厳選!知っておきたい市場ニュース!!

NFT のマッチングプラットフォーム「bazaaar」

NFTの売買が可能なプラットフォーム「bazaaar」が1月下旬ローンチ。BlockBase株式会社が精査しNFTと位置付けたトークンの売買がはじまります。


NFT のマッチングプラットフォーム「bazaaar」

NFT(*1)といえば、一番有名なものはCryptokittiesでしょうか。

*1 NFT:Non-Fungible Tokenの略。代替不可能なトークンを意味しており、イーサリアムのERC721という規格によって発行された唯一無二のトークンアセット。

今までCryptokittiesのNFTの売買をするためには、Cryptokittiesプラットフォーム内に限られていました。その間口を広げる形で登場したのが真木氏率いるBlockBase株式会社の「bazaaar」であります。(ローンチは1月下旬)

bazaaarを使用することで、ユーザーが所有するNFTをプラットフォーム内のスマートコントラクトを介して売買することができ、各種NFTに対する健在的需給を一つのプラットフォーム内で確認することができる点がメリットだと感じます。

課題としてはNFT自体の認知と流動性を、今後どこまで高めていけるのかという点です。

2018年が終わる頃にはNFT(ERC721)を採用しているトークンは1201種類存在しており、他の規格と比較するとその数は多いが、定番となったERC20と比較するとその認知はまだまだといえます。しかし、My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)がDapps初となるテレビCMを開始するなど、マジョリティー層に対してNFTの認知拡大に大きく貢献しています。

ちなみにMy Crypto Heroesの地上波によって、どれだけの認知向上があったのかグーグルトレンドで調べてみました。

放送日時は下記です。

2018年12月31日(月):関東ローカル
2019年1月1日(火):全国ネット
2019年1月4日(金):関東ローカル

トレンドを見ると確かにこのくらいの時期に検索率が急上昇しています。

今後のNFT界隈の伸び代に期待が高まるばかりです。

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

関連記事

  1. いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所がついに

  2. イーサリアムを様々な数字から振り返る

  3. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

  4. SECはETFに関するコメントを求める – 2018.9.21

  5. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  6. 米国の仮想通貨に対する規制法案と現状

  7. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  8. 40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

  9. ライトニングネットワークの仕組みを体験する

PAGE TOP