厳選!知っておきたい市場ニュース!!

LibraとBitcoinの決定的な違い| Demirors氏

LibraとBitcoinの決定的な違い
米国の上院も下院の懸念からまとめられた4つの主な懸念を確認することで、Libraと他の仮想通貨を比較して市場にもたらすインパクトの違いを感じることができます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

LibraとBitcoinの決定的な違い

ワシントンD.C.にて2日間に渡って行われた公聴会の後、Libraは世界中で行われている長い規制聴聞会に巻き込まれることを確信しています。

Libraのアイデア(グローバルな米ドル以外の決済手段)、チーム(CalibraLibraを利用するためのデジタルウォレット)のトップで元PayPal CEODavid Marcus)、アプローチ(早い段階にLibraを発表したことによって、議員と協力して問題を解決しようとする姿勢)についてはまだ楽観的です。

上院公聴会からはじまり、民主党筆頭理事であるシェロッド・ブラウン議員は「Facebookは危険だ」という警告から調査がはじまりました。上院も下院も、新しいデジタル資産の構想に関して4つの主な懸念を抱いています。

  • プライバシーはどのように保護されるのでしょうか?ユーザーのデータはFacebookや他のLibraメンバーと共有されるのでしょうか?
  • Libra Association(*4)がネットワークをコントロールするのでしょうか?メンバーがユースケースに同意しない場合(例えば政治)、トランザクションをブロックできてしまうでしょうか?
  • LibraはどのようにしてKYC/AMLOFAC(外国資産管理局)、連邦、州、そして世界的な規に準拠するのでしょうか?
  • 新しいデジタル資産を採用する20億人のユーザーのネットワークは、既存の金融システムを破壊するのでしょうか?

*4 Libra AssociationLibraの管理権限をVodafoneMastercardVisaStripeなどの28社が運営するノードに委任するための組織。Facebook自体も属しており、権限をFacebookに集権化させない役割もある。

上記の質問を見ることで、Libraと他の仮想通貨を比較して市場にもたらすインパクトの違いを感じることができます。20億人のユーザーを持つシリコンバレーの巨人が動くことは世の中の舵を容易に切り替える力があります。

 

Libraのホワイトペーパーから既存のステーブルコインとの比較はこちらからご覧いただけます。

LibraとBitcoinの決定的な違いに関する続きは、こちらから毎週金曜日に配信します。

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. 知っておくべき4つのステーブルコイン

  2. GUSD(ジェミニドル)- ホワイトペーパー

  3. Paxos – ホワイトペーパー

  4. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年

  5. GEMINIのCEOが発行するステーブルコイン「GUSD」

  6. Facebookが発行するLibra(リブラ)と既存のステーブルコインの違いについて

  7. MakerDAOの仕組みを簡単に要約&解説

  8. USDTのコンセンサスについて

  9. テザー社のUSDTよりも優秀な「TUSD」

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  2. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  3. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  4. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  5. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  6. Ethereum2.0|バリデータの説明
  7. Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性
  8. 米Circle |仮想通貨市場の 6つのポイントを整理
  9. Ethereum 2.0について意外と知られていない8つの事実
  10. 終わりを迎えるパラダイムとBitcoinのはじまり|Ray Dalio氏
PAGE TOP