ビットコインキャッシュ(BCH)VSビットコイン(BTC)

BITMAIN社がBCHを大量購入で価格は?


仮想通貨マイニング企業の大手BITMAIN社は、今年3月の時点でビットコインキャッシュを102万1316BCHを保有しているということで話題になっています。

現在のBCH発行枚数は、2018年8月17日時点で17,297,213 BCHです。
つまりBITMAIN社は、全体の6%を保有していることになります。
対して、BCH購入の際にはBTCを売却しており、同社のBTC保有枚数は、2018年8月12日時点で6700BTCとのことです。

さて、私が気になるのはIPOを実施することで注目を集めているBITMAIN社。
その時価総額は1兆9800億円と過去最大規模が想定されています。
上場時に、機関投資家へのBITMAINの知名度と共に、BCHの知名度も急上昇するのが目に見えます。
BCHの購入が発表されてからというのは、市場が低迷していることもあってか、BCHに大きな動いはありません。

 

BITMAIN上場に伴いBCHは人気上場へ


グーグルトレンドでは、過去3ヶ月で「BITMAIN IPO」のワードが急上昇しています。

しかも、「BCH」というワードが、検索数で言えば2倍近くの差をつけて「BITMAIN」を抜いてしまっています。

この状況あなたはどう捉えますか?

ちなみに「BTC」と「BCH」の検索数では、BTCの検索数が圧倒的に多く、天地の差があります。

そして仮想通貨界隈では、またもや「BTC VS BTC」の図式が目立つようになってきており、ユーザーもその話題がお好きなようです。

しかし、「BTC VS BTC」という対立構図は、もはやコラムの一貫でしかなく、比較するべきではないと思います。
というのも、BTCは「価値の保存」BCHは「決済通貨」として、別々の道を歩んでいるのですから。

 

CoinPicks


– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –

CoinPicks – オンラインサロン –


コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

▼BCHでコンビニ決済


間もなくビットコインキャッシュ (BCH) が、日本国内のコンビニ決済に使用できるようになると話しています。 (明確な日付は未定)
▶︎ こちらがその会話の動画です。

コンビニは日々の生活の中に浸透しており、そこに行けば大抵のものは購入できます。
つまり、
仮想通貨でなんでも購入できる、仮想通貨ホルダーが待ち望んでいたことが実現されようとしているのです。

 

▼市場への影響は…


市場への影響は、当然ポジティブに働くことでしょう。
それは、価格が上がるという単純な意味ではありません。

コンビニで、スマホをかざすだけで決済ができるようになります。
これだけでは、ApplePayと何ら変わりはありません。
重要なのは、仮想通貨に決済としての実需が生まれるということなのです。
そして、法定通貨なしで生きていける経済圏ができるということにあるのではないでしょうか。

 

▼おまけ


ちなみにタイでは、現地のファミリーマートがビットコイン決済を導入しており、意外な潜在的需要を見つけています。
それは、学生による決済需要です。
学生は銀行口座が作れないので、親からの仕送りなどデビットカード方式で使用しています。

 

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方

https://lounge.dmm.com/detail/761/