厳選!知っておきたい市場ニュース!!

アイルランドで仮想通貨は禁止なのか合法なのか

▼金融機関の仮想通貨市場に対する厳しい見解


アイルランドの一部の金融機関が、仮想通貨関連企業に対して口座の凍結後、閉鎖されたと報道されています。
その中には、アイルランドの仮想通貨取引所「Bitcove」やビットコイン仲介業の「Eircoin」などのビットコインの成長と歴史を共にしてきた企業たちも名前を連ねています。

アイルランドの銀行業を代表している、Banking&Payments Federation Ireland(BPFI)は、「仮想通貨の口座凍結について関する政策については何も知らない」と述べており、同国の金融機関が仮想通貨の取引に関して、「AMLやテロ資金調達のリスクを最小限にしてくれることに期待している」と付け加えています。

上記のような銀行の口座凍結といった、仮想通貨企業に対する態度は、政府の仮想通貨に対する寛容な態度と大きくかけ離れています。

 

▼政府と金融機関


アイルランドでは税制面に関する規制も整いつつあり、仮想通貨とブロックチェーンに関して積極的な姿勢を見せていました。

また、CoinPicksでもアイルランドのアイリッシュコインについての紹介をしました。

https://coinpicks.org/

このように国内で政府と金融機関の仮想通貨に対する見解の違いは、多々見られ、仮想通貨ユーザーは困惑しています。

さらにアイルランドはEUに属しており、欧州中央銀行(ECB)の方針によっても、仮想通貨の規制案が変化をしていくことも考えられます。

 

Bitcoin.com

関連記事

  1. 第1回 国家通貨の発行へ「イギリス編」

  2. 第10回 国家通貨の発行へ「ロシア編」

  3. ペトロは世界の教科書になる

  4. 禁止されていた中国の仮想通貨取引所BTCCが取引再開

  5. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  6. 第9回 国家通貨の発行へ「ベネズエラ編」

  7. 第7回 国家通貨の発行へ「アイルランド編」

  8. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  9. 第5回 国家通貨の発行へ「トルコ編」

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

新着記事

  1. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート
  2. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める
  3. ERC998について学びユースケースを考える
  4. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価され…
  5. ERC1155について学びユースケースを考える
  6. StarkExchangeとは
  7. StarkDEXとは?
  8. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2
  9. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK
  10. ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

Bitcoin – Lab

Ethereum – Lab

Q&A – Lab

PAGE TOP