いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所がついに

▼LINEの仮想通貨取引所がオープン


6月28日に開催された
「LINE CONFERENCE 2018」では
ついに仮想通貨取引所について発表がありました。
サービスのスタート時期は2018年7月です。
シンガポールに拠点をおく「LINE Tecc Plus」
というLINEの傘下である通しての展開になります。

調べてみると、
LINE Tecc Plusという会社は
「株式会社LINE」と「LVC株式会社」の傘下。

LVC株式会社は、
仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を
展開しているようです。
LINE Tecc Plusについての
会社概要もは見あたりませんでした。

そして高永受は、「コ・ヨング」と読みます。
LVC株式会社とLINEPAYの代表もつとめています。

Never:大韓民国に本社を置く同国最大のインターネットサービス会社。

 

▼日本と米国が除外される理由


この発表の中で日本人なら誰もが注目するのが、
「日本・米国を除く」という公式の発表でしょう。

ツイートにもあるように
当然といえば当然でしょう。
CoinPicksでは伝えますが、それ以上に
今後のLINEの戦略がここから垣間みえます。
7月のオープンを楽しみにしたいと思います。

 

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –

CoinPicks – オンラインサロン –



関連記事

  1. Bakktが提供するビットコイン先物 – 2018.9.26

  2. 仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

  3. Switcheo.Exchangeとは?

  4. 元リップル創業者がXRPを大量売却の可能性 – 2018.9.25

  5. SECによるガイドラインとその後

  6. ICOとベンチャーキャピタルの投資状況から見る仮想通貨市場 – 2018.10.2

  7. P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

  8. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  9. SECはETFに関するコメントを求める – 2018.9.21

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
今井 涼二

今井 涼二

2015年より暗号通貨を追及中。2018年からは大麻産業の動向も同時に追いかけています。CoinPicksでは「仮想通貨の価値」をテーマに一歩踏み込んだ情報を配信していきたいと思います。

パーソナルリンク

プロフィールを表示 →

仮想通貨の質問箱 – LINE ver

新着記事

人気記事

PAGE TOP