コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

▼BCHでコンビニ決済


間もなくビットコインキャッシュ (BCH) が、日本国内のコンビニ決済に使用できるようになると話しています。 (明確な日付は未定)
▶︎ こちらがその会話の動画です。

コンビニは日々の生活の中に浸透しており、そこに行けば大抵のものは購入できます。
つまり、
仮想通貨でなんでも購入できる、仮想通貨ホルダーが待ち望んでいたことが実現されようとしているのです。

 

▼市場への影響は…


市場への影響は、当然ポジティブに働くことでしょう。
それは、価格が上がるという単純な意味ではありません。

コンビニで、スマホをかざすだけで決済ができるようになります。
これだけでは、ApplePayと何ら変わりはありません。
重要なのは、仮想通貨に決済としての実需が生まれるということなのです。
そして、法定通貨なしで生きていける経済圏ができるということにあるのではないでしょうか。

 

▼おまけ


ちなみにタイでは、現地のファミリーマートがビットコイン決済を導入しており、意外な潜在的需要を見つけています。
それは、学生による決済需要です。
学生は銀行口座が作れないので、親からの仕送りなどデビットカード方式で使用しています。

 

公式LINE – 初心者の方推奨 –

初心者の方に向けた仮想通貨市場やニュースの基礎を解説
仮想通貨に関する質問や悩みをサポート

友だち追加

オンラインサロン

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独自の私見と考察をたっぷり加えて配信しています。
また当サロンでは、下記のような方に人気があります。

30代の仮想通貨に対して不安がある主婦の方
20代の情報が追いきれていないサラリーマンの方
もっと仮想通貨のことに詳しくなりたい方
仮想通貨に関するプロジェクトを立ち上げたい方

https://lounge.dmm.com/detail/761/





関連記事

  1. 米中貿易戦争がついにはじまった!仮想通貨にはポジティブ材料?

  2. 元リップル創業者がXRPを大量売却の可能性 – 2018.9.25

  3. 40代以上のシニア層に仮想通貨をはじめてもらう重要性

  4. 医療サービスの根本から革命を起こすEMIトークン

  5. EOSは想像以上に中央集権化している – 2018.9.29

  6. ウィンクルボス兄弟、世界で初の米ドルに連動した価格安定通貨を発行

  7. 仮想通貨取引所「バイナンス」の日本撤退からはじまった市場の変化

  8. CBOEの仮想通貨ETFは延期を発表

  9. P2P仮想通貨取引への移行を見越すインド中央銀行

PAGE TOP