厳選!知っておきたい市場ニュース!!

ERC1155について学びユースケースを考える

ERC1155について学びユースケースを考える
ERC1155規格によって発行されたトークンは、種類に関係なく複数のトークンを一度に送信することができるというのが1つの特徴です。


ERC1155とは

「ERC1155」は、シンガポールに拠点を置くEnjin Pte LtdのWitek Radomski 氏によって発表されました。この規格を用いて発行されたトークンは、種類に関係なく複数のトークンを一度に送信することができるというのが1つの特徴になっています。

裏を返せば、ERC20やERC721規格によって生成されたトークンは種類が違うと一括して送信することができなかったということです。例えば、自身のウォレットにEthereum(ETH)とEnjin(ENJ)を保有していたとして、ETHとENJを同時に送ることはできず、トークン毎に送信の手間と手数料が発生します。これを一括でまとめて送信できるようにした規格がERC1155ということです。

ERC1155規格を用いて発行されたトークンは手数料削減に繋がります。

ただし、複数のトークンを一度に送信する場合においてということです。

実際に計算してみましょう。

Ethereumのトランザクション手数料の計算式は、”ガスリミット(Gas) × ガス価格(Gwei) × 0.000000001″で求めることができます。ガスリミットを21,000gas、ガス価格を10Gweiと仮定します。2019年7月10日時点では、ETHの価格は$311.53(¥33,893.84)になるので上記の式に当てはめて計算してみると手数料は最大約¥7.1という数字が出ました。

手数料としてはかなり安価ですが、今後トークンエコノミー経済発展しあらゆる価値がトークンを介して送信できるようになった時には、大きな課題となります。ゲームの世界で例えると分かりやすいのですが、BobがアイテムAを、MikeがアイテムBとアイテムCをそれぞれ持っていたとします。Bobは次のステージに進むためにアイテムBとアイテムCが必要になります。よってMikeからアイテムBとアイテムCを送信してもらう必要があるのですが、このアイテムがERC721トークンであった場合、アイテムBを送った後にアイテムCの送信という手順になります。もどかしさと手数料の観点からユーザービリティーが良いとは言えません。これがERC1155トークンであった場合、アイテムBとアイテムCはたった1回の送信で完了します。

また、ゲーム内のアイテム交換に留まらずトークンの性質上、ゲームを超えての取引にも活用することができます。アイテムABCと現実世界のコンテンツ所有権を表すトークンを交換することさえも可能になります。このように価値の移転においてトークンとの相性が非常に良いのです。

今後、トークン経済圏や個人間取引が活発になり複雑になればなるほど、一括送信が可能であることは重要であると言えます。

 

ERC223についての基礎学習はこちらからご覧ください。

メールアドレスで無料レポートを受け取る

Join Lab Now

関連記事

  1. The History of Casper – Chapter 3

  2. ERC998について学びユースケースを考える

  3. The History of Casper  – Chapter 5

  4. ビットコイン におけるハッシュ関数について

  5. インターネットの定義とEthereumの定義 PART1

  6. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?

  7. イーサリアムの耐シビルアタックとコンセンサス

  8. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート

  9. イーサリアム・ファウンデーションの今後の計画

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. テストネット上でETHの送金をやってみる
  2. MetaMaskの準備
  3. チューリング完全マシンにおけるガス(Gas)の役割
  4. イーサリアムの通貨単位について
  5. Ethereum2.0|バリデータ要件とコストについて
  6. イーサリアムの「状態」について掘り下げて理解する
  7. イーサリアムの誕生とヴィタリック・ブテリン
  8. 「イーサリアムとブロックチェーンについて」専門用語を省き、事例を使いながら簡単に…
  9. Dharma|Smart Wallet
  10. Ethereum|イスタンブールとEIPの内容
PAGE TOP