アイルランドで仮想通貨は禁止なのか合法なのか

▼金融機関の仮想通貨市場に対する厳しい見解


アイルランドの一部の金融機関が、仮想通貨関連企業に対して口座の凍結後、閉鎖されたと報道されています。
その中には、アイルランドの仮想通貨取引所「Bitcove」やビットコイン仲介業の「Eircoin」などのビットコインの成長と歴史を共にしてきた企業たちも名前を連ねています。

アイルランドの銀行業を代表している、Banking&Payments Federation Ireland(BPFI)は、「仮想通貨の口座凍結について関する政策については何も知らない」と述べており、同国の金融機関が仮想通貨の取引に関して、「AMLやテロ資金調達のリスクを最小限にしてくれることに期待している」と付け加えています。

上記のような銀行の口座凍結といった、仮想通貨企業に対する態度は、政府の仮想通貨に対する寛容な態度と大きくかけ離れています。

 

▼政府と金融機関


アイルランドでは税制面に関する規制も整いつつあり、仮想通貨とブロックチェーンに関して積極的な姿勢を見せていました。

また、CoinPicksでもアイルランドのアイリッシュコインについての紹介をしました。

 CoinPicks|仮想通貨の価値を伝える
CoinPicks|仮想通貨の価値を伝える
https://coinpicks.org/%E7%AC%AC7%E5%9B%9E-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%AE%E7%99%BA%E8%A1%8C%E3%81%B8%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%B7%A8%E3%80%8D/
仮想通貨がもたらす個人と世界への影響

このように国内で政府と金融機関の仮想通貨に対する見解の違いは、多々見られ、仮想通貨ユーザーは困惑しています。

さらにアイルランドはEUに属しており、欧州中央銀行(ECB)の方針によっても、仮想通貨の規制案が変化をしていくことも考えられます。

 

Bitcoin.com

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方





関連記事

  1. CBDC一覧表示 – まとめ –

  2. 第2回 国家通貨の発行へ「スウェーデン編」

  3. 第8回 国家通貨の発行へ「サウジアラビア編」

  4. 第10回 国家通貨の発行へ「ロシア編」

  5. タイは独自通貨の発行を検討

  6. 第3回 国家通貨の発行へ「オランダ編」

  7. 破綻寸前のマレーシアと11個所の取引所

  8. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  9. トルコの国家通貨が詐欺疑惑

PAGE TOP