厳選!知っておきたい市場ニュース!!

ERC725とERC735について学びDappsのユースケースを考える

個人情報(ID)を分散的に管理するためのイーサリアムの規格ERC725とERC735について概要を説明し、そのミドルウェアとしてOriginProtocolを紹介しています。この記事を読んでいただくことで、分散的な個人情報の作成、管理、使用方法まで把握して頂くことができます。


ERC725とERC735について

ERC725とは

ERC725は、ID(アイデンティティ)の管理を中央集権的な組織で管理するのではなく、イーサリアムのブロックチェーン上で分散的に管理するために提案された規格です。

この規格は、ERC725は、ERC 20およびWeb3.jsの作成者であるFabian Vogelstellerによって作成されました。

Vogelsteller氏は次のように説明しています。

「アイデンティティー(ID)は、確かにブロックチェーンエコシステムで欠けている最も重要な要素の1つです。」

ERC725の規格を用いて発行されたIDは、トランザクション、文書、ログイン、アクセス、およびClaim(*1)に署名するためのKey、およびプロキシ機能を保持することができます。

*1 Claimプロファイルデータを指しており、名前、説明、プロフィール写真などです。

このIDには複数のKeys(外部アカウントまたはコントラクトアドレスからの公開鍵)を紐づけることができます。

 

ERC735とは

ERC735は、IDスマートコントラクトに対してClaimを追加および削除するための関連規格です。

Claimの追加、削除、および保留のための標準機能であり、Claimは第三者(発行者)から証明することも自己証明することもできます。この標準化されたインターフェースにより、DappsとスマートコントラクトはClaimホルダーを確認することができます。

 

認証方法

たとえば、DappsとERC725及びERC735を用いてAirbnbのようなサービスを構築することができます。仲介者を省くことで大きなコストの削減が可能になります。しかし、あなたが家を借りる人を信頼できなければ家を貸し出したいと思わないでしょう。

どのようにして個人を識別するのでしょうか?

下記3つの立場から説明します。

  • ICO実施会社
  • IDプロバイダー
  • 投資家
  1. IDプロバイダーはIDコントラクトをデプロイします。
  2. IDプロバイダーIDコントラクトにkyeを追加します。
  3. 投資家は自分のIDコントラクトをデプロイします。
  4. 投資家が正常にKYCを受けた後、IDプロバイダーは投資家のKYCに対してのClaimに署名します。
  5. 投資家はIDプロバイダーの署名入りKYCIDコントラクトに追加します。
  6. ICO実施会社はトークンセールコントラクトをデプロイします。
  7. 投資家は自身のIDコントラクトを通じて、ICO実施会社ICOに参加します。
  8. ICO実施会社は参加の承認以前に、投資家のIDコントラクト内にあるClaimに対して、IDプロバイダーによるに署名が含まれていることを確認します。

 

OriginProtocolについて

OriginProtocolは、イーサリアムブロックチェーン上で仲介業者による市場管理の必要性を代替する機能を提供し、オープンで公正かつ透明な規則によって管理される市場を作成することを可能にします。

最新リリースには、ユーザーIDのサポート(ERC725 ID標準のサポート)、トランザクション手順、エスクロー、評価、およびレビューなど、多くの新機能が詰め込まれています。しかし、UX(ユーザーエクスペリエンス)と全体的な機能性にいくつかの改善が必要とのことです。

ERC725の実装によってユーザーは自分のIDをイーサリアムウォレットに接続することで、自分のIDコントラクトを作成と制御が可能になります。

名前、プロフィール写真、または経歴を追加したい場合は、その情報をIPFS(InterPlanetary File System)に公開し、結果のハッシュをイーサリアムブロックチェーン上に保存します。電話番号、電子メールアドレス、ソーシャルメディアのユーザー名などの機密性の高い情報については、その存在を証明するものだけを保存します。

世界には銀行口座が開設できないことによってUberAirbnbのような人気のあるアプリを使うことができない人が約20億人存在します。しかし、多くの人々がスマートフォンを持っています。したがって、彼らは今後数年間で構築される暗号通貨と分散型市場にアクセスできるようになります。

OriginProtocolシステムの中心となる部分は、ユーザーがIDデータを作成、更新、および読み取ることを可能にする分散型Dappsです。

Dapps内からのIDの作成または更新には、以下のステップが必要になります。

  1. ユーザは自分が公表したいと思うClaimデータを入力します。たとえば、名前、簡単な説明、プロフィール写真などです。
  2. 任意選択で、ユーザは自分のClaimにいくつかの証明を追加することができます。たとえば、電話番号が自分のアカウントに関連付けられていることを示す証明を追加することを選択できます。それらを生成するために、Dappsはリクエストをアテステーション・サーバーに送信し、署名されたアテステーションを受信します。
  3. 最後のステップは、ユーザーが自分のIDを公開することです。まず、Claimと検証済みのアテステーションで構成されている自分のプロファイルが、JSONデータのBLOBとしてIPFSにアップロードされます。次にDappsが動作することにより、そのデータのIPFSハッシュを記録するスマートコントラクトへの呼び出しを行います。

ユーザーのIDを読み取るには、ユーザーのイーサリアムアドレスに関連付けられているIDをスキャンして最新のIPFSハッシュを取得し、次にIPFSから最新のIDデータをロードする必要があります。

アテステーションサーバーは、OriginProtocolの分散型アプリケーションと電子メール、電話、ソーシャルネットワークなどの集中型システムとの間のブリッジとして機能します。Dappsから要求を受信すると、アテステーションサーバーはユーザーからの要求を検証しようとします(たとえば、ユーザーが電話番号、電子メール、またはソーシャルハンドルを実際に所有していることの検証など)。検証方法の種類は、Claimの種類自体によって異なります。OriginProtocolはユーザーの個人情報をブロックチェーンに書き込むことはせず証明に署名し、要求によってDappsに送信します。

OriginProtocolに対して、ユーザーの要求に対する検証について質問をしました。

Point:How do you prove that KYC is correct?(KYCが正しいことをどのように証明しますか?)

以下のような返答を頂きました。

We use a standard verification process where a random code is generated and the user has to either enter in that code or log into their Email/Twitter/Facebook/Airbnb and enter the code to prove they have access and own that account.

KYCの実施時にランダムコードが生成され、そのコードを認証しようとしているプラットフォーム(Email / Twitter / Facebook / Airbnb)などにログインして入力する必要があります。これによってユーザー自身がアクセス権限を所有していることの証明ができるとのことです。

 

まとめ

ERC725とERC735について説明した後に、それらの規格を活用したミドルウェアとしてOriginProtocolを紹介しました。

これらの規格とDappsはシェアリングエコノミーとの相性が非常に良く、シェアリングエコノミー協会の一員としても非常に興味深くウォッチしています。OriginProtocol上に今後どのようなアプリケーションが乗っかってくるのかに特に注目しています。

ID(個人情報)の管理が個人に回帰され、IDの証明が統一的にできるようになればユーザーサイドとしては、かなり便利になるなと考えている次第です。また、企業サイドとしても管理業務を個人に任せることで費用の削減と漏洩リスクを減らすことができるのは大きな変化なのではないかと感じます。

ERC223についての基礎学習についてはこちらからご覧ください。

Join Lab Now

 

関連記事

  1. Ethereum2.0|バリデータの説明

  2. ERC1155について学びユースケースを考える

  3. Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性

  4. The Beginner’s Guide to the NEAR Blockchain –…

  5. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート

  6. Mimblewimbleについて日本語で理解する

  7. Ethereum2.0についての基礎

  8. イーサリアム・ファウンデーションの今後の計画

  9. The History of Casper – Chapter 1

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  2. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  3. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  4. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  5. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  6. Ethereum2.0|バリデータの説明
  7. Ethereum|レイヤー構造を理解する重要性
  8. 米Circle |仮想通貨市場の 6つのポイントを整理
  9. Ethereum 2.0について意外と知られていない8つの事実
  10. 終わりを迎えるパラダイムとBitcoinのはじまり|Ray Dalio氏
PAGE TOP