メニュー ホーム

禁止されていた中国の仮想通貨取引所BTCCが取引再開

 

▼チャイナショック!! – 停止になった中国の取引所 –


2018年7月2日中国の仮想通貨取引所「BTCC」が取引所の再開を発表しました。

同取引所は、
2017年9月4日にPBOC(中国人民銀行)からの
ICO規制の発表後、2017年9月30日に
自主的にすべての取引を停止しました。
また、PBOCの発表につづくようにして、
中国の大手取引所の「Huobi」と「OKCoin」は
10月30日をもって取引停止を発表しました。
当時中国人によって仮想通貨市場は
おおきな出来高を維持しており、
価格も市場全体が高騰の波にありました。
当然、この「停止」によって
「チャイナショック」というおおおきな
下落局面をむかえました。

 

▼取引再開を発表した中国最古の取引所BTCCとその中身


取引停止の発表から約10ヶ月が経ちました。
再開時の取扱い銘柄は、
BTC、BCH、ETH、LTC
の4種類となっています。

取引所内には日本語ページは存在せず、
英語か中国語でしか使用できません。

BTCCの取引再開時に発表している、
取引所の独自トークンの存在について
おおきな話題をよんでいます。

BTCCプラットフォーム内の、
ポイントが鍵をにぎっていうようです。
最初は新規登録時に1000ポイント付与され、
KYCの承認をレベル3まで引き上げることで、
3000ポイント付与されます。

2018-07-04 6.36.59

その後どのような仕組みで、
いつ独自トークンとの交換が可能なのかは
わかりません。

今後の情報を待ちたいとおもいます。

 

CoinPicks

– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

– 仮想通貨市場の真実裏側

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –



カテゴリー:世界の仮想通貨情報 中国

タグ:

今井 涼二

2015年より暗号通貨の動向を追い続け、非中央集権からなる未来に心を奪われ没頭。ビットコインの技術動向を追いながらトレーダーとしての生活。その中で海外情報の重要性とその量からなる、情報の多さにコミュニティーを作り共有を始めたのがCoinPicksの始まりであり、約1ヶ月で450人が集まる。そこから今回より内容の濃いコミュニティーを作りたいということで「海外の仮想通貨情報を配信」を柱にオンラインサロンを立ち上げました。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください