テザー(USDT)は価格操作を否定 – 2018.9.24

仮想通貨で一発逆転を目指して、情報収集に明け暮れている方へ…
仮想通貨関連の情報を突き詰めるには、英語・数学・分析力・時間等々様々なスキルが必要になります。
唯一平等である「時間」を目の前のお金を稼ぐことだけに使用しないでください。
あなたが最大限活躍できる場所で時間を使ってください。
それができるように、私が最大限活躍できると思っているこの場で、市場ニュースを要約して簡潔にコメントをつけてほぼ毎日配信したいと思います。
あなたはこの記事のみで1日の情報収集を終えるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)に新機能

ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーン上に、Bitcoin Files Protocol(BFP)と呼ばれる、匿名で検閲に強いファイルストレージシステムの実装が発表されました。

Simple Ledger Protocol(SLP)と呼ばれるBitcoin Cashブロックチェーン上で安全なトークンを発行するためのプロトコルを開発した、「James Cramer」「Ryan X. Charles」「Mark B. Lundeberg」「Calin Culianu」「Jonald Fyookball」そしてBCHの開発者「Unwriter」によってBFPは開発されました。

チームはのちに「Bitcoinfiles.com」というページを作成する予定で、WEBを通してファイルのアップロードとダウンロードを実現します。

  • オープンソース
  • 信頼のあるチェーン
  • 分散している
  • ビックブロック

という点を考慮すると1つのキラーアプリになる可能性を秘めているのではないでしょうか。
詳細はこちら
https://news.bitcoin.com/the-bitcoin-files-protocol-provides-a-bch-secured-file-storage-system/

 

テザー(USDT)は価格操作を否定

クイーンズ大学の研究者ワン・チュン・ウェイ氏は、VARモデル(ベクトル自己回帰モデル)という方法でテザーの価格ビットコインに関する価格操作疑惑を論文にて否定しました。

その論文はこちら
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165176518302556

毎度このような疑惑の否定に関するニュースが流れますが、実際のところは正式な監査結果が出るまでは、単なるネタでしかありません。
1つのコラムとしてお楽しみください。

 

アルゼンチンは破綻するのか?

アルゼンチンの経済危機は2018年5月上旬から大きく動き出しました。
財政破綻の可能性もささやかれている同国ではありますが、国民は「反IMF」デモを急速に拡大しています。

遡ること2001年12月、1週間で4人の大統領が就任・辞任し、政府は通貨を切り下げ、820億ドルの債券をデフォルトしたことで、国家による史上最大のデフォルトとなり、人々の所得は急減し、失業は急増した結果、国民の貧困率は56%に高騰しました。

そして今、アルゼンチンにおけるビットコインの取引高増加しており、取り扱いを開始する小売店も増加しているとのことです。
過去から学び変化を求めている国民と国の行方はどのように変化していくのでしょうか。
1つの事例としてとても興味深いニュースです。

 

Trezorユーザーはウォレット内で仮想通貨取引が可能に

ハードウォレットTrezorは、ベータ版のインターフェース内で仮想通貨を購入し取引する機能を追加しました。
ユーザーは11種類の通貨を取引することが可能です。
同ウォレットのツイッターアカウントでは、9月19日にベータ版の発表をしていたとのことです。

 

 

友だち追加
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

仮想通貨の分散型コミュニティーに参加すべし!!


関連記事

  1. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  2. いつオープンするかと言われていたLINEの仮想通貨取引所がついに

  3. Switcheo.Exchangeとは?

  4. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  5. CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

  6. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  7. CBOEの仮想通貨ETFは延期を発表

  8. ビットコインキャッシュ(BCH)VSビットコイン(BTC)

  9. OTC取引からみる仮想通貨の需要

PAGE TOP