西粟倉村はICOで地方創生

▼岡山県西粟倉村とは…


岡山県の最北東端に位置する、面積の約95%が山林、その内の約85%を杉や檜などの人工林が占めています。
総人口はわずか1,422人で年々減少傾向にあります。
日本国内では全部で183村あり、西粟倉村の人口ランキングは132位に位置します。

そんな西粟倉村は「上質な田舎へ」をコンセプトに地方創生を目指し、その一環として仮想通貨を使用した地域づくりに目を向けました。
また、新たな財源を確保して先行投資による地域づくりを行っていくための手段として、トークンを発行して仮想通貨を集める ICOを行うために、一般社団法人西粟倉村トークンエコノミー協会を設立する準備を進めているそうです。

 

▼Nishi Awakura Coin (NAC) の概要


NACコイン保有者には投票権が付与され、西粟倉村で事業を立ち上げようとするベンチャーに投票することができます。
つまり、行政に参加することができ、「まちづくり」に自身の意見を反映させることができるようになります。
また、NACコインを使用することで実際に立ち上げられたベンチャー企業のサービスを受けることが可能なようです。

画像3.png

 

▼仮想通貨が地方に与える影響


地方自治体が発行する仮想通貨は地方創生の鍵を握っていると筆者は感じます。

地方を活性化させるために特産物や文化の発信だけでは、従来のやり方となんら変わらず、良い結果にならないことは歴史が教えてくれます。
また歴史に学ぶのであれば、アマゾンが衰退していたシアトルに本社を移転したことで、どのような影響を及ぼしたのか知る必要があります。

活性化のヒントは「ベンチャー創出」であることに異論はなく、手厚い支援をしていくための資金調達としてICOは最適だと感じます。
そのICOに特産物や文化など、独自の強みを織り込んでいくことが資金調達成功の鍵であり、新たなベンチャー創出のきっかけになると感じます。

また、そこに地方の銀行が参入し国家通貨 (CBDC) のミクロ版として地方実験を目指すのも、面白いと感じます。

 

 

西粟倉村

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方

https://lounge.dmm.com/detail/761/





関連記事

  1. 禁止されていた中国の仮想通貨取引所BTCCが取引再開

  2. 第6回 国家通貨の発行へ「ドバイ編」

  3. 第8回 国家通貨の発行へ「サウジアラビア編」

  4. 第3回 国家通貨の発行へ「オランダ編」

  5. アイルランドで仮想通貨は禁止なのか合法なのか

  6. ペトロは世界の教科書になる

  7. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  8. 中国の仮想通貨規制から約1年!!取引量は1%以下に

  9. インドネシアで仮想通貨が「商品」として認められる

今井 涼二

今井 涼二

2015年より暗号通貨を追及中。2018年からは大麻産業の動向も同時に追いかけています。CoinPicksでは「仮想通貨の価値」をテーマに一歩踏み込んだ情報を配信していきたいと思います。

プロフィールを表示 →

仮想通貨の質問箱 – LINE ver

新着記事

人気記事

PAGE TOP