仮想通貨「BEAM」の2019年ロードマップを日本語で公開

BEAMは2019年BEAM CoreとBEAM Complianceという2つのコンセプトを発表しました。各国の規制とルールに遵守しながらも、ライトニングネットワークやアトミックスワップ、秘匿可能なトークンなど期待が高まるロードマップとなっています。記事ではこれらの詳細と全貌をお伝えしたいと思います。


BEAMのロードマップの全貌

BEAMから2019年のロードマップの発表がありました。同社は複数の企業や個人ののために機能する通貨を目指しており、活気に満ちたエコシステムを構築し、使いやすさの向上と市場の採用を拡大し、世界のインフラストラクチャを目指します。

BEAMプロジェクトの主要な活動は2つのカテゴリーに分類されています。

  • BEAM Core
  • BEAM Compliance

順番にその中身を説明していきたいと思います。

 

BEAM Core

ネットワークの維持と改善に重点を置くことで、市場に普及させるために開発を中心としています。

BEAMは2019年のロードマップ5つに分類しました。

  • Agile Atom
  • Bright Boson
  • Clear Cathode
  • Double Doppler
  • Eager Electron

BEAM Coreの中の5つの分類として順番に説明していきます。

Agile Atom

2019年1月 – 2月

  • ドキュメントの完成
  • エコシステムに関するAPIの完備を目指す
  • ライトニング・ネットワーク実装に向けた研究

ライトニング・ネットワークを実装することで、高速なトランザクション処理が可能となりスケーラビリティの向上に繋がります。BEAMのTPS(処理速度)は1秒あたり17トランザクションと言われており、ライトニング・ネットワークを使用することで、数万規模の処理速度に達することが可能となります。

 

Bright Boson

2019年3月

  • BTCとのアトミックスワップを実装

アトミックスワップが実現することで第三者不要でBTCとの取引が実現します。

  • ハードウェアウォレットへの対応

Mimblewimbleは仕組みがその他の暗号通貨プロトコルとは異なります。ゆえにハードウェアウォレットに対応するための特別なサポートが必要になります。

  • Androidウォレット β版

2月にベータ版がリリースされ、3月末までにローンチ予定です。

  • ライトニング・ネットワークのPoC実施

PoCとは、Proof of Conceptの略で、「概念実証」という意味です。新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションを指します。

  • BTCpayを含む決済プラットフォームへの実装

BEAMでの支払いを簡単に受け付けることができるように、BTCPayおよびその他のサービスと統合するように努めるとのことです。

 

Clear Cathode

2019年6月

  • マイニングアルゴリズムの変更

  • iOSウォレット

Androidウォレットに続いてのローンチ予定です。

  • マルチシグサポート

マルチシグ対応することでエスクローサービスが可能となります。

  • アトミックスワップ対応の取引マッチングボード

注文を管理して流動性を高めるためのマッチングボード。

  • ライトニング・ネットワーク α版

α版はまだ機能が不足している試作品として、β版の1つ前の段階のことを指します。

 

Double Doppler

2019年9月

  • 代替的コンセンサスアルゴリズムの研究:

ナカモトコンセンサスに変わる新たな合意(コンセンサス)GhostDAGは非常に有望とのことです。

  • ノードの増加

ノードの採用を増やし分散化を目指す。

  • ウォレットセキュリティの強化

二要素認証と表示専用、受信専用、および使用制限のあるウォレットを開発

  • ライトニング・ネットワーク β版

 

Eager Electron

2019年12月

  • PoWアルゴリズムの変更

2回目で最後となるハードフォークによるマイニングアルゴリズムの変更。

  • I2P/Tor の対応

プライバシーを向上させるために、TorおよびI2PネットワークでBEAMノードとウォレットを実行できるようにする予定です。

  • Boneh-Lynn-Schaham (BLS) の採用

Boneh-Lynn-Schaham(BLS)シグネチャはシュノア署名よりもコンパクトでシンプルなマルチシグ実装が可能です。

  • 代替コンセンサスアルゴリズムの研究

調査に基づいた概念実証を行います。

  • メインネットでLightningの正式リリース

 

BEAM Compliance

監査とコンプライアンスに重点を置くことで、各国の規制に遵守し連携していくことを中心としています。

Beam Complianceにより、BEAMの取引を完全に機密にしておくことができますが、ユーザー自身が開示の選択をすることができ主権を握ることができます。これを実現するために同社は様々な金融界と暗号通貨界とパートナーとして協力していきます。

Q1では適切なパートナーを選定して、ユースケースと規制環境および市場投入戦略の定義について議論をします。

Q2ではCompliant WalletのPOCをリリースします。

Q3ではフィードバックに基づいて、当社の準拠Walletのα版および規制とインターフェースのα版を作成およびリリースします。この時期から規制当局へのアプローチも開始します。

Q4では監査用インターフェースをローンチします。また2020年に向けての準備をします。

この他にもProject Luminiにも重点をおいた活動をしていくとのことです。

 

Project Lumini

Beam CoreとBeam Complianceに加えて、Project Luminiにもいくつかのリソースを投資することを公表しています。

Project Luminiとは、BEAMのサイドプロジェクトでイーサリアムのブロックチェーン上で独自のトークンを発行することができ、Confidencial Assetsの機能を有しているため機密性の高いトークン生成が可能になります。Confidencial Assetsによって取引をしている者同士しか取引数量を知ることはできず匿名性の向上に繋がります。

Project Luminiの目標は、BEAMブロックチェーンと1つ以上のスマートコントラクト間のブリッジを作成することで、他のチェーン上のアセットをBEAMのチェーン上で発行して、MWで秘匿アセット化することで資産のプライベートを守ります。

サイドプロジェクトには他にも、BEAM Lightningというものがあります。

これはBEAMにライトニング・ネットワークを実装することを目的としています。ライトニング・ネットワークによる処理が実現することでTPS(処理速度)を向上させることが可能となります。現在のTPSは1秒間に17トランザクションと見積もられています。

 

まとめ

とにかく魅力的な技術は盛りだくさんで期待が大きく膨らみます。期待値だけ上げて実装できず延期がセオリーなこの界隈ですが、イスラエル出身者が多いBEAMの開発陣の技術の高さはコードレビューワーの称賛からも界隈では有名になっています。

多くのプロジェクトが国毎の規制やスケーラビリティに悩まされていることを考えると、あらかじめそれを念頭において進めることのできるBEAMのロードマップのスピード感にも納得がいく部分があります。

メインネットがローンチされてから約3週間たった今、筆者も様々なBEAMコミュニティーに属しながら、その対応の迅速さと盛り上がりには感心するばかりです。まだ始まったばかりのプロジェクトですが2019年の躍進を応援したいと思います

原文

BEAMについてもっと知りたい方はこちらもご覧下さい。

[blogcard url=”https://coinpicks1.wordpress.com/beam/”%5D

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

Mimblewimbleについて日本語で理解する

Mimblewimbleに関する情報サイトが公開されました。どんな情報サイトなのか簡単な紹介をさせて頂きます。


Mimblewimbleの情報サイト

Mimblewimbleに関する情報サイトが公開されました。

Mimblewimble(以下MW)に関する歴史から基礎知識、そしてプロトコルに使用されている技術に関する説明を大変わかりやすく説明して頂いています。ホワイトペーパーやgithubでMWに関する知識を得ようとしても専門的な用語や難しい言い回しが多く、せっかく興味をもって調べはじめた初心者のハートをブレイクしてしまいます。

それに相場の影響もあってか、まだまだ日本ではMWに関する認知が低いのも現状です。(聞いたこともないという人も以外と多いのではないかと思っています。)

下記サイトであれば、日本語でMWに関する豊富な知識を得ることができるので、ぜひ一度目を通してみてください。

https://mimblewimble.jp

サイトの中身を少し紹介させて頂きます。

「Mimblewimbleの短い歴史:ホグワーツからモバイルウォレットへ」

MWの歴史について学ぶページです。

MWの歴史を語る上で必ず紹介されるハリーポッターとの関係についてからはじまり、誰がどのようにしてMWを世に広め、MWを実装したGrinやBEAMがどのように誕生したかまで学ぶことができます。

2019年の暗号通貨界隈でひとつのキラーワードになるであろうMWと、それを実装したGrinとBEAMのについて今後より一層注目を集めることとなるでしょう。

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

Haven – ホワイトペーパー

Havenプロトコル白書V3.0.0

追跡不能な取引をオフショア・バンキングに

はじめに

ビットコインは電子P2P通貨の道を開きました。 これは、信頼上の暗号証明に基づいてトランザクションの分散元帳を正常に実装する最初のデジタル通貨でした。 デジタル通貨の使用は、従来の方法よりプライバシー、匿名性、使いやすさに優れ、安い手数料と短時間で世界中の通貨を移転でき、指数関数的に増加しました。

しかし、ビットコインは、急速な規模増大と予期しない問題のために、これらの分野の多くで、ユーザーに欠点を与えています。手数料が高くなり、取引時間が長くなりすぎ、プロトコルの匿名性に欠陥が発見されました。

これを改善するために、問題のいくつかの修正を意図した多くのアルトコインが出来ました。新しいコインは、従来の問題に対処し、より素早く動くことができます。 これらの新しい通貨のうち最も顕著なものはモネロ(XMR)です。 真に匿名のプロトコルです。

Havenプロトコル

Havenは、標準的な市場価格と安定した価値保存を組み合わせた、トラッキング不可能な仮想通貨です。 これには、持続不可能なペグや資産の裏付けはありません。デュアルコインブロックチェーンでこれを実現します。 ユーザーはHavenXHVUSDと同じ価値を持つHavenXHVDで、ミントアンドバーン(生成と償却)することができます。

HavenプロトコルはXHVが市場の自然価格動向にさらされることを可能にしながら、XHVが安定した価値のHaven DollarsXHVDを作成するためにXHVをバーンすることによって供給量の変動を容易にします。

HavenMoneroのフォークであるため、有名な隠密性と匿名性を継承しています。Havenにはまた特別なプライバシー保護のためにRingCTを使用してブロックチェーンを最初から開始するという利点もあります。さらに、Haven’s Offshore Storage(オフショアストレージ)は、プライバシーを意識した個人が、市場変動の影響を受けずに、追跡できない通貨でお金を保管できることを意味します。

オフショアストレージがHavenから外に出すことなく通貨を保管することを可能にします。

言い換えれば、これはあなたのバックポケットにスイスの銀行口座を持つことに似ています。

オフショアストレージ

オフショアストレージとは何ですか?

オフショアストレージはHavenプロトコルのコアコンセプトであり、Haven Dollars [XHVD]のためにHaven [XHV]の生成と償却を可能にします。またその逆もあります。

要するに、XHVをオフショアストレージ(償却)に送ると、償却されたXHVに相当するUSD値のXHVDを生成します。この残高は、Havenのブロックチェーンから消えることはありません。そのため、ユーザーは完全に追跡することができません。

デジタル通貨は伝統的な銀行システムからお金を引き出しておける便利な方法です。頻繁に変動する価格と重要な価値を失うような脅威なく、貯蓄できる場合にのみおいて

オフショアストレージを使用すると、最先端のデジタル通貨のプライバシーを得ながら通貨の価値を保全することができます。これにより、オフショアストレージは、従来のシステム以外でデジタル通貨の変動に晒されたくない大量の金額を保管するのに最適です。

どうやって?

Havenは、「ミントアンドバーン」と呼ばれるシステムを使用して、価値を維持しています。

実際には以下のように動作します。

ボブが200XHVをオフショアストレージに入れたいとします。 オフショアストレージにXHVを置くと、あなたはXHVコインを償却してXHVDコインを生成します。これは Havenでの‘$USD相当を表します。

オフショアストレージは、サポートされている取引所間のボリュームの加重平均に基づいて、そのXHVDの現在の市場価値を決定します。これは価格オラクルを使用して行われます。

XHVの現在価値が$1であれば、オフショアストレージはボブの要求に応じて$200相当のXHVを記録します。送られた200XHVはその後XHVDに償却され、総貨幣供給は減少します。 Havenの価格が$2に移行し、ボブがオフショアストレージにアクセスすることに決めた場合、彼は100 XHV100 * $2 = $ 200 =当初の価値)を受け取ります。反対のことが発生し、XHVの価格が$0.50になると、400枚のコインが発行され、ボブに送られます(400 * $ 0.50 = $ 200=当初の価値)。

最初に、新しいコインを生成すると総マネーサプライが増加し、コインの価値が低下すると思うかもしれません。

実際には、これは少し異なります。

「ミントアンドバーン」法は、インフレや総供給の動きに基づく通貨評価の変動を避けるために、通貨経済学で説明されているモデルを利用しています。

この理論によれば、MV = PTであり、

M =マネーサプライ

V =お金の速度

P =平均価格レベル

T =取引量

貨幣供給の増加は、一定の速度と取引量(経済モデルの前提)によって、物価水準を上昇させる(インフレ)はずです。 ここでの問題は、Havenのマネーサプライが常に不明であることです。採掘される1840万のXVH(テールエミッション前)があるにもかかわらず、「ミントアンドバーン」は、資金供給が自由に変動することを可能にします。Havenのブロックチェーンが転送されたHavenの量や、転送されたWalletのアドレスも明らかにしないので、速度も暗号化され判断できません。このため、総供給量に基づいて通貨を評価することはできません。

この情報を隠すことを可能にする暗号化メカニズムは、Havenを伝統的なシステムに対し真の幽霊とするものです。

リングシグネチャ、リング機密トランザクション、この非トレーサビリティをもたらすステルスアドレスの詳細な内訳については、Havenプロトコルが継承するMonero Research Lab(このペーパーの最後にリンクされています)からの論文を読むことをお勧めします。

オフショアストレージは、冗長性と価格の正確さを考慮して、ネットワークが成熟した段階に達したらすぐに導入されます。現在注目されているのは成長、安定性、プライバシー、日常的なトランザクションの使いやすさです。使いやすい携帯ウォレットアプリで誰でも仮想通貨の事前知識なしに使用できます。

オフショアストレージの使用事例

店舗にてHavenで商品を購入できるPOS /支払いゲートウェイシステムでは、価格の変動から保護するために、USD /金額の値をすぐにロックすることができます。これは、ウォレットアドレスや残高が明らかにされていないので、店舗のビジネスと収入をブロックチェーンに完全に隠すという追加の利点があります。

伝統的な銀行システムの外に多額の資金を保管すること。プライバシーに焦点を当てた仮想通貨はこれには最適ですが、価値が変動するため維持するための信頼できる方法がないため保持のプロセスが高価になる可能性があります。Havenのオフショアストレージに送信するだけで、暗号化された追跡不可能な米ドルが作成されます。

供給と放出

総供給:テール・エミッションとオフショアストレージ前に18,400,000

コイン記号:XHV

コインユニット:1 (ピコヘブン)picohaven / havtoshi = 0.000000000001 XHV10 ^ -12 – 最小単位)

1ナノヘブン= 0.000000001 XHV10 ^ -9

1マイクロヘブン= 0.000001 XHV10 -6

1ミリヘブン= 0.001XHV10 ^ -3

ハッシュアルゴリズムCryptoNight_HavenCryptoNight_Heavy tweak – Proof-Of-Work

ブロック時間:120

追記

HavenMoneroのフォークであり、モネロからすべてのホワイトペーパーと学術研究を継承しています。

MRL-0001CryptoNote 2.0のトレーサビリティにおける連鎖反応に関する注意事項

https://lab.getmonero.org/pubs/MRL-0001.pdf

MRL-0002CryptoNoteプロトコルを採用した仮想通貨内でのMerkle Treeエクスプロイトによる偽造

https://lab.getmonero.org/pubs/MRL-0002.pdf

MRL-0003:モネロはそれほど神秘的ではありません

https://lab.getmonero.org/pubs/MRL-0003.pdf

MRL-0004CryptoNoteプロトコルの難読化の改善

https://lab.getmonero.org/pubs/MRL-0004.pdf

MRL-0005:リング署名機密トランザクション

https://lab.getmonero.org/pubs/MRL-0005.pdf

原文

https://havenprotocol

https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

CoinPicks Lab内では以上のテーマでもう一歩踏み込んで解説しております。
もっと知識を深めたい方はLabでお待ちしています。
CoinPicks Labとは? | CoinPicks|仮想通貨の価値を伝える