厳選!知っておきたい市場ニュース!!

51%攻撃が資産価格に与える影響

51%攻撃が資産価格に与える影響
ブロックチェーンに対する最もよく知られている攻撃は、51%の攻撃です。この攻撃では、個人またはグループがハッシュレートの大部分を獲得し、不正トランザクションを作成することができます。


CoinPicka Labでは、BitcoinやEthereum、時事情報に焦点を絞り毎週金曜日レポートを配信しています。

レポートを希望する

51%攻撃が資産価格に与える影響

分散型ネットワークの価値は、複数の当事者が共通の「真実」に対して合意できることにあります。ブロックチェーンでは、この真実は元帳に記録されたトランザクションの履歴から得られます。攻撃者がこの真実を変えることができれば、ネットワークの価値とそれに関連する暗号資産の価値は損なわれることになります。

ブロックチェーンに対する最もよく知られている攻撃は、51%の攻撃です。この攻撃では、個人またはグループがハッシュレートの大部分を獲得し、不正トランザクションを作成することができます。Bitcoin Wikiが説明しているように、攻撃者は不正トランザクションをプライベートにマイニングすることで二重支払い攻撃が可能になります。

どのようなネットワークでも51%攻撃の可能性はありますが、ハッシュレートの大部分を得るためのコストはネットワークによって異なります。Crypto51.appによると、例えばBitcoinを攻撃するには、時間当たり最大100万ドル(約1800万円)必要であることが分かります。Messari Proのデータによると、過去に少なくとも13のネットワークが攻撃を受けました。

このデータを基に、51%攻撃は暗号資産の価値に影響を与えるのか?

攻撃後の7日間のパフォーマンスを見ると、資産の大部分は負のリターンを示しており、Horizen-30.1%で最も下がりました。興味深いことに、13の資産のうち6つは実際に攻撃後1週間で価値を上げており、ElectronicVergeWaltoncoinはすべて2桁のリターンを示しています。

攻撃前後の7日間に範囲を拡大すると、これらの出来事が価格にほとんど影響を与えないことが明らかになりました。上昇傾向にあった資産は上昇を続ける傾向にあり、下落傾向にあった資産はマイナスのリターンで終わる傾向にあります。

7日間という期間は、攻撃の影響を正確に測定するには短く、このような情報が投資家に届くまでに時間がかかる可能性があります。しかし、ごく少数の暗号資産を除けば、ほとんどの暗号資産の主な用途は依然として投機であり、基本的な出来事は価格にほとんど影響を与えません(特に小規模ネットワークの場合)。

 

 

 

CoinPicks Lab

レポートを希望する

関連記事

  1. cryptoeconomicsについて考える Vol.2

  2. OTC取引からみる仮想通貨の需要

  3. cryptoeconomicsについて考える Vol.3

  4. 仮想通貨に対して批判的だった国際決済銀行(BIS)の総裁が独自のデジタル通貨を発行する必要性について…

  5. 合法化に向かう大麻と日本

  6. ブロックチェーンのユースケースについて

  7. ブロックチェーンにおける2種類のガバナンスとは?

  8. Githubで最も開発が活発な20のブロックチェーンプロジェクト|その多くがイーサリアム上で構築

  9. シンガポール|ブロックチェーンエコシステムレポート

今井 涼二

今井 涼二

CoinPicks Admin // CoinPicks Lab Admin // CoinPost専属ライター

プロフィールを表示 →

毎週金曜日|ピックアップ情報を配信!

新着記事

  1. テストネット上でETHの送金をやってみる
  2. MetaMaskの準備
  3. チューリング完全マシンにおけるガス(Gas)の役割
  4. イーサリアムの通貨単位について
  5. Ethereum2.0|バリデータ要件とコストについて
  6. イーサリアムの「状態」について掘り下げて理解する
  7. イーサリアムの誕生とヴィタリック・ブテリン
  8. 「イーサリアムとブロックチェーンについて」専門用語を省き、事例を使いながら簡単に…
  9. Dharma|Smart Wallet
  10. Ethereum|イスタンブールとEIPの内容
PAGE TOP