厳選!知っておきたい市場ニュース!!

LEOとBNBの比較 – THE BLOCK

LEOとBNBの比較
仮想通貨取引所Bitfinexの親会社iFinexが発行しているLEOについて、Binanceの取引所トークンであるBNBと比較をすると、LEOがBNBニインスピレーションを受けていることがわかります。


UNUS SED LEOLEO)は、物議を醸している仮想通貨取引所Bitfinexの親会社iFinexが発行しているトークンです。プライベートセールは5月に$1Billion(約1100億円)分のトークンが販売されました。

この記事では、LEOのバリュー・プロポジション、burnメカニズム、そして主要な取引所トークンであるBNBと比較します。

この記事はTHE BLOCKから送られてきたPDFを元に日本語訳しております。

Binance Coin 対 UNUS SED LEO

通常、取引所トークンは、所有者とユーザーに次のメリットを提供することで価値を得ています。

  • 手数料の割引
  • 製品・サービスへのアクセス
  • burnメカニズムを通じた発行体のキャッシュフローに対する準請求権

LEOは取引所トークンのパイオニアであるBNBからインスピレーションを得ていることは明らかです。

Binanceの取引手数料をBNBで支払う際の割引は、BNBが発行されてから5年目まで毎年調整され、最終的に割引は完全に削除されます。現在、Binanceのユーザーは25%の手数料割引を受けることができます。もし予定通りにBNBの割引率が調整されるのであれば、次は720日頃になります。それに比べて、LEOはユーザーに対して永久に割引を提供します。LEOユーザーはいつでもiFinex製品の割引を受けることができます。

BNBユーザーは、BNBを唯一の基本通貨とするBinance DEXにアクセスすることができます。さらに、Binance Launchpadの再構築に伴い、BNBの保有者はBinance LaunchpadでローンチされたLEOにアクセスするための抽選にも参加することができます。

これとは対照的に、LEO保有者はトークンが発行されて間もない為、LEOの製品やサービスを利用することはできません。しかし、Bitfinexのホワイトペーパーによると、LEO保有者は「将来のプロジェクト、製品、サービスから利益を得ることが期待される。」と記載があります。

バーン(Burn)メカニズム

Binanceは、BNBの供給量のうち四半期毎の利益の20%に相当する部分を、供給量の半分である1BNBまでburnすることを公表しています。

Binanceは、自身が保有しているBNBをburnする方式を採用しており、これは株式の買い戻しと同様の利益を教授するとは言えません。そこで、iFinexLEOを市場から直接買い戻す計画を明らかにしました。

同社は、前月の連結売上の27%の市場価値でLEOトークンを購入します。興味深いことに、iFinexのホワイトペーパーには、Binanceが同社のプラットフォーム上で手数料を徴収してBNBburnするのと同様に、「手数料を支払うために使用されるLEOトークンは、この買い戻しを満たすためにも使用され得る。」とも書かれているので、iFinexが製品やサービスの手数料を徴収してLEOをどれだけ集めるかによって、iFinexは必ずしも市場から直接LEOを購入する必要はないかもしれません。

iFinexは毎月の利益を使用してトークンをburnさせることに加えて、Crypto CapitalBitfinexのハッキングから回収できる資金を使用してトークンをburnさせる意向を表明しています。

iFinexは、Crypto Capitalから回収された純資金の少なくとも95%、およびBitfinexハックから回収された純資金の少なくとも80%に相当するLEOを買い戻すということです。

続く

この記事はTHE BLOCKから送られてきたPDFを元に日本語訳しております。

関連記事

  1. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.2

  2. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.3

  3. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2

  4. 仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)にフェイスブック「Libra」が上場する意味

  5. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について PART.4

  6. いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所「BITBOX」がついに

  7. LINEが独自通貨LINK PointとLINKを発行

  8. LINEが手掛ける仮想通貨取引所「BITMAX」 が市場に与える影響について

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP