中国の仮想通貨事情から読み解く「勝つ方法」を語る癒し系女子”akazukin”

ゲスト

akazukin × 今井涼二

akazukin

 

目次

  • はじまりはCoincheckの出川ショック

  • いま中国でもっとも熱い仮想通貨の銘柄

  • 日本人はしらない!中国の本当の現状と乖離

  • わたしの最大のトラブル事例(サロン限定

  • 原資はたったの25,000円だった

  • 儲けるために必要なことはたった1つ(サロン限定

 

▼前説


こちらの対談では、仮想通貨に関わる「個人」に焦点をあてて、知られざるその真実と裏側、そして、それぞれのストーリーに隠された秘話など、毎回多彩なゲストをお招きして、メディアでは決して見ることのできない「リアル」を、みなさんにお届けしたいとおもいます。

今回は、中国と日本を行き来する仮想通貨女子ことakazukin!
中国語と日本語を使いこなし、両国を行き来する仮想通貨女子!!
中国からリアルな情報を直接得ているakazukinは言う、「日本で発信されている中国の現状は間違っている」

今回の対談ではakazukinとは何者なのか?
そして、中国の本当の仮想通貨事情について
解きあかしたいと思います。

 

 

はじまりはCoincheckの出川ショック


今井涼二

akazukinさんは、いつから仮想通貨を始められたんですか?

akazukin

去年の12月なんですよ。
出川ショック(*1)の時です。笑

*1 出川ショック:国内最大規模であったコインチェックが年末あたりから年始にかけて、新規ユーザー獲得に向けてCMを流していた時に、仮想通貨「NEMのハッキング事件」が起きて、多くの新規ユーザーが資金ロックの被害にあった現象とCMに “出川哲郎” が起用されていたことによってその名がついた。

今井涼二

あ!出川ショック・・・笑
本当に最近はじめられたのですね。

きっかけはCMか何かですか?

akazukin

まぁ、それもありますけど、ビットコインのハードフォーク(*2)があったじゃないですか。
その時からはじめようかなと思っていて、実際にはじめたのが12月ですね。

*2 ハードフォーク:11月に予定されていたビットコインのハードフォーク分裂問題「segwit2x」リプレイプロテクションの実装がなく、無知なユーザーがビットコインの紛失やトラブルの原因が発生する可能性があった。さらにはNYA支持者はこのハードフォークによって生まれたビットコインを本物のビットコインとして支持していくことを表明していた。

今井涼二

実際に、出川ショックにあって、被害はありましたか?

akazukin

ありましたね・・・笑

リップル強制ガチホ(資金ロック)ですね。笑

今井涼二

それは辛かったですね。

BINANCEでもトレードをはじめたとお聞きしていますが、保有している銘柄は何種類位ありますか?

akazukin

え~~と、20・30くらいですかね。

本当は集中した方がいいのですけど、本当に期待できるものがいっぱいあるのですよ。
みなさんが気付いていないだけで、期待できそうな通貨があるのです。

今井涼二

それは、いつ頃売却するとかの目処は立っているのですか?

akazukin

いえ!長期分と短期分は分けていて利確はしますが、長期分は今年はないかなって感じですね。

 

いま中国でもっとも熱い仮想通貨の銘柄


今井涼二

今短期の通貨で一番おすすめの通貨ってありますか?

akazukin

EOSです。

短期でも長期でもどちらでもいいと思いますが。

今井涼二

EOSですね!
確かにTwitterでもよく聞きますもんね!

もうすぐ、メインネットがはじまりますよね。
* 執筆時はメインネット移行前

akazukin

いや、メインネットではないのですよ。
スーパーノード選挙 (*3)なのですよ!

さらにEOSは、もう草コインじゃないですよ。
中国でも、ビットコインの次はEOSなんですよ!

*3 スーパーノード選挙:EOSトークンを決められた枚数保有することで、ブロックチェーンの送金や署名の権限を得ることができ、それに対する応募の中から選挙が行われる。2018年3月上旬現在、世界中の50以上の組織や機関がEOSスーパーノードへと応募。

今井涼二

中国というと、わたしの印象だとNEOを思い浮かべるのですけども、NEOよりもEOSなのですか?

akazukin

どうなのだろう。

でも、人気度は断然EOSなんですよね。

 

 

日本人はしらない!中国の本当の現状と乖離


今井涼二

仮想通貨の中国事情にもくわしいのですか?

また、中国には、どれくらいの頻度で行かれているんですか?

akazukin

はい。詳しいです。

毎月行きますよ!

今井涼二

実際に中国って、今でも仮想通貨の取引が禁止されていると思いますが…

akazukin

いや!まぁまぁまぁ。

ICOとかは、禁止されていますけど個人間での取引は禁止されていませんね。

今井涼二

なるほど!

個人間取引(P2P)でLocalBitcoins (*4)であったり、ああいったサービスを使っているのですか?

*4 LocalBitcoins:取引所との違いはユーザー間での直取引が可能な点。また、LocalBitcoinsでの取引は、介入が不要でユーザーを直接つなぐことで、最短かつ高速な手続きを可能。

akazukin

まぁ取引場を使って取引を行うのも禁止ではないですしね。

まぁ、まだグレーって部分もありますけど、中国の国民性といいますか禁止ではないですよ。

今井涼二

中国の方は、メインにどこのプラットフォームを使用されるんですか?

akazukin

OKExとかがメインですけども、あとGate.ioですかね。

BINANCEはそんなに流行っていない気がしますね。

今井涼二

後中国は、仮想通貨市場でどのようになっていくと予想していますか?

akazukin

さらに拡大していくのではないですかね。

今でもすごく熱狂的ですし。

今井涼二

たしかに今、中国の仮想通貨は禁止みたいな風潮が日本にも流れているのですけども、政府が自分の管轄の元で、うまく規制をしていくって形で再発しそうですね。

 

 

原資はたったの25,000円だった


今井涼二

最初の12月でのスタートでは、原資どれくらいからのスタートだったんですか?

akazukin

もともとの原資は25,000円しかなかったのですよ。笑

それで中国の情報とかを調べていてTRXですかね?
それをはじめに買ったのですよ!
もちろんコインチェックとかでリップルとかも買いましたけど、おもに日本円の入り口みたいな感じですかね。

今井涼二

なるほど。

実際に12月くらいからはじめられた方で、私の周りでは損失の方が大きい方が多いのですけども、akazukinさんはどうですか?

akazukin

損失はないですね。
むしろ上げています。
含み益はだいぶ減りましたけどね。笑

今井涼二

さすがですね。
やはり中国の新鮮な生情報を得ながらトレードの判断ができると、全然違いますね。

akazukinさん、ぜひ儲かるために必要なことを教えてくれませんか?

akazukin

いいよ〜

今井涼二

急にノリ軽ッ

・・・・・

 

 

今井涼二

オンラインサロンでは、メディアでは聞くことのできない特別な情報対談の全文を、閉鎖的に公開しています

https://lounge.dmm.com/detail/761/

 

音声対談はこちらから
全て無料でご視聴いただけます。

 

関連記事

 

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –

CoinPicks – オンラインサロン –


関連記事

  1. 仮想通貨の税金の真実と裏側、そしてこれからを教える”マコユキ”

  2. BINANCE超えを狙う若き2人のロードマップ

  3. 第2回 Dappsに対する市場の関心

  4. 第1回 日本初!地方自治体ICOを実施する岡山県西粟倉村と目指す地方創生

  5. 第1回 Dappsって何がすごいの?

  6. 第3回 Dappsに革命を起こすNon-Fungibile Token

  7. お祭り男”きゃんた”が語る仮想通貨決済の未来

  8. 仮想通貨週刊誌「少年クリプト」編集長”Taro”が語る分散型出版社とは

  9. 原資20倍を達成したテクニカルトレーダー”タキオン”流の勝つ為の極意

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
今井 涼二

今井 涼二

2015年より暗号通貨を追及中。2018年からは大麻産業の動向も同時に追いかけています。CoinPicksでは「仮想通貨の価値」をテーマに一歩踏み込んだ情報を配信していきたいと思います。

パーソナルリンク

プロフィールを表示 →

仮想通貨の質問箱 – LINE ver

新着記事

人気記事

PAGE TOP