厳選!知っておきたい市場ニュース!!

いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所「BITBOX」がついに

LINEの仮想通貨取引所がオープン

6月28日に開催された「LINE CONFERENCE 2018」ではついに仮想通貨取引所について発表がありました。サービスのスタート時期は2018年7月です。シンガポールに拠点をおく「LINE Tecc Plus」というLINEの傘下である通しての展開になります。

調べてみると、LINE Tecc Plusという会社は「株式会社LINE」と「LVC株式会社」の傘下です。

LVC株式会社は、仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開しているようです。LINE Tecc Plusについての会社概要もは見あたりませんでした。そして高永受は、「コ・ヨング」と読みます。LVC株式会社とLINEPAYの代表もつとめています。

Never:大韓民国に本社を置く同国最大のインターネットサービス会社。

日本と米国が除外される理由

この発表の中で日本人なら誰もが注目するのが、「日本・米国を除く」という公式の発表でしょう。

ツイートにもあるように当然といえば当然でしょう。CoinPicksでは伝えますが、それ以上に今後のLINEの戦略がここから垣間みえます。7月のオープンを楽しみにしたいと思います。

LINEの国内仮想通貨取引所「BITMAX」についてはこちら


関連記事

  1. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.2

  2. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2

  3. LINEが独自通貨LINK PointとLINKを発行

  4. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.3

  5. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK

  6. 仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)にフェイスブック「Libra」が上場する意味

  7. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について

  8. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.4

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP