厳選!知っておきたい市場ニュース!!

Ethereum2.0についての基礎

Ethereum2.0についての基礎
Ethereum2.0についての理解を助けるために、概要レベルのコンポーネントを簡単に説明した後に、主要な用語を紹介します。


Ethereum2.0についての理解を助けるために、概要レベルのコンポーネントを簡単に説明した後に、主要な用語を紹介します。 この記事の全文をご覧になりたい方はこちらからメールアドレスの登録をお願い致します。

記事の全文を見る

Ethereum2.0に関してこちらの記事もおすすめです。

Ethereum2.0についての基礎

デポジット:バリデーターを取り込むためのETH1に関するスマートコントラクト

  • フェーズ0:Beacon Chain(ビーコンチェーン(今回の対象))
  • フェーズ1:「Shard(シャード)」によるトランザクションの並列処理
  • フェーズ2:EVM2.0、スマートコントラクト

現在のEthereumのメインブロックチェーン(ETH1)では、ノードによるトランザクションの合意によってマイニングが実施されています。ETH2.0では、コンセンサスの方法がProof of Work(PoW)ではなくProof of Stake(PoS)に変更します。

Parallel processing – トランザクションの並列処理

PoSはPoWと同様に、直近のトランザクションセットはグループ化されブロックに含まれます。違いとしては、ノードがブロックを承認する順序の決定方法です。また現在のETH1は、1つのブロックチェーンにすぎませんが、ETH2.0にはブロックチェーンを並列に構成する多くのshardがあります。これらのShardを機能させるために、別のブロックチェーンがShard間のブロックを統合します。この役割はBeacon Chainが担います。

Beacon NodesによるBeacon Chainの構築

ETH2.0クライアントのBeacon Nodes(ビーコン・ノード)を実行しているコンピュータは、ETH2.0ネットワーク上のノードです。ETH1と同様に、接続されたノード同士はメッセージを共有して、新しいブロックを作成/共有して構築します。すべてのノードがチェーン上の最新ブロックに対して合意をするには多少の時間を要します。

バリデータ

ETH2.0のバリデータになるためには32ETH(ETH1メインチェーンのスマートコントラクトを通じて)を個人のアドレスに保有しておく必要があります。このアドレスを使用して、ランダムに選出されたブロックに対して有効であるかを判断して署名することでブロック生成を行います。そしてバリデータは、いずれかのBeacon Nodes(または複数)に接続する必要があります。

ETH2.0では、バリデーターはCommitteeと呼ばれる検証ノードにグループ化される前にランダムにシャッフルされます。そして、エポックごとのスロットに割り当てられます。

各バリデータには、新しく作成されたブロック、または以前に作成されたブロックに対する”attestation/vote”のいずれかに署名することが求められます。そしてエポックの終わりにバリデータがランダムに入れ替わり繰り返されます。

続きはCoinPicks Labで配信しています。

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. イーサリアムを様々な数字から振り返る

  2. The History of Casper  – Chapter 5

  3. Ethereum|イスタンブールとEIPの内容

  4. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?

  5. イーサリアムの「状態」について掘り下げて理解する

  6. Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性

  7. The History of Casper  – Chapter 4

  8. イーサリアムのトークン設計

  9. イーサリアム・ファウンデーションの今後の計画

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. テストネット上でETHの送金をやってみる
  2. MetaMaskの準備
  3. チューリング完全マシンにおけるガス(Gas)の役割
  4. イーサリアムの通貨単位について
  5. Ethereum2.0|バリデータ要件とコストについて
  6. イーサリアムの「状態」について掘り下げて理解する
  7. イーサリアムの誕生とヴィタリック・ブテリン
  8. 「イーサリアムとブロックチェーンについて」専門用語を省き、事例を使いながら簡単に…
  9. Dharma|Smart Wallet
  10. Ethereum|イスタンブールとEIPの内容
PAGE TOP