厳選!知っておきたい市場ニュース!!

Circle USDCについて

サークルUSDCとは

USDCとは、CENTERによって開発されたステーブルコインのフレームワークに基づき、米ドルに完全に担保されたステーブルコインです。 顧客がフィアット通貨の金額相当分をUSDCトークン化することで、クリプトエコシステムでの支払いと取引に使用できる、シンプルなWebアプリケーションを提供します。

CENTERとは、世界中の全ての人たちを繋ぐことをビジョンに設立された非営利団体で、サークルとCoinbaseによって設立されました。ホワイトペーパーはこちらになります。https://www.centre.io/pdfs/centre-whitepaper.pdf

ステーブルコインの重要性は日々高まってはいるものの、市場の不信感やボラティリティの高さから、透明性と信頼性を持ち合わせた機関によるステーブルコインの発行が待ち望まれていました。そうして生まれたのがGeminiUSD(GUSD)やUSDCであり透明性を証明するために毎日の監査と準備金に関する証明書を発行しています。

 

USDCの発行と償還

トークン化は、USDなどの現実の資産をクリプトネイティブトークンとして利用できるようにするプロセスです。 USDUSDCにトークン化するには、次の手順があります。

ユーザーがUSDを発行者の銀行口座に送り、発行者はUSDCスマートコントラクトUSDCと同等の額のUSD請求を送信します。そして、新しく発行されたUSDCを利用者に送信して予約されたUSDを受け取ります。

USDCを償還する際には、基本的に逆のプロセスが開始されます。

USDCのユーザーがUSDC発行者に償還を要求します。発行者はユーザーのUSDCを受け取り、そのUSDCを流通から外すようにUSDCスマートコントラクトに要求を送信します。発行者は、その準備金からユーザーの銀行口座にUSDを送付します(手数料を差し引いて)。

テザー(USDT)は、この準備金に透明性が欠落しており市場から不信感を持たれています。仕組みとしては非常にシンプルではあるものの、USDCはこの準備金の監査を毎月行うことをホワイトペーパーで宣言しています。

 

Circle USDCサポート対象国

Circle USDCは、KYCの要件とレビューのプロセス、および銀行の要件に従って、フィアット通貨をUSDCにトークン化したり、USDCをフィアット通貨に交換したりするユーザー向けサービスです。

サポート対象国:アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、リトアニア、ルクセンブルグ、メキシコ、モナコ、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、トルコ、イギリス、米国(HINYMNを除く)、バチカン市国、ベトナム

重要な初期顧客セグメントは、トレーディングポジションをヘッジするための価格安定したトークンを探しており、取引所や銀行間で高速かつセキュアな価値の動きを望む仮想通貨(資産)トレーダーです。

この顧客セグメントこそが、信頼を担保に設定された非常に重要なターゲットなのです。

 

取引可能な取引所

USDCPoloniexのプライマリマーケットまたは取引ペアとして利用可能になります。フィアット通貨をUSDCに交換した顧客は、それらをPoloniexに転送し、BTCETHUSDTのステーブルコインとして取引することができます。

以下の取引所はUSDC取引ペアもサポートしています。

  • Coinbase
  • KuCoin
  • Digifinex
  • Huobi
  • OKEx

情報が古いので最新の取扱い銘柄は、こちらから確認してください。
https://coinmarketcap.com/currencies/usd-coin/#markets

 

Circle USDCの収益モデル

サークルは、USDCを米ドルに償還する手数料を請求することがあります。手数料は下記の料金表に記載されています。サークルはまた、分離剰余勘定で保有されている資金に利息を生み出すことがあります。

最終更新日:2018115

項目

料金

詳細と開示

銀行ワイヤートークン化

無料

Circleとその銀行パートナーは、ワイヤーが米ドル建であれば、米ドルのトークン化に関連して行われたUSDC口座へのトークン化の手数料を請求しません。

別の通貨で資金を送金する場合、サークルの銀行パートナーは通貨換算手数料を請求することがあり、トークンはサークルの銀行パートナーの通貨換算率で換算されます。

送金元の銀行から手数料がかかることがあります。

銀行ワイヤトークン化キャンセル

50ドル

サークルは、銀行振込が却下され返金される必要がある場合に料金を請求します。 返金の理由としては、参照番号の紛失または綴りの誤り、預金限度額を超える預金の預託などが考えられます。

銀行ワイヤー交換

無料

サークルとその銀行パートナーは、米ドルでUSDCを償還し、銀行口座に資金を送金するための手数料を請求しません。

資金を受け取ったときに送金先の銀行から手数料がかかることがあります。

銀行口座を利用するには最低$ 100が必要です。

USDC送金(インバウンド)

無料

Circleは、USDCUSDCアカウントに受け取ることに関連して、料金を請求しません。

USDC

イーサリアムネットワークを送信しているプラットフォームのいずれかまたは両方によって課された料金が発生することがあります。

USDC送金(アウトバウンド)

イーサリアムネットワーク上での適切な取引(ガス)料金

USDC口座から外部アドレスにUSDCを送る場合、Circleイーサリアムネットワークの取引費用をカバーするために料金を請求します。

この手数料は、イーサリアムネットワークの現在の状況に応じて異なります。また、外部へのUSDCの送金を完了する前に、常に表示されます。

USDCカストディ

無料

サークルは現在、USDC口座にUSDCを保持することに関連していかなる保管費用も請求しません。 Circleは、分離勘定の資金を保持することにより生じ得る利息または利益を保持するものとします。

これらの理由から、あなたは常に、米ドルでの送金元を指定して、トークン化に関してUSDCをどれくらい受け取れるかを正確に知っておく必要があります。

Circleはイーサリアムのネットワークトランザクション(Gas)料金をカバーする金額をどのように計算しますか?

外部へのUSDCの引き出し額から控除された手数料は、取引がタイムリーに処理されるように、平均的なイーサリアムネットワーク取引(ガス)手数料をカバーするように設定されています。サークルは週単位で料金を見直し、更新し、イーサリアムネットワークの状態に応じて変更されることがあります。

 

ブラックリスト

USDCトークンはERC-20と互換性があり、ERC-20互換のデジタルウォレットで保管できます。ただし、ホワイトリストに登録されたアドレスにトークンが送信されたり、ブラックリストに登録されたアドレスからトークンが送信されたりすることを防ぐために、USDCCENTERによって、グローバルブラックリストが管理されています。ブラックリストに掲載する理由には、既知の不正または違法行為、法的秩序またはプロセスが含まれる可能性があります。ブラックリストに掲載されたアドレスで保有されているUSDC残高に関連付けられた引当金は、完全かつ永久に回復できない可能性があります。

 

追記

CENTERとは何ですか?Circle USDCとはどのように関連していますか?

CENTERコンソーシアムは、インターネット上でのフィアットの基準を確立し、CircleCoinbaseによって設立されたフィアットステーブルコインの世界的な普及のためのガバナンスフレームワークとネットワークを提供することを目指した合弁企業です。

USDコイン(USDC)は、CENTERの最初の安定したコインの実現であり、CircleCoinbaseUSDCの最初の商業発行者です。

どのように規制されていますか?

Circle Internet FinancialInc.は、米国におけるマネー・サービス事業としてFINCENに登録されています。

どのようにして顧客は、USDCが合致する準備金を保持しているあることを確認できますか?

フィアットステーブルコイン・フレームワークを実装し、トークン発行者になるCENTERのメンバーは、電子マネーを発行するために必要なすべてのライセンスを保持し、適用される法律を遵守し、公的に利用可能な財務情報を提供し、信任された第三者に承認を受けます。これには、発行された金額のトークンに対して準備金に計上されたすべての残高の完全な計上が含まれます。

Circle USDCでは、フィアット資金を当社のシステムに接続する際に、当社のバンキングパートナーの1つにこれらの資金を預金します。将来的にサークルは、流動性の高いAAA定額固定利付証券にこれらのフィアット資金を投資することもあります。

Circleは、公開開始後、centre.ioに関するUSDC関連のレポートを公開します。当社はGrant Thornton LLPに対し、当社が定めたUSDステーブルコイン・トークンに対するUSD準備金の正確性に関して一定の合意された手続を毎月適用するため、経営陣を支援する依頼をしました。

銀行や金融パートナーは誰ですか?

Circleは、業界をリードする複数のグローバル・バンキング・パートナー、および主要な公的会計会社および顧問ならびに一流の保険引受業者と協力しています。

米シルバーゲート銀行、USバンコープ・アセット・マネジメント(USBAM)を含むいくつかの銀行パートナーをUSDCに利用しています。シルバーゲート銀行は決済銀行として機能し、取引関連の活動はすべて管理されますが、USBAMUSDCの準備金を保有します。

当社はGrant Thornton LLPに対し、当社が定めたUSDステーブルコイン・トークンに対するUSD準備金の正確性に関して一定の合意された手続を毎月適用するため、経営陣を支援する依頼をしました。

以上簡単にはなりますがUSDCの簡易まとめになります。

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

関連記事

  1. GEMINIのCEOが発行するステーブルコイン「GUSD」

  2. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  3. USDTのコンセンサスについて

  4. Paxos – ホワイトペーパー

  5. テザー社のUSDTよりも優秀な「TUSD」

  6. 知っておくべき4つのステーブルコイン

  7. GUSD(ジェミニドル)- ホワイトペーパー

  8. MakerDAOの仕組みを簡単に要約&解説

PAGE TOP