厳選!知っておきたい市場ニュース!!

シンガポール|ブロックチェーンエコシステムレポート

シンガポール|ブロックチェーンエコシステムレポート
ConsensSysは、金融、ヘルスケア、スマートソリューションという3つの広い領域にわたるシンガポールのブロックチェーン・イノベーションの状況を調査しています。このレポートでは、各分野におけるさまざまなケース・スタディを取り上げ、ブロックチェーンがどのように価値を創出するために使用されているかを説明しています。


CoinPicks Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

なぜ各国はブロックチェーンと仮想通貨産業の誘致を競っているのか?

IMDAFuture Of Services報告書によると、シンガポールのブロックチェーン市場は、2022年に最大27200万米ドル、2030年までに最大26億米ドルの市場支出を達成する可能性があり、年平均成長率は32.5%を記録しています。同様にGartnerは、2026年までに世界で3,600億ドルをわずかに上回り、2030年には3.1兆米ドルを超える水準にまで拡大すると予測されています。また、年平均成長率(CAGR)は59.04%になると予測されています。

全体的に見て、ブロックチェーン・テクノロジーから生み出される潜在的価値は計り知れないものがあり、シンガポール、マルタ、香港、スイスなど世界中の国々でブロックチェーン企業の採用が進んでおり、程度は低いものの、仮想通貨の採用も進んでいます。

シンガポール・エコシステム・ブロックチェーン・レポートとは?

ConsensSysは、金融、ヘルスケア、スマートソリューションという3つの広い領域にわたるシンガポールのブロックチェーン・イノベーションの状況を調査しています。このレポートでは、各分野におけるさまざまなケース・スタディを取り上げ、ブロックチェーンがどのように価値を創出するために使用されているかを説明しています。例えば、シンガポールの認可された証券取引所は、ブロックチェーンを利用してプライベート市場に流動性を創出しています。

企業がより長いプライベート・ライフサイクルを追求するために株式公開を控えていることから、プライベート市場における資本効率性と流動性の必要性もより差し迫ったものとなっています。公共部門でビッグデータを活用することにも大きな可能性を感じます。

1:ブロックチェーンに関わる、シンガポールの規制環境の整備

シンガポールは一貫して企業寄りであり、ブロックチェーンのような新技術を支持する規制環境を維持しています。シンガポールは10年以上にわたり、世界銀行のEase of Doing Business Indexの上位3か国にランクインしています。企業が新技術を採用し、世界規模で事業を拡大することを奨励するために、多額の政府補助金が存在しています。また、シンガポール政府は2014年、情報通信技術、ネットワーク、ビッグデータを活用して国を変えるソリューションを作るスマートネイションイニシアティブを立ち上げました。

さらに、シンガポール金融管理局(MAS)は、ブロックチェーンと分散元帳技術を使用した国境を越えた決済の実験において民間企業と提携することで実験を積極的に奨励しています。結果、2016年にMASは、金融機関(FI)やその他の企業のスタートアップが、明確に定義された空間と期間内で実際の製品やサービスをユーザーに提供できる環境を作り、革新的なFintechソリューションを実験できるように、規制サンドボックスを設立しました。

規制のサンドボックス内の革新者は、そうでなければ適用されるであろう緩和された規制要件を享受する立場にある。シンガポールの透明性が高く、開放的で、将来を見据えた規制戦略である「革新者と一緒に走ること」は、規制による監視の必要性とバランスをとりつつ、テクノロジーの進歩を取り込んでいます。

2:3つの価値創造メカニズムとしてのブロックチェーンの活躍方法

  1. ブロックチェーンの分散元帳は、バリューチェーンの様々な利害関係者が参加することで、共有元帳上で相互作用することを可能にします。例えば、病院や保険会社は、患者記録の共通データベースにアクセスすることで保険金請求を検証し、即座に処理することができます。
  2. 組織がより多くのトランザクション・データをデジタル形式で作成して保存できるようになると、ブロックチェーン・テクノロジーのトランザクション履歴を維持する機能によって、製品在庫から債務市場におけるカウンターパーティ・リスクに至るまで、あらゆるパフォーマンス情報を提供できるようになります。
  3. 市場が自らを監視できるようになったことで、リスクを軽減し、パフォーマンスのギャップを特定する新たな可能性が生まれました。最後に、ブロックチェーンは、従来の資本市場で可能であったよりも深く、より広範囲に資産の部分所有を可能にするために使用することができます。

3:企業と組織が協力してブロックチェーンを活用する方法

企業と組織のコラボレーションには、2つの点で競争力の鍵となります。第1に、ブロックチェーンはロジスティクスの場合のように、特定のバリューチェーン内の異なる企業間の効率の良い垂直統合を可能にします。また、トレードファイナンスのように、競合同士がより容易に取引することを可能にします。第2に、既存企業と新規企業とのコラボレーションが人気を集めています。多くのブロックチェーン愛好家の当初期待とは対照的に、今日の各セクターの既存企業は、イノベーションのために新しいテクノロジーを採用することに前向きです。

大手銀行や民間企業は、ブロックチェーン技術を利用して業務効率を改善するために、ソリューションプロバイダーと提携する方法を模索しています。確立された企業は市場へのアクセスを提供し、小規模で新興のイノベーターのためのテストベッドを提供します。これらの提携は、既存の企業が競争力を維持するためにも、新しいテクノロジー企業が市場の牽引力を得るためにも重要であるといえます。

Reference
https://consensys.net/blog/enterprise-blockchain/singapores-blockchain-
ecosystem-an-industry-report/?utm_campaign=ConsenSys%20Newsletter&utm
_source=hs_email&utm_medium=email&utm_content=79512236&_hsenc=
p2ANqtz–ajVlUEgOCdWiNpZRLYR6BnQQ902kWYrApQEsusuDLvcXMpg
eL4PjIvQ_kfHfR0sj53A9CWLcRxmWf98nFugc9H4Cekw&_hsmi=79512236

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価されている

  2. 仮想通貨は世界共通通貨になりえるのか

  3. cryptoeconomicsについて考える Vol.2

  4. OTC取引からみる仮想通貨の需要

  5. ブロックチェーンにおける2種類のガバナンスとは?

  6. Githubで最も開発が活発な20のブロックチェーンプロジェクト|その多くがイーサリアム上で構築

  7. cryptoeconomicsについて考える Vol.1

  8. 米Circle |仮想通貨市場の 6つのポイントを整理

  9. 仮想通貨と法定通貨と未来

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. テストネット上でETHの送金をやってみる
  2. MetaMaskの準備
  3. チューリング完全マシンにおけるガス(Gas)の役割
  4. イーサリアムの通貨単位について
  5. Ethereum2.0|バリデータ要件とコストについて
  6. イーサリアムの「状態」について掘り下げて理解する
  7. イーサリアムの誕生とヴィタリック・ブテリン
  8. 「イーサリアムとブロックチェーンについて」専門用語を省き、事例を使いながら簡単に…
  9. Dharma|Smart Wallet
  10. Ethereum|イスタンブールとEIPの内容
PAGE TOP