CETで話題のCoinEXマイニングシステムの配当公開!!

いいえ。
概要説明をみたいのです。
という方は下記リンクより
わかりやすい説明をご覧ください。

 

▼取引マイニングシステムってなに?


簡単にいうと、指定の期間のあいだ取引所で
発生した手数料をユーザーに
分配するというものです。
この取引マイニングシステムというのを
最初にはじめたのは、Fcoinという取引所です。

この発想の転換はすごいですよね。
どこの取引所も手数料が
主な収益元になっており、
ユーザーをあつめるために
「手数料無料」というのは、
一般的でしたが、それを100%還元する
というのは新しいですね。

目新しいものには、ユーザーがあつまり
今旬の取引所コインということで、
将来への価格上昇を夢に出来高が急騰しました。
また、出来高がふえれば手数料も当然のように
ふえていき、その還元ほしさに
新規ユーザーが参入します。

それの繰り返しによって、
ついにBTCとBCHでの
出来高がバイナンスを抜いて1位になりました。

さて、これがいつまで続くのか
注目したいと思います。

 

▼CoinEXの配当って実際どうなの?


結構気になっている人もおおいと
おもうので2018年7月2日にわたしが
受け取った配当を公開したいとおもいます。

その前に配当付与の条件はこちら
・アカウントの認証(KYC)
・最低でも100CETの保有

わたしが受け取った配当はこちら

_2018-07-02_16_04_17_2018-07-02_16_04_27

なんと合計11種類の通貨で配当がありました。
この時、保有していたCETの量は、
約95,000CET(約56万円)

それで配当があったのは、
約18,970円です。
利回り約3.3%です。

素晴らしいですね。
CoinEXのマイニングシステムは
はじまったばかりです。
このチャンスを是非つかんでください。

使い方やトレード方法で
わからない点があれば連絡ください。

 

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

– 仮想通貨市場の真実裏側

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –



関連記事

  1. OTC取引からみる仮想通貨の需要

  2. 米中貿易戦争がついにはじまった!仮想通貨にはポジティブ材料?

  3. 仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

  4. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  5. 中国の仮想通貨に対する姿勢

  6. P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

  7. 合法化に向かう大麻と日本

  8. 40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

  9. LedgerNanoSの新アプリ「LedgerLive」を使う3つのメリット

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP