厳選!知っておきたい市場ニュース!!

Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性

Ethereumのレイヤー構造を理解する重要性
Ethereumのレイヤー構造を理解することは、議論や事の本質を理解する上で非常に重要と感じている為、この記事では、各レイヤー構造について説明させて頂きました。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

Ethereumのレイヤー構造を理解する重要性

David Hoffman(デビットホフマン)氏の記事では、Ethereum経済圏の普及に当たって各種レイヤー構造と役割について理解を深めることは重要です。また各種レイヤーは上のレイヤー層に安定性をもたらします。

まずはじめに各種レイヤー構成は以下になります。

  • Layer 0 – Ethereum
  • Layer 1 – MakerDAO
  • Layer 2 – Lending and Borrowing
  • Layer 3 – アプリケーションレイヤー
  • Layer 4 – 流動性

下図から各層の安定性が、その上の層に影響を与えることがわかります。これが、基盤であるEthereumの開発が非常に重要であるといえる理由です。同様に、Ethereumの構築ほど重要ではありませんが、MakerDAOを正しく構築することの重要性も示しています。Ethereum経済圏のレイヤー0とレイヤー1が適切に構築されることで、レイヤー3からはコードによって完全に管理され、市場参加者と相互作用する金融アプリケーションの活気あるエコシステムをサポートすることができます。

Layer 0:グローバル債券市場

Ethereum 2.0は、ETHのステーキングを可能にします。32ETHを保有するユーザーは、ネットワーク上のトランザクションを検証することができ、ステーキング報酬を得ることができます。ステークレートは下図から確認することができます。

このネットワーク上に集まるステーキング総量は、Ethereumネットワークのセキュリティに大きな影響を与えます。また、その上に構成されるレイヤー層にも大きな影響を与えるため非常に重要になります。

Layer 1MakerDAO

MakerDAOは、ETHを担保にUSDにペグしたステーブルコインDAIを発行しておりDAIの生成者であるCDPホルダーは、Stability Feeを支払うことを約束します。Stability Feeは金利として設定されており、流通市場でのDAIの価格を管理するためにも使用されています。

高い金利は、DAIの供給量を抑える働きがありDAIの価格を押し上げます。低い金利は、 DAIの供給量を増加させる働きがありDAIの価格を抑えます。

Layer 2Lending and Borrowing

Lending(レンディング)とBorrowing(ボローイング)の大半には、DAIが使用されており下図からその様子が分かります。

https://loanscan.io/loans#outstanding-debt

DAIが全体の88%を占めており、最もロック率が高いのがMakerCompoundです。このDAIは知っての通り、Ethereumプロトコル上で発行されている為、Layer 0の安定性が非常に重要になってくるということです。万一、Ethereumプロトコル上に脆弱性があった場合、上位レイヤー層に影響がでてきます。

Layer 3The Application Layer

アプリケーションレイヤーには既にいくつかの、以下のような有名なサービスがローンチしています。

  • MakerDAOMakerDAOはドルペッグのStable CoinであるDAIを発行する為のシステムです。
  • Compound:デジタルネイティブの自律分散型のレンディングサービスです。
  • Kyber Network:スマートコントラクトを利用し、より利用価値の高い分散型取引所の構築を目指すプロジェクトです。
  • UniswapEthereum上で動作する、ETHERC-20トークンを交換するためのプロトコルです。
  • Augur:予測市場のプラットフォームです。
  • dYdX:イーサリアムのERC20トークンのペアに対して、いくつかのタイプの金融派生商品を作成、発行、取引できることを可能にするプロトコルです。
  • UMAUniversal Market Access)プロトコル:誰もが公正に金融商品・投資機会にアクセスできるようにするための金融契約プラットフォームです。
  • 0x:オーダーブックベースの取引所に注文を提供するためのプラットフォームです。

当然これらのサービスはプロトコル層であるLayer 0Layer 1の影響を大きく受けます。ちなみに現在はEthereumベースで話をしておりますが、CosmosPolkadotなど強力な競合も出てきており、プロトコル層の最終的な勝者がどこになるかは、アプリケーション層であるLayer 3にとっては非常に重要なトピックになります(当然Layer 2も同様)。

アプリケーション層の動きとしては、どのプロトコルが主流になっても対応できるようにしておくことがベストプラクティであると言えます。その決定は、Ethereu 2.0がローンチした後に決まることでしょう。

Layer 4:Liquidity

最後のレイヤーは、流動性を提供するレイヤーです。完全に下位階層に依存しており、InstaDappのクロスプロトコルブリッジが良い例になります。InstaDappは、ユーザーはより良いレートにアクセスするために、現在レンダリングしているプラ​​ットフォームから別のプラットフォームへ、つまりMakerDAOからCompoundへ、自動的にレンディングを転送するサービスを構築しました。

流動性の確保は、自律分散型のプロトコルに命を吹き込む、最終的な課題ともいえます。

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. The History of Casper – Chapter 3

  2. The History of Casper – Chapter 1

  3. イーサリアムを様々な数字から振り返る

  4. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート

  5. ERC223についての基礎学習

  6. Ethereum2.0に関する用語解説

  7. プライベートブロックチェーンについて再考する

  8. Ethereum2.0(イーサリアム 2.0)に関する有識者様の見解

  9. Ethereum2.0についての基礎

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. 匿名通貨と規制状況|Monero、Dash、Zcash
  2. ライトニングネットワークの現状
  3. プライベートブロックチェーンについて再考する
  4. 51%攻撃が資産価格に与える影響
  5. ステーブルコインの近況
  6. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  7. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  8. Ethereum2.0に関する用語解説
  9. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  10. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
PAGE TOP