40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

▼日本初シニア向け仮想通貨講座が開始


中高年のシニア世代の方を対象とした仮想通貨投資について学べる「スターターサポート短期集中講座」が開講したとのことです。
仮想通貨について、初心者でも分かりやすく正確に情報を発信するシニア向けのサービスは日本初となります。

講座では、取引所の開設方法から仮想通貨の購入方法、2段階認証や秘密鍵の重要性の説明までレッスン1とレッスン2に分けて伝えられるようです。
料金は下記の通りです。
価格 :レッスン1: 68,000円 (税込) レッスン2:68,000円 (税込)
レッスン1&レッスン2セット:98,000円 (税込)

 

▼シニア層が市場に与えるインパクト


筆者はシニア層、中高年に分類される40代以上が仮想通貨市場に与えるインパクトは非常に大きいと思っています。
2018年4月10日に行われた「仮想通貨交換業協会」のデータによると、国内の仮想通貨取引状況は、20代で28.78%、30代で34.24%、40代で22.47%、50代で9.99%と年代が上がるにつれて取引が少ないことがわかります。

それとは裏腹に、日本国内の年代別貯蓄額をみると興味深いことが分かります。
家計調査によると、40歳未満 (20代・30代) で602万円、40代で1,074万円、50代で1,699万円、と年代が上がるにつれて貯蓄が多いことがわかります。

また、人口ピラミッドを見ても分かるように、国内人口は40代から50代が1番多く、市場の流動性を高める上では、無視できない層ということも分かります。

スクリーンショット 2018-06-04 14.00.00.png

よって中高年層がこられのサービスによって理解を深めることで、新規参入者が増え市場がポジティブに動くことはまちがいないでしょう。

Bitcoin.com

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方

https://lounge.dmm.com/detail/761/





関連記事

  1. 仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

  2. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

  3. ビットコインキャッシュ(BCH)25%の上昇と要因 – 2018.9.28

  4. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  5. 医療サービスの根本から革命を起こすEMIトークン

  6. 米国の経済制裁によるイランのビットコインが高騰

  7. テザー(USDT)は価格操作を否定 – 2018.9.24

  8. LedgerNanoSの新アプリ「LedgerLive」を使う3つのメリット

  9. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

PAGE TOP