LedgerNanoSの新アプリ「LedgerLive」を使う3つのメリット

 

LedgerLiveのメリットと注意点


いまや仮想通貨を保管しておくために
必須となったハードウォレット。
その中でも、LedgerNanoとTrezorが
その地位を固めています。
ハードウォレットによる仮想通貨の保管は、
安全性と引き換えに残高の確認等をする際に、
毎度接続する必要があるなどの
手間がどうしても必要でした。

しかし、今回LedgerNanoが発表した
「アプリケーション」は、
その悩みを解決します。

その名も「LedgerLive」です。
以下に3つのメリットを記載します。

・アプリでアセット(各種通貨)の送受信が可能
・リアルタイムレートで残高の確認が可能
・必要なウォレットのダウンロードなどアプリ内で管理可能。

従来のように、ハードウォレットを
パソコンに繋がずに(*1)、
資産の管理が可能になります。
もちろん資産の所有権をあらわす秘密鍵は、
ハードウォレット内で保護されています。

*1 初期設定ではアプリとハードウォレットの接続が必要。

注意点としては以下の通りになります。
・アプリ内は全て英語。
・MyEtherWalletの秘密鍵をLedgerで保管していると連携ができない。
・アプリケーションがローンチされたばかりでセキュリティーが不安。

使用の際は、メリットとデメリットを加味した上でご使用ください。
筆者が使用した感じでは、非常に使いやすい印象をうけました。

 

LedgerLiveの使い方


先ほど注意点で「全て英語」と
お伝えしたことで
気が引けてしまった方もいるでしょう。

しかし、使い方は非常にシンプルです。
一番つまずくと思われる起動時だけ
クリアすればあとは直感的に
操作いただけます。

起動後に下記のような画面が表示されます。

3d22cab57de28a3335adab21d0384d91

すでにLedgerNanoSを使用されている方は、
自身のパソコンに接続して、
「Use a device that’s already intialized」
という部分をクリックするだけです。

その後は、このような画面に移行します。

Ledger-Live

LedgeNanoは繋げたままで、
あなたが保有している通貨の登録を
「Portfolio」から選択しましょう。

登録時のみLedgerNanoの接続が必要ですが、
一度登録が終わればその後は、
接続なしで自身の資金にアクセスができます。

 

CoinPicks


– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

– 仮想通貨市場の真実裏側

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –



関連記事

  1. CBOEの仮想通貨ETFは延期を発表

  2. 医療サービスの根本から革命を起こすEMIトークン

  3. OTC取引からみる仮想通貨の需要

  4. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  5. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  6. 米中貿易戦争がついにはじまった!仮想通貨にはポジティブ材料?

  7. 40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

  8. LINEが独自通貨LINK PointとLINKを発行

  9. 合法化に向かう大麻と日本

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP