メニュー ホーム

CBDC一覧表示 – まとめ –

▼27カ国がCBDCを検討中


現在多数の政府や中央銀行が国家通貨 (CBDC) の発行を検討しており、その数は当メディアが把握しているだけで27カ国にもなります。
各国、CBDCが国にもたらす影響を調査しており、慎重な判断を求められているのに対し、他国の事例を気にしているようにも見えます。

当メディアでは、過去に10カ国のCBDCについて紹介してきましたが、ここで一度おさらいも兼ねてまとめてみたいと思います。

 

▼過去に紹介したCBDC – 10カ国 –


イギリス – ロイヤルミントゴールド –

第1回 国家通貨の発行へ「イギリス編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

スウェーデン – eクローナ –

第2回 国家通貨の発行へ「スウェーデン編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

オランダ – DNBCoin –

第3回 国家通貨の発行へ「オランダ編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

エストニア – Estcoin –

第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

トルコ – Turkcoin –

第5回 国家通貨の発行へ「トルコ編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

ドバイ – emCash –

第6回 国家通貨の発行へ「ドバイ編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

アイルランド – アイリッシュコイン –

第7回 国家通貨の発行へ「アイルランド編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

サウジアラビア – 不明 –

第8回 国家通貨の発行へ「サウジアラビア編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

ベネズエラ – Petro –

第9回 国家通貨の発行へ「ベネズエラ編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

ロシア – cryptoruble –

第10回 国家通貨の発行へ「ロシア編」

より詳細を知りたい場合は、NOTEの方で私見たっぷりに考察を加えてありますので、是非ご覧ください。

 

今後紹介予定CBDC – 17カ国 –


今後執筆予定の17カ国に関しては、今回他メディア様の記事を引用してご紹介したいと思います。

イラン – 不明 –

 

カザフスタン – クリプトテンゲ –

 

ナイジェリア – 不明 –

リンクなし

 

カンボジア – Entapay –

 

インド – 不明 –

インドでCBDCの発行検討を正式発表

 

フィリピン  – 不明 –

リンクなし

 

中国  – 不明 –

 

日本 – 不明 –

日本に関しては、中央銀行によるCBDC発行ではないが、国内の主要銀行が検討していることでリストしてあります。

 

タイ – 不明 –

 

ハンガリー – 不明 –

リンクなし

 

ウルグアイ – eペソ –

 

ウクライナ – フリヴニャ –

 

ノルウェー  – 不明 –

 

スイス – eスイスフラン –

 

米国 – FEDコイン –

 

カナダ – プロジェクト・ジャスパー –

 

シンガポール – プロジェクト・ウビン –

 


公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方





カテゴリー:世界の仮想通貨情報

タグ:

今井 涼二

2015年より暗号通貨の動向を追い続け、非中央集権からなる未来に心を奪われ没頭。ビットコインの技術動向を追いながらトレーダーとしての生活。その中で海外情報の重要性とその量からなる、情報の多さにコミュニティーを作り共有を始めたのがCoinPicksの始まりであり、約1ヶ月で450人が集まる。そこから今回より内容の濃いコミュニティーを作りたいということで「海外の仮想通貨情報を配信」を柱にオンラインサロンを立ち上げました。