P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

インドの中央銀行(RBI)は、取引所を用いた仮想通貨取引からピアツーピア(P2P)取引へ市場が移行する可能性を見越して、仮想通貨の監視をしていく必要性を強調しました。

RBIはとにかく仮想通貨に対する懸念を強めており、特にユーザー保護の観点からのハッキングリスクや、AMLを含む違法性のある送金に対して、様々なメディアで言及しています。
また、仮想通貨を扱う企業や個人に対して銀行サービスを行うことを禁止しており、地下市場やP2P取引の需要を高める要因となりました。

LocalbitcoinsでP2P市場の取引件数をみてみると、ルピー(INR)建てで売買件数が258件あります。
一方日本では58件、中国では194件とインドでのP2P取引の需要が伺えます。
政府などの中央機関が仮想通貨を懸念して取り締まりを強化するほどに、中央集権と非中央主権という仮想通貨の本質が浮き彫りになってくることでしょう。

 

Bitcoin.com – RBI –

 

友だち追加
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –


関連記事

  1. 破綻寸前のマレーシアと11個所の取引所

  2. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  3. ペトロは世界の教科書になる

  4. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  5. LINEが独自通貨LINK PointとLINKを発行

  6. Switcheo.Exchangeとは?

  7. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  8. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  9. アイルランドで仮想通貨は禁止なのか合法なのか

PAGE TOP