仮想通貨「BEAM」の2019年ロードマップを日本語で公開

BEAMは2019年BEAM CoreとBEAM Complianceという2つのコンセプトを発表しました。各国の規制とルールに遵守しながらも、ライトニングネットワークやアトミックスワップ、秘匿可能なトークンなど期待が高まるロードマップとなっています。記事ではこれらの詳細と全貌をお伝えしたいと思います。


BEAMのロードマップの全貌

BEAMから2019年のロードマップの発表がありました。同社は複数の企業や個人ののために機能する通貨を目指しており、活気に満ちたエコシステムを構築し、使いやすさの向上と市場の採用を拡大し、世界のインフラストラクチャを目指します。

BEAMプロジェクトの主要な活動は2つのカテゴリーに分類されています。

  • BEAM Core
  • BEAM Compliance

順番にその中身を説明していきたいと思います。

 

BEAM Core

ネットワークの維持と改善に重点を置くことで、市場に普及させるために開発を中心としています。

BEAMは2019年のロードマップ5つに分類しました。

  • Agile Atom
  • Bright Boson
  • Clear Cathode
  • Double Doppler
  • Eager Electron

BEAM Coreの中の5つの分類として順番に説明していきます。

Agile Atom

2019年1月 – 2月

  • ドキュメントの完成
  • エコシステムに関するAPIの完備を目指す
  • ライトニング・ネットワーク実装に向けた研究

ライトニング・ネットワークを実装することで、高速なトランザクション処理が可能となりスケーラビリティの向上に繋がります。BEAMのTPS(処理速度)は1秒あたり17トランザクションと言われており、ライトニング・ネットワークを使用することで、数万規模の処理速度に達することが可能となります。

 

Bright Boson

2019年3月

  • BTCとのアトミックスワップを実装

アトミックスワップが実現することで第三者不要でBTCとの取引が実現します。

  • ハードウェアウォレットへの対応

Mimblewimbleは仕組みがその他の暗号通貨プロトコルとは異なります。ゆえにハードウェアウォレットに対応するための特別なサポートが必要になります。

  • Androidウォレット β版

2月にベータ版がリリースされ、3月末までにローンチ予定です。

  • ライトニング・ネットワークのPoC実施

PoCとは、Proof of Conceptの略で、「概念実証」という意味です。新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションを指します。

  • BTCpayを含む決済プラットフォームへの実装

BEAMでの支払いを簡単に受け付けることができるように、BTCPayおよびその他のサービスと統合するように努めるとのことです。

 

Clear Cathode

2019年6月

  • マイニングアルゴリズムの変更

  • iOSウォレット

Androidウォレットに続いてのローンチ予定です。

  • マルチシグサポート

マルチシグ対応することでエスクローサービスが可能となります。

  • アトミックスワップ対応の取引マッチングボード

注文を管理して流動性を高めるためのマッチングボード。

  • ライトニング・ネットワーク α版

α版はまだ機能が不足している試作品として、β版の1つ前の段階のことを指します。

 

Double Doppler

2019年9月

  • 代替的コンセンサスアルゴリズムの研究:

ナカモトコンセンサスに変わる新たな合意(コンセンサス)GhostDAGは非常に有望とのことです。

  • ノードの増加

ノードの採用を増やし分散化を目指す。

  • ウォレットセキュリティの強化

二要素認証と表示専用、受信専用、および使用制限のあるウォレットを開発

  • ライトニング・ネットワーク β版

 

Eager Electron

2019年12月

  • PoWアルゴリズムの変更

2回目で最後となるハードフォークによるマイニングアルゴリズムの変更。

  • I2P/Tor の対応

プライバシーを向上させるために、TorおよびI2PネットワークでBEAMノードとウォレットを実行できるようにする予定です。

  • Boneh-Lynn-Schaham (BLS) の採用

Boneh-Lynn-Schaham(BLS)シグネチャはシュノア署名よりもコンパクトでシンプルなマルチシグ実装が可能です。

  • 代替コンセンサスアルゴリズムの研究

調査に基づいた概念実証を行います。

  • メインネットでLightningの正式リリース

 

BEAM Compliance

監査とコンプライアンスに重点を置くことで、各国の規制に遵守し連携していくことを中心としています。

Beam Complianceにより、BEAMの取引を完全に機密にしておくことができますが、ユーザー自身が開示の選択をすることができ主権を握ることができます。これを実現するために同社は様々な金融界と暗号通貨界とパートナーとして協力していきます。

Q1では適切なパートナーを選定して、ユースケースと規制環境および市場投入戦略の定義について議論をします。

Q2ではCompliant WalletのPOCをリリースします。

Q3ではフィードバックに基づいて、当社の準拠Walletのα版および規制とインターフェースのα版を作成およびリリースします。この時期から規制当局へのアプローチも開始します。

Q4では監査用インターフェースをローンチします。また2020年に向けての準備をします。

この他にもProject Luminiにも重点をおいた活動をしていくとのことです。

 

Project Lumini

Beam CoreとBeam Complianceに加えて、Project Luminiにもいくつかのリソースを投資することを公表しています。

Project Luminiとは、BEAMのサイドプロジェクトでイーサリアムのブロックチェーン上で独自のトークンを発行することができ、Confidencial Assetsの機能を有しているため機密性の高いトークン生成が可能になります。Confidencial Assetsによって取引をしている者同士しか取引数量を知ることはできず匿名性の向上に繋がります。

Project Luminiの目標は、BEAMブロックチェーンと1つ以上のスマートコントラクト間のブリッジを作成することで、他のチェーン上のアセットをBEAMのチェーン上で発行して、MWで秘匿アセット化することで資産のプライベートを守ります。

サイドプロジェクトには他にも、BEAM Lightningというものがあります。

これはBEAMにライトニング・ネットワークを実装することを目的としています。ライトニング・ネットワークによる処理が実現することでTPS(処理速度)を向上させることが可能となります。現在のTPSは1秒間に17トランザクションと見積もられています。

 

まとめ

とにかく魅力的な技術は盛りだくさんで期待が大きく膨らみます。期待値だけ上げて実装できず延期がセオリーなこの界隈ですが、イスラエル出身者が多いBEAMの開発陣の技術の高さはコードレビューワーの称賛からも界隈では有名になっています。

多くのプロジェクトが国毎の規制やスケーラビリティに悩まされていることを考えると、あらかじめそれを念頭において進めることのできるBEAMのロードマップのスピード感にも納得がいく部分があります。

メインネットがローンチされてから約3週間たった今、筆者も様々なBEAMコミュニティーに属しながら、その対応の迅速さと盛り上がりには感心するばかりです。まだ始まったばかりのプロジェクトですが2019年の躍進を応援したいと思います

原文

BEAMについてもっと知りたい方はこちらもご覧下さい。

[blogcard url=”https://coinpicks1.wordpress.com/beam/”%5D

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

BEAMとは

MimbleWimbleを採用しているオープンソースプロジェクトBEAMと匿名通貨の代表であるMoneroやZcashとの比較についての解説と、BEAM自体のスペックとそのディストリビューション(流通設計)について触れています。ディストリビューションに関してはICOなしプレマインなしとかなり評価できるプロジェクトと言えます。


BEAMとは

BEAMとはMimbleWimbleに基づいたオープンソースプロジェクト。

MimbleWimble(以下よりMWに略)は元々ビットコインのスケーリングやFungibilityについて活発な議論がなされているときに提案されたものです。しかもこの開発者は匿名で、ビットコイン開発者のIRCチャンネルにログインし、MWに関するホワイトペーパーへのTorリンクを貼り付けて消えました。

MWはトランザクションの秘匿化とスケーラビリティを両立させられる可能性があるという点で注目されています。

2016年秋頃にBTCNでも取り上げられています。MWについての詳細はすでに下記BTCNも含め既知であるため割愛させて頂きます。

https://btcnews.jp/mimblewimble-by-andrew-poelstra/

このMWという技術を初めて採用して2019年1月3日にローンチしたのが「BEAM」というプロジェクトです。(厳密にはGrinというプロジェクトもMWを採用しているが今回はBEAMのみに焦点を当てます。)

MWを採用しているBEAMはもちろん秘匿化に特化したプロジェクトです。しかし、秘匿といえばMoneroやZcashといったプロジェクトもあります。

いったいどこに違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴を整理してみたいと思います。

Monero

Moneroは、Confidential Transactions(*1)とRing Signatures(リング署名)(*2)とStealth Addresses(ステルスアドレス)(*3)を使用して機密性を確保しています。

*1 Confidential Transactions:準同型暗号という方法を用いて取引量を取引関係者のみ知ることができるような仕組みです。

*2 リング署名:自信の送信アドレスとその他の関係のない送信アドレスを混ぜ合わせて、一つの送信アドレスを作り、署名自体も複数の秘密鍵を混ぜて作り個人の特定をできなくしている秘匿方法です。

*3 ステルスアドレス:ワンタイムアドレスと呼ばれる一定の時間に一度の取引きだけに有効になるアドレスを生成して取引することで取引履歴が第三者に分からないようになっています。

秘匿に関する評価は高いもののリング署名の使用により、追加のデータが各トランザクションに添付されることでブロックチェーンのサイズが大幅に増加します。2018年10月時点では、Moneroのブロックチェーンサイズは約48GBとなっています。

トランザクションサイズの問題を解決するために「Bullet proof」と呼ばれる改善案が導入されました。これによってトランザクションサイズが80%程改善されたのですが、それでもビットコインのトランザクションの5倍ほど大きいのが現状です。

Zcash

Zcashはzk-SNARKを採用しており、これは非常に高度な形式のゼロ知識暗号化方式です。zk-SNARKでは、ブロックチェーン上のすべての取引金額、入力、および出力は完全に隠されています。ただし、Zcashのトランザクションはデフォルトではプライベートではありません。つまりトランザクションを秘匿化したい場合には手動でプライベートにしないといけません。

zk-SNARKの作成は計算量が多く、プライベートトランザクションを作成するのに通常のPCで1分から3分程必要になります。ほとんどのユーザーはそれらを有効にしないため、ネットワーク全体のプライバシーが損なわれます。2018年10月時点では、Zcashネットワーク内のプライベートトランザクションの割合は1%以下なのです。

トランザクションサイズはビットコインの9倍なっており、スケーラビリティの観点からは好ましいとは言えないでしょう。

BEAM

MWにはいわゆる「アドレス」というものがなく、ユーザー自身が保有するUTXOに紐付けられた秘密鍵を所有しています。

MWを採用しているBEAMには、取引を秘匿にするか否かなどの選択肢はなく、仕組み上、トランザクションそのものが秘匿化しています。さらにDandelion(ダンデライオン)という仕組みを用いて悪意のあるノードからのトランザクション解析も防いでいます。これは匿名性を大幅に向上させるネットワークポリシーです。

Dandelionについては後日別途記事にする為、ここでは割愛させて頂きます。

MWではCut-through(カットスルー)という仕組みによって、トランザクションのサイズを非常に小さくできるとのことです。

カットスルーはUTXOのすべての中間取引を削除してしまうようです。これによってBEAMのブロックチェーンサイズはビットコインの約30%程まで小さくなるようです。

 

スペックと流通設計

BEAMのスペックについて下記に記載します。

  • マイニングアルゴリズム:Equihash
  • ブロック生成時間:1分
  • ブロックあたりのトランザクション:約1000個
  • ブロックサイズ:1MB
  • Difficulty:1440ブロック(約24時間)

最初の1年間のマイナーに対するブロックリワードは1ブロックあたり80BEAM。2年目から5年目のブロックリワードは1ブロックあたり40BEAMになります。6年目には25BEAMの報酬が与えられ、その後129年まで4年ごとに半減期を迎えます。そして133年以降はBEAMの放出が停止します。

それとは別に最初の5年間のみ、新規ブロックが生成される度に、Treasuryと呼ばれる場所にBEAMが新規発行されます。1年目は1ブロックあたり20BEAMが発行され、それ以降は1ブロックあたり10BEAMが発行されることとなっています。

BEAMの発行スケジュールによると1年後に52,560,000BEAM, 2年後に78,840,000BEAM, 3年後に105,120,00BEAMが発行されていることになります。

上記のTreasuryに発行されたBEAMは四半期ごとに下記のように分配されます。

  • 投資家:40%
  • コアチーム:40%
  • BEAMファンデーション:20%

マイニングリワードの20%が一定期間Foundationに配分され、最終的に総供給量の12%がFoundationの取り分となります。

BEAMプロジェクトの流通設計にも注目されている理由があります。

重要視されるトークン自体のトークンディストリビューションはプレマインが全くありません。つまりICOもしていなければ運営側が初期状態で保有しているトークンも無いと言うことです。

2019年1月3日からのマイナーによるブロックリワードからが初めてのトークン流通となるわけです。これ以上ない公平性を実現したトークンローンチと言えるでしょう。

現在HOTBITという取引所でのみ上場&売買がされており下記URLにて確認することができます。

https://www.hotbit.io

BEAMの日本公式アカウントも立ち上がっていました。

 

まとめ

MWという興味深い仕組みを採用しているがゆえに、完成度の高い秘匿システムとMoneroやZcash以上のスケーラビリティを持ち合わせている点で今後の動向にも注目が集まります。

また、トークンディストリビューションに関しても世間の評価を集めており、プレマインなし、ICOなし、エアドロップもなしと公平性を意識したローンチには感心するばかりです。

「プライバシー」に関しては、常に一定の注目が集まりその度に、MoneroやZcashなどの秘匿プロジェクトの名前が上がっていました。2019年は間違いなくMWを採用しているBEAMプロジェクトに一定の感心が集まることでしょう。

 

参考
https://github.com/BeamMW/beam/wiki
https://medium.com/beam-mw/
https://medium.com/beam-mw

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。