ベトナムでマイニングが人気の本当の理由

▼マイニング機器輸入禁止の理由は…


ベトナムの財務省は、仮想通貨マイニング機器の輸入を全面禁止すると提案しました。
現在ベトナムではマイニングが大流行しており、特別な審査もなく容易に輸入できるような状況です。

同国では、非現金決済法というものが存在しており、基本的に現金以外の法定通貨以外の決済は非合法としており、当然ビットコインを含む仮想通貨決済は非合法扱いになります。

財務省は、マイニングにより新たに発行された仮想通貨は管理することは難しいと述べており、発行された仮想通貨が決済としての使用されることを危惧して、根本であるマイニング機器の輸入を禁止を提案しました。

 

▼マイニング人気の本当の理由は…


上述したように、ベトナムではマイニングが大流行しています。
土地も広く、1kwあたりの電気料金も平均1662ドン (約8円) と比較的安価で、1BTCあたりのマイニング費用は4717ドル (約51万程) となっています。

このようにマイニング環境は「良好」と言えますが、人気の最大の理由は別にあるとも言われています。

それは「外貨への需要」です。

ベトナムの「ドン」は、国外には流通しておらず、持ち出しも制限され、国外では交換もで来ないようです。
つまり、国外では受け取ってもらうこともできず、流動性にかけます。
また、銀行口座の保有率も少なく、多額の預金をしている人も少ないようで、国への信頼よりも容易に外貨と交換ができ、国に検閲されない仮想通貨を手に入れるためにマイニングへの人気が高まっていると考えられます。

 

Bitcoin.com

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方

https://lounge.dmm.com/detail/761/





関連記事

  1. 第5回 国家通貨の発行へ「トルコ編」

  2. 第8回 国家通貨の発行へ「サウジアラビア編」

  3. 破綻寸前のマレーシアと11個所の取引所

  4. 西粟倉村はICOで地方創生

  5. 銀行史上世界初ビットコインを利用した国際送金

  6. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  7. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  8. インドネシアで仮想通貨が「商品」として認められる

  9. 禁止されていた中国の仮想通貨取引所BTCCが取引再開

今井 涼二

今井 涼二

2015年より暗号通貨を追及中。2018年からは大麻産業の動向も同時に追いかけています。CoinPicksでは「仮想通貨の価値」をテーマに一歩踏み込んだ情報を配信していきたいと思います。

プロフィールを表示 →

仮想通貨の質問箱 – LINE ver

新着記事

人気記事

PAGE TOP