厳選!知っておきたい市場ニュース!!

ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

ビットコインの需要の高まり
Grayscale Bitcoin TrustGBTC)の運用資産(AUM)は、10ヶ月ぶりの最高値の14.2億ドルに達しました。4月末までに、Grayscale(グレースケール)は225,638BTCを保有しており、Bitcoinの総循環供給量の約1.3%に該当します。


この記事はTHE BLOCKから送られてきたPDFを元に日本語訳しております。

Institutional demand for bitcoin appears to be increasing

THE BLOCK

Grayscale Bitcoin TrustGBTC)の運用資産(AUM)は、10ヶ月ぶりの最高値の14.2億ドルに達しました。4月末までに、Grayscale(グレースケール)は225,638BTCを保有しており、Bitcoinの総循環供給量の約1.3%に該当します。つまりGBTCBitcoin保有量は、4月に史上最高値を記録しました。これは機関投資家の需要が増加していることを示しています。

GBTCは、Bitcoinにのみ投資する14億ドルのクローズドエンド型ファンドであり、おそらく最も優れた指標と言えます。データは機関投資家の需要が増加していることを示しています。

GBTCに直接投資できるのは、適格認定投資家のみで、最低投資額は5万ドルとなっています。グレースケールによると、投資家の80%が直接的に投資可能となっており、2018年は機関投資家(66%)と一般投資家(14%)が投資をしました。

GBTCは投資家自身の名義で株式を所有する伝統的な投資手段を通じてBitcoinのエクスポージャーを得る機会となっています。Xapoはグレースケールに代わってBitcoinをコールドで保管しており、グレースケールは経費率2%を請求しています。

経費率請求による収益性は高く、The Blockの推計によると、グレースケールは過去三年間にGBTCから5200万ドルの手数料を徴収しました。2017年には1490万ドル、2018年には2730万ドルもの手数料を徴収しています。

Bitcoin1215日から135%上昇して9ヶ月ぶりの最高値を記録したことで、GBTCの価格も上昇しました。GBTCの価格は、2月初めから124%上昇し、628日に8ヶ月ぶりの高値をつけました。

GBTCの管理下にある資産、ここではファンドに保有されているすべてのビットコインの価値は、628日に10ヶ月で最高の142000万ドルに達しました。

4月末までに、グレイスケール社は225,638BTCを保有しており、これは流通している全供給量の約1.3%にあたります。

Bitcoin Trustの全ビットコイン保有比率は4月に過去最高に達しました。

Bitcoinの流入は4月に過去最高に達し、機関投資家の需要が高まっていることを示しています。実際、4月のBitcoinの流入(11,236BTC)は、それ以前の4ヶ月間とほぼ同じでした。

Bitcoinの流入額を米ドルに調整すると、4月にはグレイスケールの保有資産に5820万ドル近くが追加され、201712月の強気相場のピーク時には6080万ドル近くに達しました。

もう一つの興味深い指標は、GBTCの価格と純資産価値との関係です。

GBTCの株価は純資産価値よりも高く取引されるため、投資家はBitcoinを直接購入するよりもプレミアムを支払うことになります。これは、GBTCの価格が需要と供給によって決定され、大多数の投資家が 「物理的な」 Bitcoinではなく証券を所有することを好むためです。

GBTCプレミアムの増加は、GBTCに対する需要が増加していることを示しています。したがって、機関投資家の関心も高まっています。これまで、プレミアムは、20175月と20178月に100%を超えており、現在、プレミアムは40%近くに達しており、12月以降一貫して上昇しており、市場のセンチメントは変化しています。

同様の傾向は、GBTCの月間取引量を見ると、2018年初頭よりも5月の方がまだかなり低いものの、ここ数カ月は明らかに増加傾向にあることがわかります。

GBTCのデータを評価した結果、この数ヵ月で傾向が逆転したことが明らかになりました。同ファンドは現在、Bitcoin総流通量の約1.3%を保有しており、4月には過去最高の11,236BTCを記録しました。Bitcoinの流入額を米ドルに調整すると、4月には5820万ドル近くが追加されており、これは201712月の上昇相場のピーク時に追加された6080万ドルとほぼ同水準です。同様の傾向は出来高にも見られ、出来高も増加し始めています。

この記事はTHE BLOCKから送られてきたPDFを元に日本語訳しております。

メールアドレスで無料レポートを受け取る

Join Lab Now

関連記事

  1. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める

  2. ビットコインにおけるUTXOとは

  3. cryptoeconomicsについて考える Vol.2

  4. ビットコイン発行上限を迎える2140年以降のマイニングインセンティブについて考える

  5. 仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)にフェイスブック「Libra」が上場する意味

  6. ライトニングネットワークが世界に与えるインパクト

  7. 合法化に向かう大麻と日本

  8. ビットコインにおけるトランザクションの仕組み

  9. 暗号資産の分析概要と結果 – Bitcoin(BTC)

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

新着記事

  1. Ethereumに対する潜在的な意見|282人によるアンケート
  2. ブロックチェーンのレイヤー構造について知ることで理解を深める
  3. ERC998について学びユースケースを考える
  4. BlockTower Capital|レイヤー1プロトコルへの投資は過大評価され…
  5. ERC1155について学びユースケースを考える
  6. StarkExchangeとは
  7. StarkDEXとは?
  8. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK PART2
  9. LEOとBNBの比較 – THE BLOCK
  10. ビットコインの需要の高まり – THE BLOCK

Bitcoin – Lab

Ethereum – Lab

Q&A – Lab

PAGE TOP