厳選!知っておきたい市場ニュース!!

P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

インドの中央銀行(RBI)は、取引所を用いた仮想通貨取引からピアツーピア(P2P)取引へ市場が移行する可能性を見越して、仮想通貨の監視をしていく必要性を強調しました。

RBIはとにかく仮想通貨に対する懸念を強めており、特にユーザー保護の観点からのハッキングリスクや、AMLを含む違法性のある送金に対して、様々なメディアで言及しています。
また、仮想通貨を扱う企業や個人に対して銀行サービスを行うことを禁止しており、地下市場やP2P取引の需要を高める要因となりました。

LocalbitcoinsでP2P市場の取引件数をみてみると、ルピー(INR)建てで売買件数が258件あります。
一方日本では58件、中国では194件とインドでのP2P取引の需要が伺えます。
政府などの中央機関が仮想通貨を懸念して取り締まりを強化するほどに、中央集権と非中央主権という仮想通貨の本質が浮き彫りになってくることでしょう。

 

Bitcoin.com – RBI –

 

友だち追加
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

CoinPicks – オンラインサロン –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –


関連記事

  1. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  2. 第8回 国家通貨の発行へ「サウジアラビア編」

  3. 第2回 国家通貨の発行へ「スウェーデン編」

  4. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  5. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  6. 禁止されていた中国の仮想通貨取引所BTCCが取引再開

  7. ベトナムでマイニングが人気の本当の理由

  8. 第10回 国家通貨の発行へ「ロシア編」

  9. SECはETFに関するコメントを求める – 2018.9.21

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP