バイナンスに対して、
警告文をおくりつけ、日本人に対する
勧誘や営業活動をストップしました。

それから、「HitBTC」や「クラーケン」
といった仮想通貨取引所。
先日は、「Huobi」が日本での
サービス停止と一次的な撤退を発表しました。

2018年6月29日 追記:香港の取引所Kucoin(クーコイン)も日本でのサービスを停止

KuCoin is Closing our Services to Traders in Japan

これから、海外の仮想通貨取引所が
どんどん日本でのサービスを撤退していく。

ぼくはこの状況、市場がよい方向にかわる
いいきっかけだと言い切ります。

いまの仮想通貨市場は、
投機的な側面がつよくてすこし異常です。
投機による市場の盛り上げは去年でおわりました。
「歴史はくりかえされる」と
夢をみるのはおわりにしましょう。

歴史はくりかえしながら、
すこしずつ変化しているのです。

▼市場の変化をよみとる


・G20による世界各国で共通した規制案の樹立をめざす。

・証券問題(*1)

*1 証券問題:米国の証券取引委員会(SEC)が、「ICOにより資金を調達した仮想通貨は証券となる」という発言からそれに該当する通貨をめぐって議論をよんでいる。

・金融庁の規制強化

・草コインの値動き

などなど、去年にはみられなかった
さまざまな市場の変化がでてきています。
このファンダメンタルズの変化を
読み取りポートフォリオの見直しを
してみることをおすすめします。

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –

CoinPicks – オンラインサロン –



関連記事

  1. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  2. Switcheo.Exchangeとは?

  3. 医療サービスの根本から革命を起こすEMIトークン

  4. Bakktが提供するビットコイン先物 – 2018.9.26

  5. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  6. 仮想通貨に目を向けた香港の富裕層「李嘉誠」はBakktに投資

  7. 仮想通貨のコアな情報を「MESSARI」で丸裸に

  8. 米中貿易戦争がついにはじまった!仮想通貨にはポジティブ材料?

  9. CBDCに対するIMFの見解

PAGE TOP