厳選!知っておきたい市場ニュース!!

ライトニングネットワークの現状

ライトニングネットワークの現状
ライトニングネットワークのノードは、20191月から4月にかけて急速に成長しています。特に、Casaノードと呼ばれるハードウェアによってノードとしての活動を容易にしました。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

ライトニングネットワークの現状

ライトニングネットワークがメインネット上で稼働してから20ヶ月未満で、32,200チャネルが存在しており、4,800ノードがアクティブなチャネルを保有しており、総容量は860万ドル(約9.2億円)であることが確認できます。

ライトニングネットワークのノードは、20191月から4月にかけて急速に成長しています。特に、Casaノードと呼ばれるハードウェアによってノードとしての活動を容易にしました。ノード数の成長は、4月以降鈍化しているものの成長は続いています。一方、チャンネル数は2019317日の40,300をピークに20%減少しています。

また、ノードあたりの平均チャネル数も同様に減少しています。20193月末時点では、各ノードには平均10以上のチャンネルが存在していました。32%減少した後、現時点での各ノードには約6.8チャネルが確認できます。

ライトニングネットワークの現在のキャパシティは845BTC(約9.4億円)です。最大の増加が記録されたのは201811月初めで、わずか2週間で容量が300%増加しました。それほど急激ではないにしても、同様の成長が20193月下旬に記録され、その時は容量が2週間で45%増加しました。ATH容量(BTCの観点から)は、5月初めに1,100BTCを超えておりましたが、その後25%減少しています。米ドル換算では、Bitcoinが上昇し始めたほぼ2ヶ月後にネットワークは1,230万ドル(約13億円)のATHに達しました。米ドル建ての生産能力はその後29%減少しました。

最大の単一エンティティであるLNBIGは、現在25のパブリックノードを持ち、合計513.7BTC(約5.7億円)の容量です。つまり、一方のパーティの25ノード(全ノードの0.5%)が、現在のネットワーク容量の約61%を制御しています。LNBIGノードを運営している人物や団体は20196月、ルーティング料金から「5,000–10,000 sats(約55110円)/日」や「月額最高20ドル(約2,161円)」を獲得しており、チャンネルの開設や閉鎖に1000ドル(約10万円)以上を使用したとのことです。

ライトニングネットワークに対する批判の1つとして、それがいくつかの大きなノードへの集中化につながり、決済ハブとして構築されてしまうというものです。しかし、ノードの分散性は高まっています。20186月には、最大の10ノードがネットワーク容量の53%を占めていました。20191月には38%でしたが、現在は約32%でした。しかし、大規模ノードへの依存は依然として明らかであり、容量は依然として非常に低いため、1つの当事者の参入によってかなり容易に影響を受ける可能性があります。

チャネル当たりの平均容量は、20193月下旬以降0.027BTC(約3万円)で停滞しています。ただし、米ドルベースでは、チャネルあたりの容量は緩やかに増加しています。ライトニングネットワークを評価する際には、ソフトウェアがまだベータ版であることに注意してください。最近のオープンチャネル数と容量の減少は、現在の低料金環境とBitcoin保有者がBitcoinを使いたがらないことが原因である可能性が高いといえます。

もしオンチェーン料金が上昇すれば、LNはもっと早く成長する可能性があり、2年近くストレステストの結果としては、成功しているといえます。しかし、まだ多くのことが明らかになっていません。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

  2. ビットコインにおけるトランザクションの仕組み

  3. ライトニングネットワーク内のビットコインが安全と言える仕組みを理解する

  4. ビットコインにおけるウォレット構造

  5. 秘密鍵と公開鍵とアドレス

  6. ビットコイン におけるハッシュ関数について

  7. ブロック内のデータとナンス

  8. ライトニングネットワークのチャネル内の仕組みと基礎

  9. ライトニングネットワークが世界に与えるインパクト

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. 匿名通貨と規制状況|Monero、Dash、Zcash
  2. ライトニングネットワークの現状
  3. プライベートブロックチェーンについて再考する
  4. 51%攻撃が資産価格に与える影響
  5. ステーブルコインの近況
  6. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  7. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  8. Ethereum2.0に関する用語解説
  9. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  10. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
PAGE TOP