MakerDAOの仕組みを簡単に要約&解説

下落相場が続く中で非常に良いパフォーマンスを出してる仮想通貨担保型のステーブルコイン「DAI」について総まとめ記事が出ていたので、筆者が復習も兼ねてインプットした要約を掲載していきます。

そして最後にはDAIMKRの有用性についても考察したいと思います。

全文をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

 

MakerDAOの要約

Daiは、仮想通貨担保型のステーブルコイン。価値をETHに担保することで価格安定化を測る。価格は1DAI = 1USDMKRトークンはDAIを支えるユーティリティ&ガバナンストークン。

20181124日執筆時点での価格は、DAI = 113円、MKR = 42,957円となっています。

スマートコントラクトによって担保資産をロックする「CDP

DAIを発行するために、担保資産(ETH)をCDP Collat eralized Debt Position)と呼ばれるスマートコントラクトの作成が必要になります。DAIを理解するためには、専門用語が多く出てきますがなるべく伝わりやすい言葉を選択していきたいと思います。

上記で担保資産をETHと記述しましたが、正確には担保専用のトークンとしてETHPETHとしてラッピング(変換)する必要があります。担保資産としてのトークンはPETHのみでのスタートでしたが、20184月頃にOmiseGoとの提携でOMGの担保によるDAIが発行を進めていくことを発表しています。担保資産を増やすことで、DAIの供給量を増やし価格安定性に寄与します。

Auto Liquidation(担保資産下落時の自動清算のメカニズム)

担保されているトークンの下落率はあらかじめ定められており、それを下回った場合には、担保資産は自動的に売却されます。

これはdecentralized(分散的)なステーブルコインを1USDとしての価値を維持するために、DAI発行量は担保資産として預けられたPETH2/3(約66%)となっています。仮想通貨のボラティリティの激しさを考量して決められた発行量ですが、PETHの価格が規定値を下回った場合に、1USDの価値を維持することができなくなることから、PETHのロスカット(市場売却)がCDPによって自動的に執行されます。

ロスカットされたPETHは割引されてDAIで購入することができ、購入者はETHで受け取ります。そして、購入に使用されたDAIburn(焼却)されることで、市場のDAIの枚数が減ることで価格の維持を目的としています。

ここの仕組みは非常にややこしいが価格維持を形成している仕組みとしてかなり重要です。decentralized(分散的)な仕組みを維持するために仮想通貨担保型の選択になり、1USDとしての価値を維持するためにETHを担保としているわけですから複雑になって当然ですね。

この仕組みをSingle-Collateralと言います。しかし、この仕組みはまもなく終了しMulti-collateralに移行するとのことです。

Multi-collateralでは、1USDの価値を維持するために2種類のオークションが市場で行われます。簡単に説明するとユーティリティトークンとしてのMKRを使用して、市場のDAIを購入&burn(焼却)することで、市場からDAIの供給量を減らす目的を持つ債務オークションとMERを担保としたDAI発行をシステムを販売して、集まったMERburn(焼却)することでMKRの価値も維持する担保オークションが行われます。

システム停止機能「Global settlement

DAIの価格が維持できなくなった際に、ホルダーを守るための仕組みをガバナンストークンとしてのMKRを使用して、ガバナンスで決められた価格を基にDAIETHに変換できます。この仕組みが発動される際には、Multi-collateralも強制的に停止します。

以上簡単にMaker DAOの仕組みについてまとめました。

 

DAIの有用性

decentralized(分散的)なステーブルコインとして、現段階で確立したポジョンをとっており、今後トークンエコノミーやSTO(証券トークン)などの需要が増すにつれて、リスクを取りたくない機関投資家や資産家や、政府を信用できない市民や組織などの需要が高まります。

むしろ市場はその方向性に舵を切っており、その優位性としてdecentralizedというのは非常に大きいと感じます。

 

MKRの有用性

CDPの債務返済時には、MKRが必ず必要になるためCDPの需要とDAIの用途が増加するにつれてMKRの価格も上昇するでしょう。上述したように、DAIの需要は上昇する未来がある程度見えていることからMKR需要と価格も上昇する可能性が高いと感じます。

なおかつ、投資目的で売買できる取引所の多くはDEX(分散型取引所)が多く、一般ユーザーにはまだまだ敷居が高いと感じています。CEX(中央集権取引所)ですとGate.ioHitBTCOKExでの取引が可能です。

少し前にa16zAndreessen Horowitz)社が大量にMKRの購入をしており、同機関はCoinbaseSTO関連のSWARMにも投資しています。このことから、今後CoinbaseDAIMKRがリストされても違和感がありません。

 

Reference

<仕組み解説>Guidelines of MakerDAO&dai

 

CoinPicks Lab内では以上のテーマでもう一歩踏み込んで解説しております。
もっと知識を深めたい方はLabでお待ちしています。
CoinPicks Labとは? | CoinPicks|仮想通貨の価値を伝える


関連記事

  1. テザー社のUSDTよりも優秀な「TUSD」

  2. USDTのコンセンサスについて

  3. Paxos – ホワイトペーパー

  4. 知っておくべき4つのステーブルコイン

  5. Circle USDCについて

  6. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  7. GEMINIのCEOが発行するステーブルコイン「GUSD」

  8. GUSD(ジェミニドル)- ホワイトペーパー

今井 涼二

今井 涼二

2015年より暗号通貨を追及中。2018年からは大麻産業の動向も同時に追いかけています。CoinPicksでは「仮想通貨の価値」をテーマに一歩踏み込んだ情報を配信していきたいと思います。

プロフィールを表示 →

仮想通貨の質問箱 – LINE ver

新着記事

人気記事

PAGE TOP