OTC取引からみる仮想通貨の需要

OTC(相対)取引とは…

「店頭取引」「相対取引」とも呼ばれており、個人と業者間が注文を直接的に決済することを言います。仮想通貨界隈に関していえば、もう少し広い幅でも使用されており、合意の元で個人間同士が行う取引をOTC取引(*1)と呼んでいます。

つまり、ビットコインが欲しいAさんとビットコインが欲しいBさんがいます。通常であれば、証券会社や何らかの中央機関を通してAさんとBさんが取引を行います。OTC取引では、中央機関なしで取引が可能ということです。

一応公式の説明を載せておきます。

*1 OTC取引:証券会社や銀行などの金融機関等の店頭カウンター(counter)越し(over)に取引を行うことに由来し、具体的には、非上場株式の取引、公社債の取引、オーダーメイドのデリバティブ取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などの相対売買で使われる用語。

 

各国のOTC取引需要

OTC取引の有名どころと言えば、「Localbitcoins」です。

同プラットフォームから各国のOTC需要を分析してみたいと思います。

その前にグローバルでの合計出来はこちらです。

日本を含む248ヶ国でサービスを展開しており、市場規模の拡大に伴いOTC需要も増加傾向であることがわかりますが、実際の需要を数字で見てみましょう。上記画像の出来高のピークは、2017年12月23日で約1億3千万ドルです。同日のCoinMarketCupでBTCの出来高をみると、約178億ドルです。CoinMarketCupには、Localbitcoinsの出来高はリストされていないので、単純にBTC出来高の約1%が、全く別需要として存在していることになります。

需要が増えてきてはいるものの、まだまだ実際の出来高は依然として低ボリュームと言えます。

日本

棒グラフの形は、基本的に全体像に近似するのがセオリーですが、日本の出来高は特異的なグラフになっており、不定期に大きな出来高が見られます。

仮想通貨大国とも騒がれていた日本ですが、グラフが突出している部分の出来高を見ても少額で、ユーザー層が20代30代と比較的若いこともあってか、ほんの一部の大口が少し触っただけのような印象をうけます。

米国

やはり最大の出来高を形成しているのは、「BTC / 米ドル」です。

全体像に近似しており、他国の出来高を牽引するように推移しています。

出来高のピークは、2017年12月9日で約1千2百万ドルで、全体のOTC需要のうち約10%を米国が占める形となっています。

中国

昨年の秋頃より、仮想通貨取引所の一斉停止がありOTC需要が騒がれていましたが、実際の数字はどうなのか気になるところです。2017年2月25日にOTC取引の出来高が急騰しており、丁度2月には中国の三大取引所が取引を一時停止が発表されました。また、2017年9月にも出来高が急騰しており、同様に中国の三大取引所が取引の停止をしたことにより、OTC取引の需要が高まったと考えられます。

しかし、中国では対面取引の際に「Bitkan」と呼ばれるOTCプラットフォームが人気を呼んでいたが、2017年9月上旬にサービスを停止しています。Bitkanは、サービスを開始して1カ月足らずで、1100万ドルの取引があったとのことで、これはLocalbitcoinsでも100万ドルを超える取引量というのは、過去を遡っても数件ほどしかなく、如何に莫大な取引量と人気を誇っていたかがわかります。

ベネズエラ

年内にインフレ率100万%に到達すると言われている同国では、自国通貨であるボリバル・フエルテの信用はもはや地の底についています。同国は、ニコラス・マドゥロが率先して石油を担保にしたCBDC「ペトロ」を発行しています。依然として、国民からの仮想通貨の支持が強く、なかでもBTCとDASHへの人気が高くなっています。

また、ベネズエラのOTC需要はとどまる事を知らず、常に出来高の最高額を更新しています。下記画像は、現在のインフレ率と今後5年を見通したものですが、インフレ率とOTC出来高が非常に近似しています。

今回は、筆者が気になった国のみを一部ピックアップして紹介させて頂きました。OTC需要は、今後も増えていくことが市場でも示唆されており、マーケットには出てこない、AML目的のOTC取引も多く存在します。

当メディアでは、OTC取引について引き続き追っていきたいと思います。

Coindance

 

CoinPicks


仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています

 Twitter

仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –

CoinPicks – オンラインサロン


仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

Localbitcoinsから読み取るOTC市場


OTC取引の取引量や活発な国を
調べてみるとかなり
面白いことがわかりました。

Localbitcoins

という対面取引をするための
プラットフォームを提供していますが、
名前くらいは聞いたことがあるという方も
多いのではないでしょうか?

ここでは、
国の名称や取引したい通貨名毎に
検索をかけることが可能で
なんとなく各国の需要を
見ることができます。

 

各国の取引量


Localbitcoinsは世界248ヶ国の
取引に対応しており、
東京での売買情報を見てみると、
数万円から数百万円までの板が並んでいます。

そして、日本円での件数が
2018年8月5日時点で10件に対して、
中国元では79件もあります。

この全てが中国人によるものだという
根拠はありませんが、
仮想通貨が全面禁止されている
中国元の取引が多いのは興味深いですね。

インドではルピーの
取引件数が84件あります。

興味深いのは、
同国のような新興国は自国通貨よりも、
基軸通貨である米ドルなどを
資産の退避場所として好むのではと、
仮説を立てて調べて見たところ
94件もありました。

過去に急遽高額紙幣の
廃止があったことを考えると、
合理的であると言えます。

さて、もう1つ。

年内にインフレ率100万%に達する
可能性が報道されてるベネズエラです。

また、石油に裏打ちされたCBDCの
ペトロを発行しているベネズエラは、
なんと188件もの取引件数が並んでいます。

対して、米ドルへの取引件数は204件
という数字がみられました。

 

もう一歩踏み込んで調べてみた


そして、サロンの方では
OTC取引についてもう少し
突き詰めて紹介したいと思います。

  • OTC取引とは?
  • OTC取引はどこで行われるのか?
  • 各プラットフォームからわかるOTC需要
  • 各国のOTC取引事情
  • わたしのOTC事例
  • Custodyサービス業者について

 

CoinPicks


– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –

CoinPicks – オンラインサロン –