厳選!知っておきたい市場ニュース!!

ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

NYDFSに認可を受けた米ドルに連動したステーブルコイン

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)は、Gemini Trust Company LLCとPaxos Trust Company LLC(*1)の2社に対して、米ドルと連動したステーブルコインの発行に認可を出しました。
各信託会社がリスクに対処し、マネーロンダリング防止、不正防止、消費者保護に関する強固な基準と規制を適用していくとことをNYDFSは伝えています。

*1Paxos Trust Company LLC:ブロックチェーンを基盤とした決済を簡素化した商品を提供している。独自トークンは”PAX”で1ドルと紐づけている。

Gemini Trust CompanyのCEOタイラー・ウィンクルボスは、「今日まで、ブロックチェーンには米ドルの信頼できる規制がありませんでした。米ドルの信用力と価格安定性をブロックチェーン技術と組み合わせたステーブルコインとして、市場に持ち込むことに興奮しています。」と伝えています。

また、Paxos Trust CompanyのCEOチャールズ氏は、「これは非常にエキサイティングであり、NYDFSと監督に感謝します。当社では、安定性、迅速性、償還可能性、監査性、そして最も重要なこととして、承認され、規制されているトークンを提供することにより、真に摩擦のない世界経済を実現したいと考えています。これは信頼できるデジタル資産です」と伝えています。

 

守るべきNYDFSの規制について

  • 許可されたステーブルコインが、モニタリングと記録管理を確実に実行し米ドルで完全に交換可能であることを証明する。
  • 発行されるステーブルコインがマネーロンダリングまたはテロ資金調達に関連して使用されないように、効果的なリスクベースのコントロールと適切なBSA / AMLおよび外国資産管理局(OFAC)(*2)による監視をする。

*2 OFAC:外交政策・安全保障上の目的から、米国が指定した国・地域や特定の個人・団体などについて、取引禁止や資産凍結などの措置を講じて

  • NYDFSに要求される、不法行為、市場操作、またはその他の同様の違法行為への潜在的または実際の不正使用の防止および対応に効果的なリスクベースのコントロールを実装する。
  • NYDFSの取引監視およびサイバーセキュリティの規制に準拠する。
  • GeminiおよびPaxosのそれぞれのウェブサイト上の目立つ場所にNYDFSが要求する方法で利用規約を掲載するとともに、消費者に対して以下の3点を警告する。
    1.ステーブルコインが違法行為に使用されている場合、そのコインを没収することがあります。
    2.法的命令やその他の法的手続きが必要な場合には、法定執行機関により拘束する可能性があります。
    3.法廷執行機関による没収または押収を受けたステーブルコインを交換する際には、制限を受ける可能性があり、永久に凍結され適切な状況下で破棄されます。
  • 消費者保護のための方針と手順を維持し、迅速に顧客の問題を解決する。

以上の規制に遵守できない場合は、NYDFSによってステーブルコインの認可は取り消しとなります。

 

市場に対する影響

ステーブルコインといえば、テザー社による米ドルに連動した「USDT」が有名です。
しかし、ご存知の通り透明性に欠けており市場で不安視する声も多くありました。

その中で、NYDFSの認可を受けたステーブルコインの発行は、市場に大きな安心感を与えることに疑いの余地はありません。当局は、仮想通貨市場の健全な取り締まりを目指しておりBitLicense(*3)の発行からも、同市場に対してポジティブな姿勢が一貫して伺えます。

*3 BitLicense:アメリカ合衆国のニューヨーク州で2014年7月に発表され2015年8月に施行されたビットコインやその他の仮想通貨事業に関する法律

また安心感のあるしステーブルコインは、大手企業の仮想通貨市場への参加を促し、決済市場への大きな変化を与えることでしょう。

 

 

友だち追加
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

仮想通貨の分散型コミュニティーに参加すべし!!


関連記事

  1. SECはETFに関するコメントを求める – 2018.9.21

  2. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  3. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

  4. EOSは想像以上に中央集権化している – 2018.9.29

  5. CBDCに対するIMFの見解

  6. GUSD(ジェミニドル)- ホワイトペーパー

  7. 法定通貨と繋がるバイナンスの取引所

  8. ビットコインキャッシュ(BCH)25%の上昇と要因 – 2018.9.28

  9. NFT のマッチングプラットフォーム「bazaaar」

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

新着記事

  1. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート
  2. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める
  3. ERC998について学びユースケースを考える
  4. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価され…
  5. ERC1155について学びユースケースを考える
  6. StarkExchangeとは
  7. StarkDEXとは?
  8. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2
  9. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK
  10. ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

Bitcoin – Lab

Ethereum – Lab

Q&A – Lab

PAGE TOP