厳選!知っておきたい市場ニュース!!

イランが発行するCBDCと世界の反米の声

イランは米国の経済制裁を回避する手段として、ロウハニ大統領の指示のもと国家主導のデジタル通貨を発行原案が2018年8月15日にまとめられました。
同国の中央銀行に加盟しているInformatics Services Corporations(ISC)が、イランCBDCの開発と設計を進めていることを明らかにしました。

イランのCBDCは段階的に市場に導入されるようです。
第1段階:銀行間決済手段
第2段階:市場内での小額決済
そして、ISCは以下のように述べています。

イランのデジタル通貨は、プライベートブロックチェーン上で開発されるため、マイニングはできません…
発行者はイランの中央銀行であり、発行量は銀行の決定に依存します。

イランのCBDC発行は、ベネズエラに続く「米国経済制裁」に対抗する事例となります。

世界では米ドル基軸に対する反対の声や動きが高まってきており、2018年7月末に開催された南アフリカの最大都市ヨハネスブルクで開かれた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アの新興5カ国(BRICS)首脳会議と、トルコがBRICSへの参加を検討している動きからも読み取ることができます。

このように事例が増えることで、同様の措置をとる国は今後も増えていくでしょう。

 

ISC 公式

 

友だち追加
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

CoinPicks – オンラインサロン –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –


関連記事

  1. DAPPS(分散型アプリケーション)の取引量から考えるイーサリアムの今後

  2. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  3. ビットコインキャッシュ(BCH)25%の上昇と要因 – 2018.9.28

  4. SECによるガイドラインとその後

  5. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  6. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  7. Switcheo.Exchangeとは?

  8. 第2回 国家通貨の発行へ「スウェーデン編」

  9. 仮想通貨に目を向けた香港の富裕層「李嘉誠」はBakktに投資

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

新着記事

  1. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート
  2. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める
  3. ERC998について学びユースケースを考える
  4. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価され…
  5. ERC1155について学びユースケースを考える
  6. StarkExchangeとは
  7. StarkDEXとは?
  8. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2
  9. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK
  10. ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

Bitcoin – Lab

Ethereum – Lab

Q&A – Lab

PAGE TOP