厳選!知っておきたい市場ニュース!!

米中貿易戦争がついにはじまった!仮想通貨にはポジティブ材料?

 

▼ついにはじまった米中貿易戦争


7月6日に米国が中国へ、
25%の追加関税を発表しました。

前回の記事で、貿易戦争がはじまると、
「仮想通貨はどうなるのか」
という記事を執筆しました。

まだ読まれていない方は、
こちらから詳細を確認してください。

関税による米中貿易戦争でビットコインへの影響は – みんなで考える記事 –

以前中国は、米国から追加関税の発表があれば、
中国は報復措置を発表すると宣言していました。
そして、日本時間の午前1時1分に中国は、
同様の25%の関税を
米国輸入品に対して発表しました。

オックスフォード・エコノミクスの
アジア経済責任者ルイス・クイジス氏は、

“火ぶたは切られたので、貿易戦争は始まってしまった。終わりは見えない”

と述べています。

 

▼上海総合指数と米国債


2018年7月6日の発表をうけて、
上海総合指数は、前日比13.35%上昇しています。
週明けの2018年7月9日の価格に
注目したいところです。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=000001.SS&ct=w

もう一つ注目しておきたいのが、
米国債の30年と10年です。
2018年7月8日時点での双方の金利は、
10年債:2.83
30年債:2.94

https://stock-marketdata.com/us-treasury-sevurity.html

差はたったの0.14ポイント
しかありません。
このままでは、10年国債が売りに出され、
30年国債の金利を追い抜く
ということになるでしょう。

これの何がやばいのか
わからない方は、LINEの仮想通貨質問箱
ぜひお問い合わせください。
丁寧にわかりやすく説明します。

 

▼仮想通貨への影響


米中貿易戦争にて
追加関税を発表したことで、
市場の荒れる予感がします。

この発表をうけて、
仮想通貨はどうなっているでしょうか。

2018年7月8日午前9時に
貿易戦争の影響なのかはわかりませんが、
3.63%の価格上昇をみせています。

1週間前からのチャートを遡っても、
貿易戦争を懸念してなのか、
右肩上がりで推移しています。

こちらも週明けの動きに注目したいです。

 

関連記事

 

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –

CoinPicks – オンラインサロン –



関連記事

  1. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  2. ビットコインキャッシュ(BCH)VSビットコイン(BTC)

  3. DAPPS(分散型アプリケーション)の取引量から考えるイーサリアムの今後

  4. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  5. LedgerNanoSの新アプリ「LedgerLive」を使う3つのメリット

  6. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  7. StarkExchangeとは

  8. イーサリアムを様々な数字から振り返る

  9. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP