厳選!知っておきたい市場ニュース!!

米国の仮想通貨に対する規制法案と現状

2018年12月20日のCNBCの報告によると、米国議会の2人のメンバーが暗号通貨の法的地位に関する規制の明確化によって、伝統的な証券の定義からデジタルトークンを免除する法案を提案しました。そして現在米国の国会議員は、ビットコインとイーサリアムのみをコモディディ(商品)とみなしています。しかし、既存の金融商品に関連する法規格は暗号通貨に対応するためだけに更新されないことを明確に述べました。


市場に対する規制とイノベーション

法案では、数十年前の証券の定義からデジタルトークンを除外しています。これは、さまざまな金融商品に適用され、保有者にとって金銭的価値を保有するあらゆる種類の取引可能資産を広く指します。

声明の中で、Davidsonは次のように述べています。 「インターネットの初期の頃、議会は確実性を提供する法律を可決し、市場を過剰に規制する法案に抵抗しました。私たちの意図は、アメリカの経済とこの革新的な分野でのアメリカのリーダーシップのために同様の勝利を達成することです。」

消費者保護および投資詐欺防止は、デジタル資産の成長を妨げる規制当局および議員にとって重大な関心事です。障害は正当化されます。暗号通貨市場が2018年1月の8,000億ドルの評価から2018年12月には1,290億ドルまで下落したため、投資家は2018年に6,700億ドル以上を失いました。

 

既存の法規制は暗号通貨の為に変化しない

機能的な製品や注目に値する使用例がないにもかかわらず、トークンのスタートアップや暗号通貨の提案者は、Howeyのテストをデジタル通貨に適用するというアイデアに挑戦しています。興味深いことに、この法律は、1946年に米国最高裁判所が柑橘系の果物農家を対象とした判決を下して導入されました。

当時、最高裁判所は、個人が将来の利益を見込んで企業に投資した場合、その取引は「投資契約」として定義されていると判断しました。投資契約による利益は単にプロモーターまたは同等の第三者の努力によるものです。

ただし、専門家は、通貨の基盤となるネットワーク上に構築できる一連のブロックチェーンアプリケーションに至るまで、暗号通貨は単なる投資手段以上のものであると考えています。さらに、彼らは取引を容易にするためにサードパーティの仲介者を必ずしも必要とせず、代わりに世界中に存在するユーザのピアツーピアネットワークに頼ろうとしています。

現在、米国の国会議員は、ビットコインとイーサリアムのみをコモディディ(商品)とみなしています。これは、トークン固有の分散化された性質と、2つの通貨の開発およびマーケティング活動を主導する中央機関の欠如によるものです。

その間、資産クラスは議会法案が可決されるまでにはまだ長い道のりがあるかもしれません。2018年、米国証券取引委員会委員長のJay Claytonは、既存の金融商品に関連する法規格は暗号通貨に対応するためだけに更新されないことを明確に述べました。

Congress Members Seek to Exclude Cryptocurrencies from the Definition of a Security

 

CoinPicks LINE@

おかげさまで現在お友達が1057名を突破しました。仮想通貨の最新情報や重要なファンダ情報などを「プッシュ通知」にて誰よりもはやくお届けします。

CoinPicks Lab

学習項目
 
  • 分析レポート
  • Bitcoinについて
  • Ethereum経済圏について
  • ST(セキュリティートークン)について
  • PoS型プラットフォームトークンについて
  • ステーブルコインについて
  • コンセンサスアルゴリズムについて
  • トークン設計について
  • 流通設計について
  • CBDCについて
  • 各インフルエンサーによる特化した情報
  • Q&A項目の共有
  • 基礎学習
  • 掲示板

https://lounge.dmm.com/detail/761/

などなど…
今後も学習項目は増えていきます。

関連記事

  1. 法定通貨と繋がるバイナンスの取引所

  2. 仮想通貨のコアな情報を「MESSARI」で丸裸に

  3. 仮想通貨ウォレットの規制状況について

  4. イーサリアムを様々な数字から振り返る

  5. コンビニでビットコインキャッシュが使えるようになるかもしれない話

  6. Switcheo.Exchangeとは?

  7. ethereum 1xについての提案

  8. CBOEの仮想通貨ETFは延期を発表

  9. DAPPS(分散型アプリケーション)の取引量から考えるイーサリアムの今後

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. NFTの規制ガイドラインと個人的な見解
  2. CBDCはBitcoinの重要性を再認識させる
  3. Ethereum2.0に関する用語解説
  4. 仮想通貨ウォレットの規制状況について
  5. Ethereumが企業にもたらす11個の利点
  6. 位置情報を参照できる標準プロトコル|FOAM
  7. Ethereum基礎学習|アカウントとは?
  8. Ethereum基礎学習|GHOSTプロトコルとは?
  9. ステーブルコインの取引量が高騰|2019年
  10. Ethereum2.0|バリデータの説明
PAGE TOP