厳選!知っておきたい市場ニュース!!

合法化に向かう大麻と日本

大麻(麻)に関するアンケート結果
https://twitter.com/imai_ryouji

 

日本で大麻普及を目指すアカウント紹介

つい先日カナダでは娯楽用の大麻が解禁されました。

大麻というと、日本ではどうしても「悪」の印象が強いのではないでしょうか。

それは、小学生の頃から「ダメ絶対」とまなび、その理由を思い返してみると、あまりにも偏った事例だったことがわかります。ここではあえて、大麻に関する詳細は割愛致します。その代わりに、日本で大麻のことをひたすら呟いているアカウントを紹介します。

 

大麻に関するアンケートの結果から

日本では大麻は当然禁止されています。

しかし、世界的には大麻の合法化がどんどん進んでおり、米国ではなんと29州ですでに合法化しているのです。

そんな我が国で私はアンケートをとりました。

“大麻についてあなたの意見は?”

票数91票
反対派:31% – 28人
賛成派:58% – 53人
すでにやっている奴:11% – 10人

なんと、意外な結果になりました。

そしてこのようなコメントも頂きました。

国内メディア等では、悪一色の大麻産業ですが、個人に注力したときには、これほどまでにしっかりとした意見をお持ちの方がおおく、近年、あらたなムーブメントを生む可能性があると確信しました。

 

CoinPicks


– 仮想通貨の質問悩みについて筆者がズバリお答えします –

友だち追加

リアルタイムで仮想通貨の情報収集しています –

 Twitter

– 仮想通貨市場の真実裏側

CoinPicks – 音声対談 –

–  CoinPicksは「学ぶ」「動く」「繫がる」場所ですー –

CoinPicks – オンラインサロン –



関連記事

  1. OTC取引からみる仮想通貨の需要

  2. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める

  3. 仮想通貨に対して批判的だった国際決済銀行(BIS)の総裁が独自のデジタル通貨を発行する必要性について…

  4. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価されている

  5. サラリーマンへの疑問と年収が上がらない理由

  6. cryptoeconomicsについて考える Vol.3

  7. Githubで最も開発が活発な20のブロックチェーンプロジェクト|その多くがイーサリアム上で構築

  8. cryptoeconomicsについて考える Vol.1

  9. ブロックチェーンにおける2種類のガバナンスとは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP