厳選!知っておきたい市場ニュース!!

法定通貨と繋がるバイナンスの取引所

Binanceはシンガポールにて、法定通貨による暗号通貨への取引が可能な国内取引所を創設しました。Binanceによるシンガポールでの新たな取引所は、東南アジアでの継続的な発展と景観の変化を引き起こす可能性があります。


法定通貨と繋がるバイナンスの取引所

Binance(バイナンス)はグローバルに拡大している仮想通貨取引所プラ​​ットフォームです。最近取引を開始したBinance Uganda(ウガンダ)は、取引開始直後の1週間だけで4万人のユーザーを参加させました。同社は新しい分野での挑戦とテストをしています。特に関心のある分野の1つはシンガポールと東南アジアです。Binanceとシンガポール間の契約非常に重要視されており、大きな可能性を秘めていることを示しています。一体なぜこの取引がそれほど重要であり、なぜこれが主要な暗号通貨にとって何を意味するのでしょうか?

Vertex VenturesはBinanceに投資して、フィアット(法定通貨)による暗号通貨への取引が可能な国内取引所を創設しました。ウガンダでの取引は彼らに対するイニシアチブを示しており、シンガポールは今のところ間違いなく暗号通貨で最もホットな市場と言えます。 Binanceはまた、最近の日本の洪水救済のためのBitcoinとEthereumの寄付により、アジアでも好意的な印象を与えました。

 

なぜシンガポールなのか?

この新しいVertex Venturesの提案を理解する前に、現在のエコシステムにおけるシンガポールの重要性を理解する必要があります。

シンガポールの現状として、空腹な投資家グループ(巨大なクジラ)。現在の状況を最大限に活用しようとしている多くのICOクリエイター。暗号通貨プロバイダーと日常のトレーダーの間の強いつながり。政府に戻る深い関係と規制。

現在シンガポールは、暗号通貨投資と新興企業にとって世界で最も人気のある都市の1つと見なされています。すでにしっかりとした基盤があります。 1年前にもたらされたガイドラインでは、暗号通貨をより興味深くシンガポールの投資家にとって利用を容易にしました。シンガポール通貨金融庁は、セキュリティトークンとユーティリティトークンに関するデジタルトークンオファリングのガイドを作成しました。これにより業界の透明性が高まるだけでなく、新規ユーザーへの扉が開かれました。実際、この考えは国内のICOの大幅な増加をもたらしました。

一方、EthereumウォレットであるImTokenが中国から移転しました。2018年10月31日に、ビズキーはビットコインの10歳の誕生日を祝って「トークンデー」を発表しました。ここでの目的は、暗号通貨の世界に関する一般の認識を高め、新しい投資家を引き付けることでした。現在の投資家はシンガポールのチャイナタウン地区の店で自分の通貨を使って良い為替レートを得ることができます。これは11月18日まで続く予定です。 Binance Singaporeは、東南アジアにおける暗号通貨の発展にとって重要な足がかりとなる可能性があると言えます。

 

シンガポールにおけるバイナンスの将来性

1つ目は、Vertex Venturesが実際には地方自治体によって運営されていることです。これは新しい暗号通貨への流行と投資を引きつけます。シンガポールの当局者は、現地通貨で取引するための透明で明確でアクセス可能なプラットフォームを作成したいと考えています。したがって、この地域の取引は、すでに設置されているガイドラインとセーフティネットを使用して機能する必要があります。東南アジアでの追加サービスや、この地域で進行中のBinanceの開発についての話もあります。

シンガポールではじまる新たな取引は、Vertex Ventures into Grabと非常によく似ています。これが2番目に興味深い部分です。Vertex Venturesの東南アジアおよびインドと、Vertex Ventures Chinaの別の支店との共同出資です。したがって、中国はこの新たな選択肢を切り開くことができます。

拡大するすべての概念が会社の元の側面に関連する可能性が高いです。それでも、暗号通貨に関する中国の見解は調整されています。彼らの新しいランキングシステムとゆるい法律は、一部の企業とICOがかつてシンガポールに進出したが、他の企業やICOはすぐに反対の方向に戻るかもしれないことを意味します。

 

主要通貨に与える影響

最近の中国のランキングの変化とEthereum価格の問題は、この市場の3大通貨のランキングについていくつかの疑問があることを意味しています。ビットコインは、一部の東部市場では「金」の立ち位置とは言えません。 Ethereumは、Binanceや一流の財布とのつながりを活かして、シンガポールで強い支持を得ているようです。一方、リップルは新しい投資家にとって関心のある分野と言えます。Binanceによるシンガポールでの新たな取引所は、東南アジアでの継続的な発展と景観の変化を引き起こす可能性があります。

The Potential Significance of Binance Singapore

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

関連記事

  1. P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

  2. ライトニングネットワークを使ったマイクロペイメントができるようになる記事

  3. 仮想通貨のOTC取引が活発な意外な国

  4. 中国CCIDによる仮想通貨ランキング – 2018.9.22

  5. CBDCに対するIMFの見解

  6. LedgerNanoSの新アプリ「LedgerLive」を使う3つのメリット

  7. NFT のマッチングプラットフォーム「bazaaar」

  8. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  9. ビットコインキャッシュ(BCH)25%の上昇と要因 – 2018.9.28

PAGE TOP