ステーブルコインの取引量が高騰|2019年

ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
2018年から2019年にかけてステーブルコインはかなりの注目を集めてきました。その需要はステーブルコイン全体でVenmoのトランザクション数を超えています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

ステーブルコインの取引量が高騰|2019年

2018年から2019年にかけて、ステーブルコインはかなりの注目を集めてきました。2018年半ばには、複数のステーブルコインプロジェクトが開始しており、最近では、大企業が独自のステーブルコインをローンチしようとしています。これは、ステーブルコインに対する関心が高まっていることを示唆しています。今年に入ってJP Morganは、独自のステーブルコインであるJPM Coinをプライベートブロックチェーン上でローンチしました。また、20196月にはFacebookは大いに期待されているLibra(リブラ)に関するホワイトペーパーを発表しました。これを受けて、米国大統領がLibraと仮想通貨に対してネガティブなツイートしました。このように、仮想通貨は日常にどんどん浸透してきています。

2019年には、仮想通貨の転送量が大幅に増加しました。各ステーブルコインのトランザクション数は依然としてVenmo(ベンモー)(*1)のトランザクション数を下回っていますが、ステーブルコイン全体のトランザクション数はVenmoのトランザクション数を超えています。

*1 VenmoPayPalが所有するモバイル決済サービスです。 Venmoアカウント保有者は携帯電話アプリを使って他の人に資金を振り込むことができます。送信者と受信者の両方が米国に住んでいる必要があります。Venmoは支払い手段の一種です。 2018年第1四半期に120億ドルの取引を処理しました。

下図では、上位5つのステーブルコインとVenmo全体のトランザクション数を示しています。

時価総額や様々な指標から最も安定しているのはTetherです。当初、BitcoinブロックチェーンのOmniレイヤー上でのみ発行されていましたが、Tetherは他のブロックチェーン、例えばTronEthereumブロックチェーン上でも発行を開始しました。最近では、Ethereumブロックチェーン上で発行されたTetherERC-20規格)の取引量が急増し、時価総額が増加しています。

上図に示されているように、20193月以降、Tetherのオンチェーン取引数はかなり増加しており、他の大手ステープルコインも同様の増加を示しているものの、Tetherの伸び率は遥かに高いといえます。最近の取引高の増加は、Bitcoinの価格と取引量が回復しはじめたのと同時に起こっています。

Reference
https://tradeblock.com/blog/stablecoin-on-chain-transaction-volumes-soar-outpace-venmo

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

LibraとBitcoinの決定的な違い| Demirors氏

LibraとBitcoinの決定的な違い
米国の上院も下院の懸念からまとめられた4つの主な懸念を確認することで、Libraと他の仮想通貨を比較して市場にもたらすインパクトの違いを感じることができます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

LibraとBitcoinの決定的な違い

ワシントンD.C.にて2日間に渡って行われた公聴会の後、Libraは世界中で行われている長い規制聴聞会に巻き込まれることを確信しています。

Libraのアイデア(グローバルな米ドル以外の決済手段)、チーム(CalibraLibraを利用するためのデジタルウォレット)のトップで元PayPal CEODavid Marcus)、アプローチ(早い段階にLibraを発表したことによって、議員と協力して問題を解決しようとする姿勢)についてはまだ楽観的です。

上院公聴会からはじまり、民主党筆頭理事であるシェロッド・ブラウン議員は「Facebookは危険だ」という警告から調査がはじまりました。上院も下院も、新しいデジタル資産の構想に関して4つの主な懸念を抱いています。

  • プライバシーはどのように保護されるのでしょうか?ユーザーのデータはFacebookや他のLibraメンバーと共有されるのでしょうか?
  • Libra Association(*4)がネットワークをコントロールするのでしょうか?メンバーがユースケースに同意しない場合(例えば政治)、トランザクションをブロックできてしまうでしょうか?
  • LibraはどのようにしてKYC/AMLOFAC(外国資産管理局)、連邦、州、そして世界的な規に準拠するのでしょうか?
  • 新しいデジタル資産を採用する20億人のユーザーのネットワークは、既存の金融システムを破壊するのでしょうか?

*4 Libra AssociationLibraの管理権限をVodafoneMastercardVisaStripeなどの28社が運営するノードに委任するための組織。Facebook自体も属しており、権限をFacebookに集権化させない役割もある。

上記の質問を見ることで、Libraと他の仮想通貨を比較して市場にもたらすインパクトの違いを感じることができます。20億人のユーザーを持つシリコンバレーの巨人が動くことは世の中の舵を容易に切り替える力があります。

 

Libraのホワイトペーパーから既存のステーブルコインとの比較はこちらからご覧いただけます。

[blogcard url=”https://atomic-temporary-106217043.wpcomstaging.com/facebook-libra/”%5D

LibraとBitcoinの決定的な違いに関する続きは、こちらから毎週金曜日に配信します。

CoinPicks Lab

レポートを希望する

仮想通貨に対して批判的だった国際決済銀行(BIS)の総裁が独自のデジタル通貨を発行する必要性について表明

仮想通貨に対して批判的だった国際決済銀行(BIS)の総裁が独自のデジタル通貨を発行する必要性について表明
FacebookのLibra(リブラ)が「各国の銀行業に脅威をもたらす可能性」について懸念を示しています。国際決済銀行(BIS)のアグスティン・カーステンス総裁の発言から近く、中央銀行は新たなアクションの必要に迫られるのではないしょうか?


国際決済銀行(BIS)の総裁の意見と各中央銀行の懸念

国際決済銀行(BIS)(*1)のアグスティン・カーステンス総裁は、ここ数年、仮想通貨に対して批判的なコメントや報告を発表している人物として知られておりましたが、ファイナンシャルタイムズのインタビューで「中央銀行はまもなく独自のデジタル通貨を発行する必要が出てくるだろう」との見方を示しました。また、「BISは中央銀行の中央銀行のような役割を果たしており、各国の通貨に基づいてデジタル通貨を研究開発する世界の中央銀行の取り組みを支援しており、明確な需要を示す証拠があれば、そのような製品の登場はすぐそこまで来ているかもしれない。」と述べています。

(*1)国際決済銀行(BIS):1930年に設立された中央銀行相互の決済をする組織。通貨価値と金融システムの安定を目的として中央銀行の政策と国際協力を支援している。通常業務として各国中銀の外貨準備を運用する機関投資家でもある。 – Wikipedia

このコメントは、FacebookのLibra(リブラ)による懸念の大きさを表しています。この懸念によって中央銀行が発行しようとしているデジタル通貨をCBDC(central bank degital currency)と呼びます(ベネズエラのpetro(ペトロ))。

なぜ、各国の中央銀行はLibraに懸念を抱いているのでしょうか?

Libraを懸念する中央銀行と理由

表向きの批判理由としては、「Facebookの影響力強すぎる上に、ユーザー情報の扱いが不適切である」という点を指摘しています。しかし、本当に懸念しているのは裏向きの理由である「各国の銀行業に脅威をもたらす可能性」と言えるでしょう。実際にBISも年次報告書で「Libraのイニシアチブが中央銀行の資金管理に長期的な脅威をもたらす」という懸念を表明しています。

この懸念は懸念ではなく、何らかのアクションの必要に迫られているということです。通貨バスケット制を採用したステーブルコインであるLibraが、世界の決済通貨としてキャズムを超え、大衆に使用される日が来ることがあれば、手数料と金利で成り立っている銀行は大打撃かつ、この動きは発展途上国からどんどん広まっていくでしょう(茹でガエルです)。

そのリスクが各国の中央銀行の頭を遮った後には選択肢は3つです。

  1. 批判する(現在のフェーズ)
  2. 対抗する(次のフェーズ)
  3. 共存する(最悪の手段)

但し上記は中央銀行が考えるバイアスです。イノベーションが起きる時いつもバイアスは壊されます。

この続きはCoinPicks Labで記載します。

Join Lab Now

最初にこの記事を読んだ時、「中央銀行はまもなく独自のデジタル通貨を発行する必要が出てくるだろう」というBISのアグスティン・カーステンス総裁の発言から本当に近く、中央銀行は新たなアクションの必要に迫られるのではないしょうか?

 

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)にフェイスブック「Libra」が上場する意味

BINANCE(バイナンス)にLibraが上場することでBNBの価値が高まる
バイナンスにLibraが上場することで、間違いなく流動性が高まりLibraにとってポジティブと言えます。しかし、Libraが上場することでBNBの価値が高まる可能性があるのです。


Libraの上場はBINANCE(バイナンス)のBNBの価値を高める

Binanceの最高戦略責任者(CSO)であるGin Chao(ジン・チャオ)氏へのインタビューの中で非常に重要な点は以下となります。

  • Libraブロックチェーンのノードを検討している
  • Libraの上場を検討している

混同しがちな点としては、Libraのノードになる為には最低1000万ドル相当のLibra Investment Token(LIT)と呼ばれるガバナンストークンを保持する必要があり、ステーブルコインのLibraとは別物です。これはMakerDAOでいうMKRとDAIのように「ガバナンストークン」と「ステーブルコイン」に分けられています。そしてバイナンスは、LITの所有とLibraの上場の両方を検討しているということです。

今回はLibraのお話になるのですが、単純にバイナンスに上場するということは取引量が増加するということになり、多くの方の想像通り非常にポジティブであるとともに、グローバルな決済通貨として市場に認知させる為の起爆剤となり得るでしょう。実際にTetherのUSDT同様、多くの一般ユーザーがmint&burn(生成と焼却)をプラットフォームで自ら行うことは手間であり、バイナンスのような流動性の高い取引所が重要なハブとなるからです。

ただ、今回私がこの記事を書いているのは何もそんな当たり前のことを伝えるためではありません。

本当に伝えたいのはこちらです。

Introducing: Bitcoin-Pegged Token on Binance ChainというBTCBの発表をしている公式記事に下記のような記述があります。

The main benefit of offering crypto-pegged tokens is that, obviously, this makes available to Binance DEX traders the many coins that have their own blockchains and aren’t native on Binance Chain. With the increase in the selection of tokens available on Binance DEX, there should be an increase in trading volume and liquidity, This would further increase the utility value of Binance DEX.

要するに、ペグトークンを提供することの主な利点は、Binance DEXで利用可能なトークンの選択肢が増えると取引量と流動性が増加してBinance DEXの実用価値が高まるということです。DEXはBNBペアでの取引であるため、DEXの実需の拡大はBNBの価値に繋がります。

インタビュー内でLibraについて賞賛を送りつつ、営利企業としての役目を果たすバイナンスに関心しました。

Facebookが発行するLibra(リブラ)と既存のステーブルコインの違いについて

Facebookが発行する仮想通貨のLibra(リブラ)の7つの特徴
Libraのホワイトペーパーから既存のステーブルコインと比較した場合にどこに違いがあるのかについて記載しました。


Q:他のステーブルコインとの違いについて。 – CoinPicks Lab

上記のような質問をCoinPicks Lab内で頂いた為、まずはホワイトペーパーに記載のある既知の情報から既存のステーブルコイン(USDT、USDC、GUSD、etc…)とLibra(リブラ)の違いについて箇条書きしてみたいと思います。

USDTについてはこちらで記載しています。

[blogcard url=”https://atomic-temporary-106217043.wpcomstaging.com/usdt-consensus/”%5D

ステーブルコインのLibra(リブラ)の特徴

  • 準備金に通貨バスケットを採用
    Libraが採用しているリザーブは、価値保全を達成するための鍵となるメカニズムです。既存のステーブルコイン同様に通貨の発行には担保となる資産のリザーブが必要になります。異なるのは担保の方法で、USDTやUSDCのように単一の米ドルのみを担保としたステーブルコインではなく、複数の安定した通貨をリザーブする点にあります。何をリザーブするかは2019年6月26日時点では公表されていません。つまり、「$1=1Libra」ではなく「$1≒1Libra」となるわけです。
  • ネットワークの運営は選出されたバリデータによって行われる
    既存のステーブルコインは「運営会社=発行元」となっていますが、ネットワークのセキュリティ確保と取引の検証は全て選出されたバリデータが担います。多くの方がご存知のように、ステーブルコインにおける管理者の透明性は非常に重要な論点となります。バリデータ候補となっているパートナ企業(以下にパートナー企業の詳細)は、世界的に有名な企業ばかりで安心感という意味では一般ユーザーの心理的障壁を越えるのに十分だと思います。界隈にはこのようなパーミッション型の運用を嫌う方は多くいますが…
  • パブリックチェーンでの運用を視野に入れている
    エコシステムの公開から5年後を目標にパブリックブロックチェーン(非許可型)での運営を視野に入れています。なぜ最初からパブリックブロックチェーンで運用しないのかというと、世界中の数十億人をサポートするための安定性とセキュリティを提供できる実績のあるソリューションがないからということです。
  • パートナー企業が強力

現状のパートナー企業です。Libraのパートナーは、運用開始目処である2020年前半には、約100に増加する見込みです。

  • プログラミング言語「Move」
    「Move」は、Libraブロックチェーンに独自の取引ロジックや「スマートコントラクト」を実装するための新しいプログ ラミング言語です。
  • Libraブロックチェーンには匿名性
    どこまでの匿名性があるのか調査中であるのと、かなりセンシティブな問題であるため詳細はお待ちください。Coinbaseがパートナー企業に入っていることから匿名通貨に対しては、抵抗感がないのかもしれません。しかし、かなり重要な項目であると言えます。
  • インスタグラムアカウントがある
    ぬかりないと言わんばかりのネタです。真面目に答えると、もしインスタグラムも戦略の1つであるのならば親和性は結構高めと考えており、ティーン世代に新たな購買体験とコミュニケーションを提供できるのではないでしょうか?

instagram

今回は簡単に箇条書きにしてFacebookが発行する仮想通貨(ステーブルコイン)、Libra(リブラ)について書いてみました。この中でいくつか深掘りしてお伝えしたい点もございますので続きを書きます。

Labでは仮想通貨に関する質問を受け付けております。

メールアドレスで無料レポートを受け取る

Join Lab Now