厳選!知っておきたい市場ニュース!!

インターネットの定義とEthereumの定義 PART2

インターネットの定義とEthereumの定義 PART2
インターネットの定義からEthereumの定義を考えるために、David Hoffmanの記事を一部和訳して提供させて頂きます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

インターネットの定義とEthereumの定義 PART2

Etherは資産クラス

Ether3つの資産クラスすべてに完全に適合します。Etherの資産クラスフォームは次のとおりです。

  • Ethereumネットワークの共有
  • Ethereumの料金請求
  • Ethereumの作品を制作する権利

Ethereumのシェア

Ethereumネットワークは分散型の組織です。

Ethereumネットワークは、ネットワークの拡大、ユーザーの拡大、より多くの価値の獲得を目的として、 「価値のあるインターネット」 のための製品とサービスを提供しています。優れた製品とサービス(MakerDAOCompounddYdXAugur)を生み出すほど、Ethereumのユーザーは増えます。Ethereumのクライアントは、アプリケーションとそのアプリケーションのユーザーの両方です。

Ethereumの料金請求

ネットワークを稼働させ続けるためには、手数料を支払う必要があります。ネットワークを稼働させる為の労働者であるバリデータは、すべてのユーザー顧客がEthereumのサービス利用規約に従っていることを確認する必要があります。支払われた手数料はバリデータに支払われますが、Ethereumを保護する壁としても機能します。壁の高さは、Ethereumを攻撃するコストです。

仕事を生み出す権利

Etherの所有者は、Ethereum上でアプリケーションを構築し、手数料を徴収する権利を持っています。Ethereumは、Ethereumのネットワークとバリデータの間でインセンティブを調整するメカニズムです。バリデータが仕事をするためには、一定数のETHをステークしている必要があります。Ethereumネットワークのバリデータになり、サービスに対して支払いを受け取るには、ETHを所有してネットワークと連携していることを確認する必要があります。

これらはEtherの構成要素であり、Etherを資本資産としています。

現行のETH 2.0仕様には、動的な発行スケジュールがあります。全体のバリデータが少ないということは、ETH-stakerに対する報酬が多く支払われることを意味します。これは、Ethereumのセキュリティを高めるために、より多くのバリデータを呼び込むための仕組みです。より多くのバリデータがETHをステークする場合、Ethereumにはより強固なセキュリティが提供されるため、各バリデータに支払う金額が少なくなります。

下記画像はステークされたETHの数に基づく、資本資産リターン・レートです。10Mのステーク率では、バリデータは年間5.72%の収益を得ることができます。

しかし、上記のリターン・レートは新規Ether発行のためのものです。また、バリデータはネットワークに支払われた手数料の一部も受け取ることができます。

このスライドでは、Ethereumのトップ・クラスのユーザー(918日)を示しています。徴収された手数料はネットワークの発行に加え、Ethereumのバリデータに支払われます。

Ether is a Consumable/Transformable Asset

Consumable(消費)/Transformable Asset(変換可能な資産)にはさまざまな形式があります。このクラスで最も明らかな資産は、特定の資産そのものではなく、この資産を生成する多数の資産です。それがエネルギーです。

エネルギーは消費可能な資産であり私たちは皆それを使用しています。例えばエネルギーとは、エレベータが人々をオフィスに移動させる方法であり、コンピュータや電話での取引やビジネスを行う方法です。エネルギーは貨物船をも動かし、世界的な交易を作り出しています。私たちの食べ物を温めてくれるオーブンですらエネルギーによって使用できるようになります。

エネルギーのない世界を想像してみてください

エネルギーは世界を循環させており、エネルギーがなければ、役に立たないものを役に立つものに変えることはできないでしょう。このようなエネルギー基盤への需要が、石油に世界的な価値を与え、電気自動車がホットな話題となっている理由、そしてバッテリーが途方もなく高価な理由なのです。

エネルギーは世界経済を動かす経済基盤であるといえます。

Etherはインターネットの経済基盤

Etherのもともとの定義である「Ethereumのガス」はこのことをよく示しています。Etherの消費は、Ethereum内部の経済的車輪を回転させるコストです。Ethereum上のどんな活動であってもEtherは消費されます。

Etherは価値のある資産

DeFiでロックされたETH」の測定基準に注目したことがある場合は、Etherの価値ある資産に注目しています。「ロック」とは、それが何かの担保としてどのように使われているかということです。Ethereum上の何らかの資産を支える価値として機能するという確約がなければ、それは「ロック」ではありません。

Etherは、権限の不要なグローバル資産として、Ethereum上で権限の不要な金融機関を生成する手段となります。私たちはこれらのパーミッションレスな金融機関を「アプリケーション」と呼び、その経済ネットワークを「DeFi」又は「オープン・ファイナンス」と呼んでいます。

Ethereum上のオープン・ファイナンスアプリケーションが、何らかの担保を元に実行されている場合、権限不要な金融アプリケーションは成立します。

Ethereumの最初のDAppMakerDAO

MakerDAOEthereum上でのオープン・ファイナンスの構築に不可欠です。金融には安定性が不可欠であり、Etherへの安定した裏付けがあれば、Ethereum上の金融アプリケーションの多くは簡単に動作します。CompoundDyDxSetなどのプラットフォームでは、アプリケーションが機能するために安定した通貨が必要です。

Ethereumにはたくさんのステーブルコインがありますが、許可不要なステーブルコインは、Maker DAOにより発行されたDAIしかありません。DAIEthereum上で唯一のネイティブのステーブルコインであり、Ethereum上の唯一の信頼できない資産、Etherによって裏付けされることで、その生成を実現しています。

DAIEtherの価値の蓄積関数によってその価値を維持すると同時に、その過剰担保化によってパーミッションレスを作ります。

パーミッションレスなファイナンスを実現

パーミッションレスなステーブルコインを持つことはとても重要です。金融を構築するためのステーブルコインを提供することに加えて、その基盤の上にある金融構造をパーミッションレスにしたい場合、その基盤事体をパーミッションレスにする必要があります。

DeFiがすべてUSDCで運営されていれば、私たちは皆Circleに資金の管理を任せていることになります。DAIは、中央機関の権限によってユーザーのウォレットから削除できない唯一のステーブルコインです。そのため、オープン・ファイナンスアプリケーションでは、DAIを使用してアプリケーションを構築する際に担保が必要になります。

これらはすべて、Etherをパーミッションレスでプログラム可能な価値のある資産をベースにしています。

Compound

Compoundは、Ethereumのレンディングアプリケーションです。

Compoundは、借り手と貸し手をプールして、各当事者の需要と供給を変動金利と照合するアプリケーションです。これにより、借入金利と供給金利、すなわち借入コストと借入金利が算出されます。

Compoundは担保のために信頼できない。

Compoundをパーミッションレスなプラットフォームにしているのは担保です。借入者はいつでも資産を引き出すことのできる資金があるという保証をするために借入を過剰担保化しなければなりません。

Compoundの担保の大半はEtherであり、借り手は、ローンの担保としてETHを固定しています。このシナリオでは、Etherはパーミッションレスなローンの担保として、長期にわたって価値を維持すると市場で認識されています。このパーミッションレスな担保は、Compoundアプリケーションが借り手からの担保の過剰担保化と自動清算を保証するので、Compoundの融資側に力を与えます。貸し手は借り手を信用する必要はありません。

続きはPART3にて公開

Reference
https://thedefiant.substack.com/p/ether-is-the-best-model-for-money

 

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. インターネットの定義とEthereumの定義 PART1

  2. イーサリアムのトークン設計

  3. Ethereumが企業にもたらす11個の利点

  4. Ethereum2.0(イーサリアム 2.0)に関する有識者様の見解

  5. プライベートブロックチェーンについて再考する

  6. Ethereum 2.0について意外と知られていない8つの事実

  7. Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性

  8. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート

  9. Ethereum2.0に関する用語解説

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. BlockChainJam2019 supported by ビットポイントジャ…
  2. Avalancheについて|ブロックチェーン3.0
  3. インターネットの定義とEthereumの定義 PART2
  4. 匿名通貨と規制状況|Monero、Dash、Zcash
  5. インターネットの定義とEthereumの定義 PART1
  6. ライトニングネットワークの現状
  7. プライベートブロックチェーンについて再考する
  8. 51%攻撃が資産価格に与える影響
  9. ステーブルコインの近況
  10. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
PAGE TOP