厳選!知っておきたい市場ニュース!!

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
CBDC(中央銀行が発行する仮想通貨)を利用すれば、資金の流れを追跡するだけでなく、どこで貸し出され、どこで支払いとして使われるかを管理することもできるようになります。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる

19世紀半ばには、いわゆる「フリーバンキング時代」と呼ばれる国、地方自治体、銀行、さらには大企業でさえも、国債を担保とした貨幣を発行していました。やがて、連邦政府が民間資金の存在を規制するようになると、単一通貨体制への統合が起こりました。

過去10年間、私たちはBitcoinが事実上ビザンチン将軍問題を解決することによって中央発行体の必要性をなくしたことで、民間資金の復活を望んできたといえるでしょう。それ以来、民間企業は政府発行の認可を受けて、ハイブリッド通貨を発行しています。

TetherUSDT)の発行残高は約50億ドル(約5,300億円)で、市場の約80%を占めています。これらのトークンの多くは、フィアット通貨と11で担保されており、それぞれの通貨は銀行口座のドルと非常に似ているといえます。唯一の大きな違いは、分散型の取引所や貸出プラットフォームなどのデジタル経済における利用が可能な点です。

現在の規模感で、通貨としての大きな違いを生む可能性は少ないが、P2P決済やオンライン市場で使用されることで成長する場合、Tetherのようにフィアットと1:1ペグを維持する義務はありません。発行体が90%の現金ではなく80%の現金を担保にすることにした場合、彼らはマネーサプライを拡大する中央銀行の義務を事実上果たしていることになります。もしそれが数千億ドルから数兆ドルの規模であれば、これらの調整が、フィアットが膨張している国の経済にどのように意味のある影響を与えるかを知ることになります。

現在では、連邦政府が通貨発行を独占しているため、このような事態が発生する可能性は低いが、中国人民銀行(中央銀行)と同様に、中央銀行が介入し、独自のデジタル通貨を発行する可能性は考えられます。

Single Currency – Public

上記のようなシナリオでは、民間が発行した通貨は、フリーバンク時代の後のように政府が貨幣の管理をはじめる前の概念実証の役割を果たしているにすぎないともいえます。これが金融政策の運営方法を変える可能性は低いが、極度の監視資本の時代を導く可能性はあります。

中央銀行は量的緩和を通じて、貸出金利を下げ銀行の貸し出しを増加させて経済に資金を供給します。それは最終手段のようなもので、それ以上に金融政策として経済にとって影響を与える施策はありません。しかし、CBDC(中央銀行が発行する仮想通貨)を利用すれば、資金の流れを追跡するだけでなく、どこで貸し出され、どこで支払いとして使われるかを管理することもできるようになります。

政府が仮想通貨の使用を義務付けることは想像に難しくありません。この種のシステムは、政府が金融システムを完全にコントロールすることを可能にし、新たな恐ろしい金融パニックを引き起こします。この場合、Bitcoinのような分散型通貨の必要性は痛々しいほど明白になるといえるでしょう。

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. イランが発行するCBDCと世界の反米の声

  2. 第6回 国家通貨の発行へ「ドバイ編」

  3. 第4回 国家通貨の発行へ「エストニア編」

  4. 仮想通貨に対して批判的だった国際決済銀行(BIS)の総裁が独自のデジタル通貨を発行する必要性について…

  5. 第3回 国家通貨の発行へ「オランダ編」

  6. 第5回 国家通貨の発行へ「トルコ編」

  7. ロイヤルミントゴールド(RMG)について

  8. 第1回 国家通貨の発行へ「イギリス編」

  9. タイは独自通貨の発行を検討

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. BlockChainJam2019 supported by ビットポイントジャ…
  2. Avalancheについて|ブロックチェーン3.0
  3. インターネットの定義とEthereumの定義 PART2
  4. 匿名通貨と規制状況|Monero、Dash、Zcash
  5. インターネットの定義とEthereumの定義 PART1
  6. ライトニングネットワークの現状
  7. プライベートブロックチェーンについて再考する
  8. 51%攻撃が資産価格に与える影響
  9. ステーブルコインの近況
  10. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
PAGE TOP