ロイヤルミントゴールド(RMG)について

ロイヤルミントゴールド(RMG)とは


英国王立造幣局(*1)とCMEグループ(シカゴ・マーカンタイル取引所)が共同で考案した、金1gを担保に発行される仮想通貨がロイヤルミントゴールド(RMG)になります。

*1英国王立造幣局:1000年以上前に設立された、国外展開を行っている世界有数の造幣局。(英名:Royal Mint英国で流通する全ての貨幣を製造

1RMGの保有は、1g(純度99.9%)の純金の直接的な所有権を得ます。
所有権は、Prova for RMGと呼ばれるプライベートブロックチェーン上で証明されており、ユーザーは、RMG BlockExplorerで所有権の確認と、発行されたRMGに担保された金の総量が一致しているかどうかの確認と証明が可能です。

Provaというのは、オープンソースで開発されているプライベートブロックチェーンという部分が、他のブロックチェーンと異なり、開発状況が全て公開されています。
ちなみにProvaは、ビットコインのブロックチェーンに非常に似ていると言われており、その理由としてBitcoin coreと呼ばれるビットコインを利用するために必要な、ソフトウェア大元になっているからです。
もう1つ豆知識として、「Prova」というのは「Poof」のイタリア語です。

*現在はProvaは、開発中でありα版になります。

「担保の証明」は、米ドルを担保に発行されたTether社のUSDT問題から如何に重要かが分かり、価値の源泉が担保したモノに依存することから、その証明がオープンに公開されていることは、ユーザーにとって大きな安心感と購買意欲に繋がります。

また、ユーザーは保有分のRMGを、いつでも金現物に交換が可能です。

ロイヤルミントゴールド(RMG)に関する情報整理


The Royal Mint(王立造幣局)が、2017年末までにロイヤルミントゴールド(RMG)発行の発表をしました。

The Royal Mintは、最初に10億ドル相当のRMGを発行し、後に追加するということを述べています。
イギリスの金保有率は、2018年8月2日のデータで310.29tとなっています。
RMGの発行が示唆されていた、2016年末で金は約3,800万ドル / tです。
イギリスが発行できるRMGの最大発行枚数は、約117億ドル分となります。
最初に10億枚発行するということは、約9%分を初期発行する予定ということになります。

しかし、実際には取引するプラットフォームは、2017年4月の段階でテスト段階であり、正式な取引開始の日付は明かされていません。

RMG発行の際に担保される金は、The Royal Mintによる毎日の監査と、6ヶ月ごとの外部監査があります。
また、担保された金の保管費や管理費等は必要ありません。
通常、金の保有に関しては、自己保有では盗難などのリスクがあるため、信頼できる保管業者に預けます。
当然そこには費用が発生します。
これは、The Royal Mintに金の保管を任せるメリットになります。

また、RMGはデジタル通貨である為、「金」の移転を容易にします。
これは、金のデメリットを解消することになります。
さらに、価格は少数点以下の6桁まで表示することができる為、金実物では不可能な移転まで実現可能になります。

* RMGの所有にはBitGo(*2)ウォレットが必要になります。

*2:BitGo:高レベルのセキュリティーを提供するマルチシグ対応ウォレット。Bitfinexのハッキング事件で、BitGoが提供するマルチシグに脆弱性があったことで話題を呼びましたが、脆弱性について同社は否定しています。

オンラインサロンでは、さらに深くRMGに関する情報を追いたいと思います。

・RMGのPOSを採用について

POSの採用について

POSへの疑問と対応策

・RMGは実際に発行されているのか?

・RMGはCBDCなのか?

etc…

CoinPicks


仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています

 Twitter

仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所です –

CoinPicks – オンラインサロン


第1回 国家通貨の発行へ「イギリス編」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
仮想通貨の話題は、2017年のICOブームからハードフォークブームへ変わりました。
そして今、2018年は規制案の確立から国家発行のICOブームが待ち受けています。

今回は、順番に17ヶ国で予定されている国家通貨の概要を簡単にお伝えします。
ブームが来る前に、ある程度の知識は必要不可欠です。

オンラインサロンのレポートでは、各国の英文や論文など、日本のメディアではなかなか見ることのできない詳細内容を、私見たっぷりに配信します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

▼第1国家通貨の発行へ「イギリス編」


ヨーロッパの北西に位置する島国で首都ロンドンは、金融と文化の中心地として多くの人類を導いてきました。
しかし、現在はEU離脱問題で国内は今も議論が続いています。
今年の10月頃には離脱か残留かが決定するが、国民投票によって離脱派と残留派の意見はほとんど半々になっています。  (残留派の意見が強まりつつある)
10月に離脱か残留かが決まり、同国にとって1つの節目になることには間違いありません。

 

▼イギリスの国家通貨「RMG」とは…


そんなイギリスで流通する貨幣を1000年前から製造しており、中央銀行的役割を担っている「英国王立造幣局」、通称ロイヤルミントが独自通貨を発行宣言をしています。

その名もロイヤルミントゴールド” (RMG) と言われています。
SBI証券もRMGに関する紹介を自社サイトで行っています。
RMG
のホワイトペーパーはこちら。
https://rmg.royalmint.com/wp-content/uploads/2018/01/RMG_Factsheets_Brochure_JAN18-Digital-Gold-v3.pdf

全てのRMGは、ブロックチェーン上のIDで管理されており、「金1g=1RMG」のレートで固定されています。
管手数料は無料で、金の監査は毎日行われ、6ヶ月に1度は第三者監査を行うようです。

このRMGは金を担保にした仮想通貨。

とてもシンプルですが、奥が深くお金の条件とも言える「希少性」「耐久性」「移転可能」「分割可能」「実物がある」という5大要素をすべて満たします。

イギリスと言えば戦争に1度も負けたことがなく、陰謀論などで影の支配者などと話を聞きます。
今回のRMGもその伝説の始まりなのでしょうか?
どちらにせよ、金にペグされた仮想通貨はイギリスのみならず他国も注力しており、比較した際の位置付けがどうなるのか分析する必要がありそうです。

 続きはオンラインサロンにて
https://lounge.dmm.com/detail/761/