インターネットの定義とEthereumの定義 PART1

インターネットの定義とEthereumの定義
インターネットの定義からEthereumの定義を考えるために、David Hoffmanの記事を一部和訳して提供させて頂きます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

インターネットの定義とEthereumの定義

David Hoffmanの記事を一部和訳して提供させて頂きます。

資産としてのEthereumの定義

この記事では、Ethereumの資産としてのEtherの役割について説明します。

Ethereumは、代替的なインターネット・ベースの金融システムを構築するための基盤です。この新しい金融システムを運営するには対応した通貨が必要です。また、この新しい環境で金融アプリケーションを運用するには、信頼不要の担保が必要です。その担保がEthereumブロックチェーン上のEtherです。

その結果、Etherは新しい経済が求める要件を一度に満たす資産となりました。

Ethereumの定義

Etherを定義する前に、Ethereumを定義する必要があります。Ethereumを定義しようとする試みは、80年代のインターネットを定義するようなイメージです。オープンソース技術の素晴らしいところは、コミュニティがそのユースケースを構築し発見するにつれて、その技術の利用と応用が進化していくことです。

アプリケーションがインターネットを定義する

Googleでインターネットの定義について検索すると以下のような答えが返ってきます。

  • グローバル・コンピュータ・ネットワーク
  • 様々な情報通信設備の提供
  • 相互接続されたネットワークによって構築
  • 標準化された通信プロトコルの使用

個人的には、この定義は役に立ちません。技術的には正しいのですが、技術的なことを考えている人向けの定義です。もしあなたが「インターネットが人類にどのような影響を与えるのか」又は「インターネットとは何ですか?」という疑問の回答を見つけるには、実際にインターネット上で何をしているかを見せる必要があります。これによって次のことがわかります。

インターネットは様々なテクノロジーのスタックであり、アプリケーションが最上位スタックに位置します。「インターネット」は、スタックの一部だけでは構築することはできませんが、インターネットが私たちの生活大きな影響を与えているのはアプリケーション層です。アプリケーション層の下にあるすべての層は、製品とサービスを人々に提供するという目的のための手段といえます。

インターネットの背後にあるイノベーションは、データを安価に入手可能及び無限にコピーが可能であることでした。このイノベーションによって情報が世界に溢れました。しかし、安価で入手可能でコピー可能なものは、「お金」とは逆の価値であると言えます。お金の価値というのは、アクセスが困難で高価であるということです。

Bitcoinはインターネット上に希少性を生み出しました。BitcoinプロトコルはBitcoinに希少性のみを提供しました。

Ethereumは、通貨としての機能だけではなくデジタル上で希少性を構築する機能を提供しています。Ethereumのおかげで、プラットフォーム上のあらゆる資産をデジタル化することができるようになりました。ERC20規格である「トークン」は、デジタルの希少性を実現する印刷機のようなイメージです。その結果、Ethereumはインターネットの資産にとらわれないプラットフォームとなりました。

Ethereumは、インターネット上の新しいレイヤーとして存在します。その下の通信プロトコルを使用して、デジタルアセットの管理方法を定義する新しいネットワークを作成します。Ethereumは、インターネットのバリュー・レイヤーであるといえます。

Ethereumの定義は次のとおりです。

  • Ethereumは、分散型アプリケーション向けのグローバルなオープン・ソース・プラットフォームです。
  • Ethereumでは、デジタルアセットを制御し、プログラムどおりに実行し、世界中どこからでもアクセス可能なコードを作成できます。

インターネット上のアプリケーションは、「インターネットとは何か?」を定義しました。同様に、Ethereum上のアプリケーションはEthereumを定義します。

Ethereumのアプリケーション層

Ethereumのイノベーションは、インターネット上での新しいアプリケーション層の確立です。Web2のインターネットは、集中化されたデータベースと集中化されたデータのインターネットです。FacebookGoogleAmazon、及びその製品は、Web2を経て構築された大きなアプリケーションです。

Ethereumは代替手段を提供します。新しいアプリケーションを可能にする新しいレイヤー、アセットレイヤー、Web2のインターネットは飽和状態にあり、膨大な数のユーザーによって支配されていますが、Web3は潜在的な価値あるアプリケーションのランドスケープを提供します。

Ethereum上に構築されている金融アプリケーションは、市場に新たなランドスケープを提供し始めています。MakerDAOが主導し、DAIの確立が始まったことでパーミッションレスな金融ネットワークが拡大しました。「Open Finance on Ethereum」は、グローバルな価値決済プラットフォームとしてEthereumの確立を始めました。

Ethereumのオープンファイナンスの動きは、価値のインターネット全体に水平的に広がりをみせます。各アプリケーションは他のアプリケーションと組み合わせることができ、各アプリケーション間で無限の順列トランザクションを生成できます。Ethereumは平坦な世界ではないということです。金融システムと経済は本質的に階層化されておりEthereumも例外ではありません。

基盤となるブロックチェーンが最下層にあるため、Ethereumのアプリケーションは従来の金融システムに対応するように階層化されています。

お金は常にすべての金融システムの基盤です。世界のゴールドの90%は中央銀行によって保管されており、これらの中央銀行以下の金融商品やサービスはすべて、不換紙幣に追いやられています。

ここまでの話に納得するのであれば、Ethereumは以下のように定義します。

Stitching it Together

  • Ethereumは価値のインターネットです。
  • デジタル資産のためのインターネット固有のグローバル決済層
  • パーミッションレスエコシステムを支える金融アプリケーションの全体像

Ethereumを定義する

ブロックチェーン(Ethereum)が提供する最大の柔軟性は、Etherが本当に何でもできることを意味します。このため、他の資産クラスを参考にEthereumを定義することは困難です。

Etherを資産として定義するには、資産クラスを理解する必要があります。

資産クラスの定義

Robert Greer氏のChris Burniskeという論文によって普及した「What is an Asset Class Anyways?」を提案します。

キャピタルアセット

  • 生産的な資産
  • 継続的に価値を生み出す
  • 価値/金銭/キャッシュフローを生み出す

例えば、株式、債券、賃貸可能な不動産、タクシー会社などがあります。何らかの方法で所有者のキャッシュフローを可能にする資産です。

Transformable/Consumable Assets

  • 1回の使用で消費/書き込みが可能です。
  • 別のアセットに変換できます。
  • 消費は経済的な利益を生み出す。

たとえば、金、石油、コモディディ(小麦、コーヒー)、エネルギーなどがあります。これらのタイプの資産は、経済的に有益な何らかの結果を生み出すために産業で一般的に使用されます。電子機器の金メッキ、車のガソリン、コーヒーマシンのコーヒー豆を考えてみてください。

Store of Value アセット

  • 消費不可能
  • 価値の保存性
  • 希少価値

たとえば、金、通貨、不動産、芸術、Bitcoinなどが該当します。

これは最も単純な資産クラスですが、おそらく最も重要であるといえます。このような種類の資産は少なく、作成/複製/コピーが困難である必要があります。それらは世界中で普遍的に望まれていることです。これらは、資産の知覚価値に対するグローバルな信頼から利益を得る資産であるといえます。

「金銭的プレミアム」について議論する際に、私たちはSoVについて議論しています。

一部の資産が複数のカテゴリに分類されています。不動産は価値のあるもので、賃貸してキャッシュフローを生み出すこともできます。

同様に、金は電気信号を伝達する能力と減衰に対する耐性のため、工業製品において重要なコンポーネントです。また、これまでで最も優れた価値のある資産でもあります。

続きはPART2にて公開

Reference
https://thedefiant.substack.com/p/ether-is-the-best-model-for-money

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Sponsored Post Learn from the experts: Create a successful blog with our brand new courseThe WordPress.com Blog

WordPress.com is excited to announce our newest offering: a course just for beginning bloggers where you’ll learn everything you need to know about blogging from the most trusted experts in the industry. We have helped millions of blogs get up and running, we know what works, and we want you to to know everything we know. This course provides all the fundamental skills and inspiration you need to get your blog started, an interactive community forum, and content updated annually.

ライトニングネットワークの現状

ライトニングネットワークの現状
ライトニングネットワークのノードは、20191月から4月にかけて急速に成長しています。特に、Casaノードと呼ばれるハードウェアによってノードとしての活動を容易にしました。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

ライトニングネットワークの現状

ライトニングネットワークがメインネット上で稼働してから20ヶ月未満で、32,200チャネルが存在しており、4,800ノードがアクティブなチャネルを保有しており、総容量は860万ドル(約9.2億円)であることが確認できます。

ライトニングネットワークのノードは、20191月から4月にかけて急速に成長しています。特に、Casaノードと呼ばれるハードウェアによってノードとしての活動を容易にしました。ノード数の成長は、4月以降鈍化しているものの成長は続いています。一方、チャンネル数は2019317日の40,300をピークに20%減少しています。

また、ノードあたりの平均チャネル数も同様に減少しています。20193月末時点では、各ノードには平均10以上のチャンネルが存在していました。32%減少した後、現時点での各ノードには約6.8チャネルが確認できます。

ライトニングネットワークの現在のキャパシティは845BTC(約9.4億円)です。最大の増加が記録されたのは201811月初めで、わずか2週間で容量が300%増加しました。それほど急激ではないにしても、同様の成長が20193月下旬に記録され、その時は容量が2週間で45%増加しました。ATH容量(BTCの観点から)は、5月初めに1,100BTCを超えておりましたが、その後25%減少しています。米ドル換算では、Bitcoinが上昇し始めたほぼ2ヶ月後にネットワークは1,230万ドル(約13億円)のATHに達しました。米ドル建ての生産能力はその後29%減少しました。

最大の単一エンティティであるLNBIGは、現在25のパブリックノードを持ち、合計513.7BTC(約5.7億円)の容量です。つまり、一方のパーティの25ノード(全ノードの0.5%)が、現在のネットワーク容量の約61%を制御しています。LNBIGノードを運営している人物や団体は20196月、ルーティング料金から「5,000–10,000 sats(約55110円)/日」や「月額最高20ドル(約2,161円)」を獲得しており、チャンネルの開設や閉鎖に1000ドル(約10万円)以上を使用したとのことです。

ライトニングネットワークに対する批判の1つとして、それがいくつかの大きなノードへの集中化につながり、決済ハブとして構築されてしまうというものです。しかし、ノードの分散性は高まっています。20186月には、最大の10ノードがネットワーク容量の53%を占めていました。20191月には38%でしたが、現在は約32%でした。しかし、大規模ノードへの依存は依然として明らかであり、容量は依然として非常に低いため、1つの当事者の参入によってかなり容易に影響を受ける可能性があります。

チャネル当たりの平均容量は、20193月下旬以降0.027BTC(約3万円)で停滞しています。ただし、米ドルベースでは、チャネルあたりの容量は緩やかに増加しています。ライトニングネットワークを評価する際には、ソフトウェアがまだベータ版であることに注意してください。最近のオープンチャネル数と容量の減少は、現在の低料金環境とBitcoin保有者がBitcoinを使いたがらないことが原因である可能性が高いといえます。

もしオンチェーン料金が上昇すれば、LNはもっと早く成長する可能性があり、2年近くストレステストの結果としては、成功しているといえます。しかし、まだ多くのことが明らかになっていません。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

プライベートブロックチェーンについて再考する

プライベートブロックチェーンについて再考する
ブロックチェーンには、パブリック、プライベート、およびコンソーシアムの3つのタイプについて理解することが重要です。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

プライベートブロックチェーンについて再考する

ブロックチェーンテクノロジーを活用しようとする企業は、プライベートチェーンとパブリックチェーンの側面から検討をはじめることが多いと感じます。

パブリックブロックチェーンには、プライベートブロックチェーンのようなプライバシーや機密性の機能がないと考える人も見受けられます。しかし、プライベートブロックチェーンがプライバシーや機密性を保証しているわけではないのです。よくある大きな勘違いは、プライベートブロックチェーンはプライバシーを維持するが、パブリックブロックチェーンはプライバシーを維持できないというものです。さらに重要なことに、企業はプライベートブロックチェーンをパーミッションブロックチェーンと混同します。パーミッションにはアクセス権と制御権を持つユーザーが含まれます。

ブロックチェーンには、パブリック、プライベート、およびコンソーシアムの3つのタイプについて理解することが重要です。

パブリックブロックチェーン

仮想通貨の交換時に中間業者を安全に排除する設計で、経済的インセンティブ、柔軟性、相互運用性が組み込まれており、中間業者の必要性を完全に排除している点でメリットがあります。一方で、スループットに関しては課題が残ります。

プライベートブロックチェーン

中間業者が存在しており、効率性の向上、迅速なトランザクション処理が可能な点でメリットがあります。一方で、パブリックブロックチェーンと比較して、セキュリティが分散されておらず、ブロックチェーンテクノロジー固有のインセンティブが欠けているというデメリットが存在しています。

コンソーシアムブロックチェーン

部分的に集権化している部分と分散化している部分に分かれます。企業のリソースを1箇所に統合することなく、効率性とトランザクションのプライバシーを確保できるというメリットがあります。一方で、従来の集権型のシステムに大きな変化がないという課題も存在しています。

実際、プライバシーはどのブロックチェーンにとっても基本的な性質ではありません。むしろ、どのブロックチェーンであっても、適用できるプライバシーレイヤがあり、パブリックブロックチェーン上でのプライベート、あるいはシールドトランザクションを可能にしています。これにより、企業はプライベートの情報を隠しながら、パブリックブロックチェーンの分散性の高さとセキュリティの高さをメリットとして得ることができます。

パブリックブロックチェーン|ファーストアプローチ

Ethereumは相互運用可能な設計により、イノベーティブで柔軟性の高い、ブロックチェーンプラットフォームを提供しています。第1に、エンタープライズ向けにグローバル展開可能な、優れたリカバリー性と高い整合性を提供します。第2に、他のオープンソースのブロックチェーンプロジェクトとの相互運用性により、既存のソリューションの将来的な適応と拡張が可能になります。

この相互運用性は、Ethereumがオープンソースであり、AWSAzureのような他のITにプラグインされ、あらゆるタイプのブロックチェーン開発のための一貫したテクノロジーインフラのために、プライベートやコンソーシアムのチェーンと効果的に相互作用できるという事実から生じています。企業はEthereumを使用することで、チェーン上にプライバシーを実現することができます。一般的に、他のプラットフォームに比べて複雑さとメンテナンスの負担が大幅に軽減されます。

エンタープライズ・ブロックチェーンを使用したプライバシーレイヤ

プライベートネットワークの参加者が増えるにつれて、アクセスと可視性に関する制御を強化することが難しくなります。例えば、コンソーシアム内のさまざまな関係者間でトランザクションのプライバシーを確保する方法は、チャネルの概念に基づいています。チャネルは、本質的には、2者間の単一の保護された経路です。つまり、各ペアにチャネルが必要であり、システムの発展に伴ってこのインフラストラクチャをすべて維持する必要があるため、管理がより複雑になります。ここで疑問が生じます。このようなプライベートブロックチェーンは、将来性があるのでしょうか。拡張可能性はあるのでしょうか。また、当初のコンソーシアムの規定を満たすことができるのでしょうか。

プライバシーは二進法で考えるべきではなく、むしろレイヤ(層)として考えるべきです。誰が情報にアクセスし、どのように制御され、認証されるかを制御するツールがあります。一方、プライバシーレイヤには、参加者、データ、および条件の機密性が保持されます。1つのレイヤー内に複数のサブレイヤーがあります。これらのサブレイヤーでは、チェーン上、チェーン外、プライベートトランザクションを介してプライバシーを維持することができます。エンタープライズソリューションには、プライバシーに関する3つの重要なレイヤーがあります。

  • 参加者のプライバシー

参加者は、リング署名、ステルスアドレス、ミキシング、プライベートデータのオフチェーンでの保管などのオンチェーンメカニズムを使用して、ネットワークの外の人と同様にお互いに匿名であることを保証します。

  • データのプライバシー

ゼロ知識証明やzk-SNARKSPedersenコミットメント、あるいはTEEのようなオフチェーンのプライバシーレイヤのようなツールを使用して、トランザクション、残高、スマートコントラクト 、その他のデータを暗号化することができます。

  • 条件のプライバシー

2つの当事者間のコントラクト条件を、range proofs又は、Pedersenコミットメントで非公開にすることができます。

事実、プライベートブロックチェーンはデフォルトではプライバシー機能はありません。パーミッションネットワークとプライベートトランザクションには違いがあります。実際、プライベートブロックチェーンがデフォルトで提供する唯一のプライバシーは、参加者とコントラクトが非参加者によって閲覧できないことです。むしろ、プライバシーレイヤはパブリックチェーンとプライベートチェーンの両方に構築される必要があります。

Ethereumのエコシステムには、様々なプライバシーレイヤを提供するために積極的に開発されているオプションが多数あります。ConsenSysのプロトコル・エンジニアリング・チームであるPegaSysがリリースしたPantheonは、エンタープライズ・ネットワークがノードおよびアカウントレベルのアクセスを容易に管理できるようにするレイヤ型のプライバシーソリューションを備えた、Java対応のエンタープライズ・Ethereumクライアントです。プライバシーレイヤは、zk-SNARKSや、残高などのトランザクション属性を隠すゼロ知識証明、さらには参加者、データにプライバシーのレイヤを提供するリング署名やハッシュなど、公開され許可されたEthereum用にも積極的に開発されています。最後に、Ethereumと連携するオフチェーンソリューションは、プライベートデータを保存し、高スループットのトランザクションを実行する機会となります。

Reference
https://media.consensys.net/busting-the-myth-of-private-blockchains-9ae0ed058b0d

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

51%攻撃が資産価格に与える影響

51%攻撃が資産価格に与える影響
ブロックチェーンに対する最もよく知られている攻撃は、51%の攻撃です。この攻撃では、個人またはグループがハッシュレートの大部分を獲得し、不正トランザクションを作成することができます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

51%攻撃が資産価格に与える影響

分散型ネットワークの価値は、複数の当事者が共通の「真実」に対して合意できることにあります。ブロックチェーンでは、この真実は元帳に記録されたトランザクションの履歴から得られます。攻撃者がこの真実を変えることができれば、ネットワークの価値とそれに関連する暗号資産の価値は損なわれることになります。

ブロックチェーンに対する最もよく知られている攻撃は、51%の攻撃です。この攻撃では、個人またはグループがハッシュレートの大部分を獲得し、不正トランザクションを作成することができます。Bitcoin Wikiが説明しているように、攻撃者は不正トランザクションをプライベートにマイニングすることで二重支払い攻撃が可能になります。

どのようなネットワークでも51%攻撃の可能性はありますが、ハッシュレートの大部分を得るためのコストはネットワークによって異なります。Crypto51.appによると、例えばBitcoinを攻撃するには、時間当たり最大100万ドル(約1800万円)必要であることが分かります。Messari Proのデータによると、過去に少なくとも13のネットワークが攻撃を受けました。

このデータを基に、51%攻撃は暗号資産の価値に影響を与えるのか?

攻撃後の7日間のパフォーマンスを見ると、資産の大部分は負のリターンを示しており、Horizen-30.1%で最も下がりました。興味深いことに、13の資産のうち6つは実際に攻撃後1週間で価値を上げており、ElectronicVergeWaltoncoinはすべて2桁のリターンを示しています。

攻撃前後の7日間に範囲を拡大すると、これらの出来事が価格にほとんど影響を与えないことが明らかになりました。上昇傾向にあった資産は上昇を続ける傾向にあり、下落傾向にあった資産はマイナスのリターンで終わる傾向にあります。

7日間という期間は、攻撃の影響を正確に測定するには短く、このような情報が投資家に届くまでに時間がかかる可能性があります。しかし、ごく少数の暗号資産を除けば、ほとんどの暗号資産の主な用途は依然として投機であり、基本的な出来事は価格にほとんど影響を与えません(特に小規模ネットワークの場合)。

 

 

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

ステーブルコインの近況

ステーブルコインの近況
Paxos(PAX)、USD Coin(USDC)、及びDAI(DAI)は、過去三カ月で力強い成長を示しました。TrueUSD(TUSD)とTetherは、どちらも緩やかな成長を示しましたが、Gemini Dollar(GUSD)の成長率は減少しました。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

ステーブルコインの近況

PaxosPAX)、USD CoinUSDC)、及びDAIDAI)は、過去三カ月で力強い成長を示しました。TrueUSDTUSD)とTether(「Tether」 には、Omni上に発行されたUSDTと、Ethereum上に発行されたUSDTの両方が含まれます。)は、どちらも緩やかな成長を示しましたが、Gemini DollarGUSD)の成長率は減少しました。下記グラフは、201961日から201991日までの間に10ドル(約1,080円)以上を保有するアドレスの増加数を示しています。

資産を10ドル(約1,080円)以上保有するアドレスの合計数を使用して、合計ユーザー数の概算を求めることができます。10ドル(約1,080円)という上限はいささか恣意的であるといえます。あるいは、1ドル(約108円)または100ドル(約10,800円)のアドレスを調べることもできます。しかし、通常、ユーザーを概算するために$10(約1,080円)を使用します。

Tetherは、過去3か月間に他のいくつかのステーブルコイン程の成長はありませんでしたが、Ethereum上に発行されたUSDTは急速な成長を経験しました。それはOmni上に発行されたUSTDを犠牲にしてきたからであるといえます。USDTOmni上)からUSDTEthereum上)への移行は比較的急速に進んでおり、USDTEthereum上)は今後数カ月の間に、ほとんどの主要な指標でUSDTOmni上)を上回る見込みであるといえます。下記の表は、10ドル(約1,080円)以上のUSDTOmni上)及びUSDTEthereum上)を保有するアドレスの合計数を示しています。

さらに、Tetherは、全体的なユーザー数では依然として支配的な地位を保っています。PAXDAI、及びUSDCは、Tetherよりも急速に成長していますが、少なくとも10ドル(約1,080円)を保有するアドレスの総数という点では、USDTOmni上)及びUSDTEthereum上)よりも数桁少ないといえます。201991日現在、10ドル(約1,080円)を超えるアドレス数を下記の表に示します。

ステーブルコインにおける、もう1つの重要な指標は、供給の合計量です。PAXUSDCTetherの合計供給量は、201961日~201991日の間に1.0増加しましたが、DAITUSDGUSDの供給量は減少しました。

しかし、少なくとも10ドル(約1,080円)のアドレスと同じように、Tetherはまだ全供給量で他のすべてのステーブルコインを上回っています。201991日現在の総供給量は下記の通りです。

最後に、過去3か月間の価格上昇率を見てみると、価格の安定性の近似が見られます。これは、価格が理想的には安定しているべきであるため、安定した機関にとって重要な考慮事項であるといえます。下記のチャートに示されているように、DAIGUSDTetherはいずれも過去3か月間に比較的不安定な期間を経験し、PAXUSDCはより安定していました。

 

 

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

NFTの規制ガイドラインと個人的な見解

NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
金融庁のパブリックコメントに対する回答の中からNFTに関する部分をピックアップしてお伝えします。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

NFTの規制ガイドラインについて

金融庁は、201993日にNFTは仮想通貨に当たらないとの考え方を示しています。以下に重要なパブリックコメントに対する金融庁の回答を記載します。

  • ブロックチェーンに記録されたトレーディングカードやゲーム内アイテム等は、1号仮想通貨と相互に交換できる場合であっても、基本的には1号仮想通貨のような決済手段等の経済的機能を有していないと考えられますので、2号仮想通貨には該当しないと考えられます。
  • 現時点において施行されていない改正法の内容を反映したものではありません。〔中略〕 改正法の施行(平成32年(2020年)41日)までに、改めて、同法に対応した事務ガイドライン改正を行うことを予定しております。

つまり、決済手段を持たないNFTであれば、BitcoinEthereumとの交換ができたとしても仮想通貨には該当しないということです。但し、流動性の高い取引所が主体となって「仮想通貨以外」の金融商品を取り扱うことは、ユーザー保護の観点から難しいといえます。逆に、NFTの売買に特化した新たなマーケットプレイスが登場する可能性があります。例として、株式会社メタップスアルファがローンチしたmiimeです。このようなマーケットプレイスが市場にどのようなイノベーションを起こすのか以下に記載します。 

1.スマートコントラクトによる安心を最大化したマーケットプレイスはユーザーの売買における心理的障壁を下げる
決済及びNFTの移転にスマートコントラクトを使用することで、お互いの信用コストを不要にします。信用コストを不要にすることは、ユーザーの心理的障壁を無くし、P2Pマーケットにおける流動性の向上に貢献します。これはP2PTo C)マーケットプレイスにおいて大きな役割を果たします。

2.マーケットプレイスの誕生は、現実世界のトークン化を加速し、市場全体における流動性を高める
→ NFTを売買するためのマーケットプレイスが誕生することで、価値のトークン化が進み、市場の流動性が上がります。市場の流動性の向上は、経済格差を埋める働きを促し経済を好転させます。面白い例としてシェアリングエコノミー市場があります。シェアリングエコノミーによって、今まで埋もれていた「モノ」に新たな付加価値をつけました。これは、「モノ」のマーケットプレイスがあってこその付加価値になります。Airbnbは、この市場におけるイノベーションの象徴といえます。さらに、価値のトークン化によるNFTマーケットとシェアリングエコノミーには相乗効果があると考えることができます。

3.マーケットプレイスの誕生は、NFTに適正価格を作る
マーケットプレイスの誕生によって、市場に流動性が生まれると、NFTに対する需要と供給からなる価値に適正が生まれ、価値あるものはより価値が認められるようになります。NFTのトレーサビリティ可能な性質とも相性が良いといえます。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
CBDC(中央銀行が発行する仮想通貨)を利用すれば、資金の流れを追跡するだけでなく、どこで貸し出され、どこで支払いとして使われるかを管理することもできるようになります。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる

19世紀半ばには、いわゆる「フリーバンキング時代」と呼ばれる国、地方自治体、銀行、さらには大企業でさえも、国債を担保とした貨幣を発行していました。やがて、連邦政府が民間資金の存在を規制するようになると、単一通貨体制への統合が起こりました。

過去10年間、私たちはBitcoinが事実上ビザンチン将軍問題を解決することによって中央発行体の必要性をなくしたことで、民間資金の復活を望んできたといえるでしょう。それ以来、民間企業は政府発行の認可を受けて、ハイブリッド通貨を発行しています。

TetherUSDT)の発行残高は約50億ドル(約5,300億円)で、市場の約80%を占めています。これらのトークンの多くは、フィアット通貨と11で担保されており、それぞれの通貨は銀行口座のドルと非常に似ているといえます。唯一の大きな違いは、分散型の取引所や貸出プラットフォームなどのデジタル経済における利用が可能な点です。

現在の規模感で、通貨としての大きな違いを生む可能性は少ないが、P2P決済やオンライン市場で使用されることで成長する場合、Tetherのようにフィアットと1:1ペグを維持する義務はありません。発行体が90%の現金ではなく80%の現金を担保にすることにした場合、彼らはマネーサプライを拡大する中央銀行の義務を事実上果たしていることになります。もしそれが数千億ドルから数兆ドルの規模であれば、これらの調整が、フィアットが膨張している国の経済にどのように意味のある影響を与えるかを知ることになります。

現在では、連邦政府が通貨発行を独占しているため、このような事態が発生する可能性は低いが、中国人民銀行(中央銀行)と同様に、中央銀行が介入し、独自のデジタル通貨を発行する可能性は考えられます。

Single Currency – Public

上記のようなシナリオでは、民間が発行した通貨は、フリーバンク時代の後のように政府が貨幣の管理をはじめる前の概念実証の役割を果たしているにすぎないともいえます。これが金融政策の運営方法を変える可能性は低いが、極度の監視資本の時代を導く可能性はあります。

中央銀行は量的緩和を通じて、貸出金利を下げ銀行の貸し出しを増加させて経済に資金を供給します。それは最終手段のようなもので、それ以上に金融政策として経済にとって影響を与える施策はありません。しかし、CBDC(中央銀行が発行する仮想通貨)を利用すれば、資金の流れを追跡するだけでなく、どこで貸し出され、どこで支払いとして使われるかを管理することもできるようになります。

政府が仮想通貨の使用を義務付けることは想像に難しくありません。この種のシステムは、政府が金融システムを完全にコントロールすることを可能にし、新たな恐ろしい金融パニックを引き起こします。この場合、Bitcoinのような分散型通貨の必要性は痛々しいほど明白になるといえるでしょう。

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Ethereum2.0に関する用語解説

Ethereum2.0に関する用語解説
Ethereum2.0について調べていると、新しい言葉が沢山出てきて、理解が追いつかないというのが普通です。そこで今回は、Ethereum2.0に関連する用語を簡潔にまとめて箇条書きにて紹介したいと思います。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereum2.0に関する用語解説

Ethereum2.0について調べていると、新しい言葉が沢山出てきて、理解が追いつかないというのが普通です。そこで今回は、Ethereum2.0に関連する用語を簡潔にまとめて箇条書きにて紹介したいと思います。

Beacon Chain(ビーコンチェーン)

  • 全体を統括する1つのチェーン
  • プルーフオブステーク(PoS)チェーン
  • ビーコンブロックを含む
  • コンセンサスレイヤー層
  • バリデータの管理
  • インセンティブと罰則を適用
  • クロスリンクを通じてシャードのアンカーポイントとして機能します

Shards(シャード)

  • 1,024
  • 各シャードは独立しています
  • シャードブロックを含む
  • 定期的にシャードブロックのステートがクロスリンクを通じてビーコンチェーンに記録されます
  • ビーコン・チェーン上のブロックがファイナライズされると、クロスリンクを通じてシャード・ブロックはファイナライズされたとみなされます
  • 各シャードには、バリデーターを認証するブロック委員会があります

Crosslinks(クロスリンク)

  • シャードの状態の概要
  • ビーコンチェーン内のシャード参照

Slot(スロット)

  • ブロック提案者がアテステーションのためにブロックを提案する期間
  • スロットは空である可能性があります
  • スロットはアテステーションされたブロックで埋まる

Epoch(エポック)

  • コミッティでバリデータが入れ替わる多数のスロットの数(現在64

Validators(バリデータ)

  • バリデータデポジットコントラクトで32ETHをデポジットし、バリデータノードを実行したユーザー
  • 非アクティブ(まだ実際のバリデータとして実行されていない)、アクティブ(検証)、保留(バリデータになることを選択しましたが、エントリキューにスタック)、終了(検証が不要になり、終了キューにスタック)があります

Block Proposer(ブロックプロポーザ)

  • ビーコンチェーンが検証/アテステーション用のブロックを提案するために選択したランダムなバリデータ
  • ビーコンチェーンの場合はスロットごとに1つのブロックプロポーザがあり、各シャードの場合はスロットごとに1つのブロックプロポーザがあります

Attestation(アテステーション)

  • シャードブロックまたはビーコンチェーンの有効性に関する投票

Committees(コミッティ)

  • ブロックの妥当性を証明するためにビーコンチェーンによって選択されたバリデータのランダムグループ
  • コミッティ当たり最低128人の検証者を目標

ETH2 or BETH

  • ビーコンチェーンの基本通貨
  • 有効性確認のためのデポジットコントラクトにETH1をロック

Validator Deposit Contract

  • PoWチェーン上のスマートコントラクト
  • スマートコントラクトでETH1の資金がロックされ、イベントログが生成されてビーコンチェーンで読み取られ、同じ量のETH2がアカウントに割り当てられると、検証者とみなされます
  • このメカニズムは将来的に変更する可能性があります

Reference
https://medium.com/alethio/ethereum-2-0-terms-demystified-8398357429d7

 

 

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

仮想通貨ウォレットの規制状況について

仮想通貨ウォレットの規制状況について
現状としてウォレットに関する規制が整っているとはいえず、今後の金融庁の方針としてはウォレット事業に対しても、以下のような交換業に課せられる規制と同じような規制をかけていくとの認識が示されています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

仮想通貨ウォレットの規制状況について

仮想通貨ウォレットの種類は以下の4つになります。

  1. ウェブウォレット(web型)
  2. ソフトウェアウォレット(アプリ型)
  3. ハードウェアウォレット(クライアント型)
  4. ペーパーウォレット

他の仮想通貨と交換できる機能を備えている場合ウォレット業者は仮想通貨交換業のライセンスが必要になる可能性があります。仮想通貨交換業とは、以下に該当する企業を指します。

  1. 仮想通貨の「売買・交換」
  2. それに関する仮想通貨の「管理」をします。

ウォレット事業が仮想通貨交換業該当する場合、ライセンスが必要な上に以下の規制を課せられることになります。

  • 財務規制
    資本金が1,000万円以上であることや純資産額がマイナスでないことが必要になります。
  • 行為規制
    ユーザー情報の保護と安全性とそれに関する説明義務が整備されている必要があります。また、ユーザー資産の分別管理が必要になります。
  • 監督規制
    帳簿書類の作成・保存義務や報告書の提出義務が必要になります。
  • マネロン規制
    マネロンなどの犯罪を防止するために、取引時における本人確認義務や疑わしい取引の届出義務などが必要になります。

仮想通貨交換業のライセンスの他に「資金移動業の登録」の必要性に関しても懸念があります。これに関しては、ビットコインなどの仮想通貨は法定通貨資金移動業の登録を受ける必要はありません。しかし、以下のような場合には例外的に資金移動業の登録を求められる可能性があります。

  • ステーブルコイン
  • 実質、現金を移動しているのに等しいケース

このように仮想通貨交換業のライセンスや資金移動業の登録が必要なウォレット業者というのは、該当する業者以外は不要となります。しかし、現状として規制が整っているとはいえず、今後の金融庁の方針としてはウォレット事業に対しても、以下のような交換業に課せられる規制と同じような規制をかけていくとの認識が示されています。

  • 登録制
  • 内部管理体制の整備
  • 業者の仮想通貨と顧客の仮想通貨の分別管理
  • 分別管理監査、財務諸表監査
  • 仮想通貨流出時の対応方針の公表、弁済原資の保持
  • 利用者保護又は業の適切な遂行に支障を及ぼすおそれがあると認められる仮想通貨を取り扱わないこと
  • 顧客の本人確認(マネロン)、疑わしい取引の当局への届出など

Reference
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20181112-2.pdf

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Ethereumが企業にもたらす11個の利点

Ethereumが企業にもたらす11個の利点
Ethereumは、個人と企業で感じるメリットが異なります。Ethereumがエンタープライズにもたらす11の利点について説明付きで掲載しています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereumが企業にもたらす11個の利点

Ethereumは、悪意ある攻撃に対して非常に堅牢であると同時に、さまざまなアプリケーションをサポートしています。また、パブリックネットワークとプライベートネットワークの両方で様々な議論が巻き起こっています。現時点でのパブリックネットワークの状況を以下に記載します。

  • 14,000以上のライブノード
  • 4,000万以上のアドレス
  • Infuraが提供する10BAPIリクエスト
  • 1日あたり15億ドル以上の取引量
  • 1,900以上の分散型アプリケーション
  • 上位100ブロックチェーンプロジェクトの94%は、Ethereumネットワーク上で構築
  • 25万人以上の開発者
  • 1日あたり50万件以上のトランザクション

企業(Enterprise)には、ピアツーピアネットワーク上の個々のユーザーとはまったく異なるニーズがあります。企業は、IDの発行、取引の実行、貨物コンテナの追跡、医薬品のラベル付けなど、機密データを大量に管理し、品質を追跡し、業界の安全および規制基準に対する責任を負う必要があります。大規模なセキュリティ、確実性、および説明責任は、企業にとって最も重要であるといえます。

以下に、Enterprise Ethereum11個の利点を列挙します。

  1. データの連携
    Ethereumの分散型アーキテクチャでは、情報の割り当てと信頼性が向上するため、ネットワーク参加者は、システムの管理とトランザクションの仲介を中央のエンティティに依存する必要がありません。
  2. 迅速な対応
    企業はブロックチェーンの実装を1からコーディングする必要無しに、プライベートブロックチェーンネットワークに展開して管理することができます。
  3. パーミッションネットワーク
    企業がコンソーシアムネットワークを形成することを可能にします。そこでは特権ノードがゲートキーパーまたは規制者として機能します。
  4. ネットワークサイズ
    このメインネットは、Ethereumネットワークが数百のノードと数百万人のユーザーで動作することを証明しています。大半のエンタープライズ向けブロックチェーンの競合相手は、10ノード未満のネットワークしか運用しておらず、巨大で実行可能なネットワークを持ち合わせていません。ネットワークサイズは、少数のノードでは対応できないエンタープライズ・コンソーシアムにとって重要です。
  5. プライベート・トランザクション
    企業は、プライベート・トランザクション層を持つプライベート・コンソーシアムを形成することで、Ethereumにおけるプライバシーの保護を実現することができます。
  6. スケーラビリティとパフォーマンス
    権限証明の合意とカスタム・ブロック時間およびガス制限により、Ethereum上に構築されたコンソーシアム・ネットワークは、パブリック・メインネットを上回るパフォーマンスを発揮し、ネットワーク構成に応じて1秒あたり数百トランザクションまで拡張することができます。シャーディングやオフチェーンのようなプロトコルレベルのソリューション、Plasmaやステートチャンネルのようなレイヤ2スケーリングソリューションは、Ethereumが近い将来スループットを増加させる機会を提供します。
  7. ファイナリティ
    ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、トランザクションの記録が改ざんのない正規のものであるという信頼を確保します。Ethereumは、さまざまなエンタープライズ・ネットワーク・インスタンスに対してRAFTIBFTなどのカスタマイズ可能なコンセンサス・メカニズムを提供し、トランザクションの最終性を即座に確保し、Proof Workアルゴリズムが要求する必要なインフラストラクチャを削減します。
  8. インセンティブレイヤー
    Ethereumのクリプトエコノミクスに基づいた設計によってネットワークは、悪意ある参加者に罰則を与え、検証や可用性などの活動に関する報酬を生み出すメカニズムを開発することができます。
  9. トークン
    企業は、デジタル形式で登録されたあらゆる資産をEthereum上でトークン化することができます。資産をトークン化することで、以前は一体型だった資産を細分化して、製品ラインを拡張し、新しいインセンティブ・モデルを活用します。
  10. 標準化
    Ethereumの標準的なプロトコルを使用することで、エコシステムは分断されません。エンタープライズの場合、Enterprise Ethereum AllianceClient Specification 1.0により、準拠するエンタープライズ・ブロックチェーン実装のアーキテクチャ・コンポーネントが定義されています。
  11. 相互運用性とオープンソース
    Ethereum上のコンソーシアムは、1つのベンダーに依存しません。例えば、Amazon Web Servicesの顧客は、KaleidoBlockchain Business Cloudを使用してプライベートネットワークを運営することができます。

Reference
https://media.consensys.net/11-ways-ethereum-can-benefit-enterprise-aac6d798a9fb

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM

位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
FOAMというプロジェクトは、分散性、プライバシー保護を維持しながら検閲されないGPSの代わりとなるような位置情報のインフラを提供することを目的としています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM

FOAMというプロジェクトは、分散性、プライバシー保護を維持しながら検閲されないGPSの代わりとなるような位置情報のインフラを提供することを目的としています。

あらゆるサービスに位置情報が活用される中で、Googleなどの主体があるものに管理されていることに課題を定義しています。また、1つの主体に位置情報の完備を任せるには、荷が重く国連の調査情報では、世界の70%の土地の情報は集まっていないとのことです。

FOAMの競合として、OpenStreetMap OSM)というオープンソース位置情報サービスもありますが、情報の正しさをユーザー同士で評価する仕組みがありません。また、GPSでは屋内の位置情報の検証は難しく、バッテリー消費が激しいといった課題もあります。

そこでFOAMでは、CSCCrypto Spatial Coordinate)といった新しい位置情報のコード化の規格を作っています。CSCは、ジオハッシュ+Ethereumのコントラクトアドレスで構成されています。このような形で位置情報がどんどん追加されていき、スマートコントラクトを通して位置情報の参照が可能になります。

この場所の追加はTCRToken Curated Registry)というアーキテクチャを採用しています。これはトークンのインセンティブ設計を活用して情報のホワイトリスト、ブラックリストを作成するというものです。これによってトークン保有者(50FOAM)で位置情報を検証しながら追加していくことができるということです。

下記URLから実際にアプリケーションに登録された位置情報の確認ができます。

[blogcard url=”https://map.foam.space/#/at/?lng=139.7528866&lat=35.6907341&zoom=12.33″%5D

Reference
https://foam.space/

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Ethereum基礎学習|アカウントとは?

Ethereum基礎学習|アカウントとは?
Ethereumには、2種類のアカウントが存在しています。1つはEOAExternally Owned Account)、もう1つはContract(コントラクト)アカウントです。また、アカウントに紐づくstateには、Account state(アカウント状態)とWorld state(ワールド状態)が存在しています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereum基礎学習|アカウントとは?

Ethereumには、2種類のアカウントが存在しています。1つはEOAExternally Owned Account)、もう1つはContract(コントラクト)アカウントです。それぞれのアカウントは、Gethのコンソール上で新規発行することができます。

EOAはユーザーが管理することのできるアカウントで、トランザクションの作成、トークンの送金、コントラクトの実行、マイニングの実行などを行うことができます。一方Contractアカウントは、アカウント内のコードを実行するためのアカウントです。こっれは自発的に動作することはなく、EOAからContractアカウントにETHを送金することで、Contractアカウント内のコードが実行(フィールドのデータも更新)されるのです。

Account state

Ethereumのブロックチェーンには、トランザクションに基づいた「state(状態)」という概念があります。新たなトランザクションが発生する度に、EOA及びContractアカウントのstateは変化していきます。また、stateAccount state(アカウント状態)とWorld state(ワールド状態)が存在しています。

Account state4つの要素から構成されています。

  1. nonce(ナンス):EOAの場合は、アカウントによって作成されたトランザクションの数が記録されています。Contractアカウントの場合は、そのアカウントが作ったコントラクトの数が記録されています。
  2. balance(バランス):アカウントが保有している通貨量が記録されています。その単位はEthereumの最小単位である”Wei”で記録されています。1Wei0.000000000000000001 ETHです。
  3. storageRoot(ストレージルート):アカウントが保有するデータのマークルツリーのデータハッシュを持っています。現時点で分かりやすく言うと、データの大きな倉庫に保管しているとして、そのデータを保管している自分だけにしかわからないID番号みたいなものです。
  4. codeHash(コードハッシュ):EOAの場合は、空文字のハッシュが記録されており、コントラクトアカウントの場合はそのアカウントが持っているコードのハッシュが記録されています。

World state

World stateは、Ethereumネットワーク全体のstateのことを指します。上述したネットワーク上のAccount stateのアドレスに各stateを紐付けたものをMerkle Patricia tree(マークル・パトリシアツリー)として構成したものでWorld stateが成り立ちます。しかし、星の数ほどあるネットワーク上のアカウントのstateを考慮することは複雑である為、World stateMerkle Patricia tree(マークル・パトリシアツリー)のルートハッシュとして成り立っています。

ツリー上の最上部に位置するルートハッシュは、Account statestateデータを分割して「3.storageRoot」のハッシュ値が最終的にMerkle Patricia treeのルートハッシュに記録されています。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?

Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
GHOSTプロトコルとは何か?ブロック生成に同じPoWを採用しているBitcoinとの違いについて記載しています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?

20198月時点でEthereumに採用されているGHOSTGreedy Heaviest Observed Subtree)プロトコルは、マイナーによるブロック承認作業によってチェーンが分裂した際に、どちらか一方のチェーンに収束させるための仕組みです。その選択方法は、よりコンピュータによる計算能力(ハッシュパワー)が集まっている方に収束させるというものです。ブロック生成に同じPoWを採用しているBitcoinとの違いはというと、Bitcoinの場合は1番「長いチェーン」がメインチェーンとして収束していき、Ethereumの場合は1番「重いチェーン」がメインチェーンとして収束していきます。

なぜ同じPoWを採用しているのにも関わらず、メインチェーンの収束の仕方に違いがあるのかというと、ブロック生成時間が異なるからです。Bitcoinの場合は、1ブロック生成時間は約10分です。Ethereumの場合は、1ブロック生成時間は約15秒です。処理能力の観点から早いほうが良いとは言えますが、セキュリティやマイニングの集権化といった特有の課題も出てきます。

セキュリティの課題というのは、ブロックの生成スピードが早いほどにマイナーが同時にブロックを生成してしまう可能性が高くなり、チェーンの分裂が発生することで悪意のある攻撃箇所が増えることです。マイニングの集権化というのは、ネットワークに参加しているマイナーは、ブロックを生成するためにハッシュパワーを使用して競争をします。例えば、マイナーAがブロック生成に必要なハッシュ値を計算によって見つけた場合、ネットワーク全体に知らせるために一定数の時間が必要になります。しかし、マイナーAは誰よりも早く次のブロック生成に必要な計算を始めることができ、集権化してしまうというものです。

Ethereumのブロック生成時間の速さを活かしながら、セキュリティやマイニングの集権化の課題を解決しているのが、GHOSTプロトコルということです。では、どのように課題を解決しているのでしょうか?

セキュリティの課題はに関しては、メインチェーンから分裂した際のブロック(unclenephew)に費やされた計算資源もメインチェーンの重みとして考慮されます。つまり、これは分裂したuncleブロックやnephewブロック(uncleブロックの子ブロック)でさえもEthereumのセキュリティに貢献していることを意味しています。

マイニングの集権化に関する課題は、uncleブロックやnephewブロックに対してもブロック報酬を設定している点で、解決というよりも緩和しています。uncleブロックのマイニング報酬はメインブロックの87.5%、nephewブロックだと3.125%のマイニング報酬を得ることができます。これによってマイナーが、uncleブロックやnephewブロックをマイニングするインセンティブを作り出しており、それがセキュリティにも関連してくるというものです。しかし、親ブロックのマイニンングに対する初期発見者の優位性は変わらないという点で、解決ではなく迂回であるという意味です。

Reference
https://github.com/ethereum/wiki/wiki/White-Paper#modified-ghost-implementation

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

ステーブルコインの取引量が高騰|2019年

ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
2018年から2019年にかけてステーブルコインはかなりの注目を集めてきました。その需要はステーブルコイン全体でVenmoのトランザクション数を超えています。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

ステーブルコインの取引量が高騰|2019年

2018年から2019年にかけて、ステーブルコインはかなりの注目を集めてきました。2018年半ばには、複数のステーブルコインプロジェクトが開始しており、最近では、大企業が独自のステーブルコインをローンチしようとしています。これは、ステーブルコインに対する関心が高まっていることを示唆しています。今年に入ってJP Morganは、独自のステーブルコインであるJPM Coinをプライベートブロックチェーン上でローンチしました。また、20196月にはFacebookは大いに期待されているLibra(リブラ)に関するホワイトペーパーを発表しました。これを受けて、米国大統領がLibraと仮想通貨に対してネガティブなツイートしました。このように、仮想通貨は日常にどんどん浸透してきています。

2019年には、仮想通貨の転送量が大幅に増加しました。各ステーブルコインのトランザクション数は依然としてVenmo(ベンモー)(*1)のトランザクション数を下回っていますが、ステーブルコイン全体のトランザクション数はVenmoのトランザクション数を超えています。

*1 VenmoPayPalが所有するモバイル決済サービスです。 Venmoアカウント保有者は携帯電話アプリを使って他の人に資金を振り込むことができます。送信者と受信者の両方が米国に住んでいる必要があります。Venmoは支払い手段の一種です。 2018年第1四半期に120億ドルの取引を処理しました。

下図では、上位5つのステーブルコインとVenmo全体のトランザクション数を示しています。

時価総額や様々な指標から最も安定しているのはTetherです。当初、BitcoinブロックチェーンのOmniレイヤー上でのみ発行されていましたが、Tetherは他のブロックチェーン、例えばTronEthereumブロックチェーン上でも発行を開始しました。最近では、Ethereumブロックチェーン上で発行されたTetherERC-20規格)の取引量が急増し、時価総額が増加しています。

上図に示されているように、20193月以降、Tetherのオンチェーン取引数はかなり増加しており、他の大手ステープルコインも同様の増加を示しているものの、Tetherの伸び率は遥かに高いといえます。最近の取引高の増加は、Bitcoinの価格と取引量が回復しはじめたのと同時に起こっています。

Reference
https://tradeblock.com/blog/stablecoin-on-chain-transaction-volumes-soar-outpace-venmo

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

Ethereum2.0|バリデータの説明

Ethereum2.0|バリデータの説明
Ethereum2.0に実装されるバリデータのシステムについてレッスン1からレッスン3までに分けて説明します。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereum2.0|バリデータの説明

Ethereum2.0に実装されるバリデータのシステムについて説明します。

Lesson 1: Serenity, not Shasper

去年のDevcon4で、VitalikはShasper(シャスパー)(Sharding(シャーディング )とCasper(キャスパー)を融合し、コミュニティが付けた名前)という造語が嫌いであることを表明しました。そして、Ethereumの新たなステージの名前、つまりEthereum 2.0を「Serenity(セレニティ)」と呼ぶようにコミュニティに要請しました。

Lesson 2: Multiple Phases

Serenityは4つのフェーズに分かれています。

  • Phase1:Beacon Chain(ビーコンチェーン)フェーズと呼ばれる最初のフェーズでは、バリデータが稼働しているBeacon Chainの取得に焦点を置いています。
  • Phase2:Shard(シャード)をデータとして追加することに焦点を置いています。
  • Phase3:Shard内及びShard外でのデータの転送がスマートコントラクトを通して可能になります。
  • Phase4:全体的な調整と最適化

Lesson 3: Validators

バリデータとは、ブロックチェーンの新しいブロックを生成できるエンティティです。または別のバリデータのブロックを検証する存在です。バリデータとは1つの「ノード」であり、1つのコンピューター(1Cと呼ぶことにします)を表します。ブロックを生成するバリデータは「Proposer(プロポーザー)」と呼ばれ、ブロックを検証するバリデータは「Attester(アテスター)」と呼ばれます。バリデータは、Beacon Chainと呼ばれるバリデータプールの中から選出されます。選出方法は、乱数(RANDAO+VDFとして知られるランダマイザー)によって選出され、選択されたバリデータがCommittee(コミッティ)を作ります。

一部のバリデータがCommitteeに選出されると、そのバリデータは次のブロック生成の準備と責任が与えられます。これは、Slot(1つのSlotは、1ブロックの生成と他のバリデータからの検証を意味します)と呼ばれるタイムフレームで発生しています。また、ランダムに選択されたすべてのバリデータがアテステーション(検証)を実行できるようになったSlotのセットを、Cycle(サイクル)と呼びます。

Becoming a Validator

バリデータになるためには、32ETHをEthereumのスマートコントラクト にロック(ステイク)する必要があります。ロックすることでネットワークに参加することができます。バリデータは、特定のShardまたは複数のShardを担当し、一方のバリデータは、1つ、又は2つのShardの検証をすることができます(Lesson3で説明したProposerとAttesterの役割です)。つまり、1Cのリソースを使用して、最大2つのshardを検証することができます。ETHをさらにステークしたい場合は、さらに1Cのリソースを準備する必要があります。これはネットワークの分散化を促進することができます。

Lesson2で説明したように、Phase1及びPhase2ではシステム内でのデータ転送がまったく行われないため、トランザクションの処理はPoWに依存したままになります。当分の間、PoWとPoSを共存させておくことがネットワークの目標になります。この移行は段階的なもので、マイナーの収益が急激に奪われたり、固定のハードウェアに縛られたりすることもありません。では、実際にバリデータになれる期間はどのくらいなのでしょうか?また、Slasher(スラッシャー)とは何か?そして、トランザクションが存在しない場合、バリデータは何を検証するのでしょうか?以下にその説明を簡単にしたいと思います。

  1. バリデータは、誤った行動をしなければ、いつまでもシステムに残ることができます。
  2. バリデータは、オフラインになると時間の経過とともにステークしているETHの一部を失います。この損失は時間の経過とともに劇的に増加し、オフラインの期間が短いほうがオフラインの期間が長いよりも損失が少なくなります。また、悪意ある行動に対してはさらに厳しい損失を与えます。このアルゴリズムをSlasherと言います。
  3. 新しいブロックチェーンに含まれる、最初のブロックは基本的には空で、参照するデータやShardがないため、Beacon Chainのブロックに有用なものは含まれません。

よくある質問は、「Slasherによって回収されたETHをburn(焼却)するのはなぜか?善意なバリデータに配布した方が良いのでは?」というものです、ETHをburnすることは、Ethereumネットワークに存在するユーザー全てにメリット(希少性の価値と分散性の促進)を提供できるのに対して、善意なバリデータにETHを配布することは、互いのバリデータを妨害するインセンティブが生まれてしまうからです。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する