第2回 “DAppsMarket”さんに聞く市場の関心

前回の対談記事はこちら
第17-1回 Dappsって何がすごいの? | CoinPicks|仮想通貨の価値を伝える

 

ゲスト

ダプマ × 今井涼二

 

ゲスト紹介

こちらの対談では、仮想通貨に関わる「個人」に焦点をあてて、知られざるその真実と裏側、そして、それぞれのストーリーに隠された秘話など、毎回多彩なゲストをお招きして、メディアでは決して見ることのできない「リアル」を、みなさんにお届けしたいとおもいます。

前回はdappsmarketを運営している「ダプマ」さんをお招きして、dappsは何が凄いのかについてお伺いしました。

第2回目の対談では、dappsに対する市場の関心についてお伺いしたいと思います。
また、普及するにあたっての課題とはいったい何でしょうか。

Dappsと相性の良いカテゴリー

今井涼二

Dappsを使ったアプリケーションって私が調べただけでも、すごく数が増えている気がするんですが、現時点でどれくらいのリリースがあるんですか?

ダプマ

リリース済みとなっているのが約897個です。
小さいものなどは直ぐになくなるので、追うことは止めました。

今井涼二

なるほど。
この短期間で897種類もリリースされているのですね。

アプリーケーションと言っても様々なカテゴリーがあると思います。
前回の対談でゲームとの相性の良さは分かりました。
他にDappsと相性が良いカテゴリーはありますか?

ダプマ

DAPPSと相性がよいカテゴリは、ギャンブルは相性が良いと思います。
日本人にはあまり馴染みがありませんが、世界中でのカジノ・ブックメーカーの需要はかなり大きいため、スマートコントラクトで自動・透明化ができる点は魅力的です。

今井涼二

カジノやブックメーカーの市場規模を合わせると30兆円あるそうですね。
確かにこの市場でDaapsが公平性を担保するというのは需要がありそうですね。

ダプマ

また、仲介業が入るジャンルについては、手数料が安くなる利点があります。
どこかの企業がプロダクトを管理する形になるので中央集権ではありますが、現行のサービスよりは手数料が下がると思います。

今井涼二

ありがとうございます。
AugurやGnosisなどが、カジノ・ブックメーカープロジェクトでは王道ですが、他に有望なプロジェクト等はございますか?

ダプマ

fanfair(*1)が実現できれば良いプロジェクトになると思います。

*1 fanfair:スマートコントラクトが用いられた公正公平なオンラインカジノ。

今井涼二

調べてみたらトークンなどは既に、BINANCE含め多くの取引所に上場しているんですね。

ダプマ

また、カジノ・ブックメーカーについては、既存大手が参入することが一番の期待です。
playtech, micro gaming, bet365 などは世界最大手ですし、既存の市場の中には仮想通貨決済を取り入れているところもあるので、受け入れは寛容であると予想しています。

 

Dappsが市場に普及しない要因

 

今井涼二

既存市場が仮想通貨に対して寛容であることは、はじめて知りました。
既存市場が仮想通貨に寛容であるのに対して大手の参入が貧しい原因はずばりなんでしょうか?

ダプマ

特に今の状態で困っていないからだと推測します。
BTCなどで決済は出来ますが、特にそれを行わないといけないほど決済のシェアがあるわけでもないため、必要性が出てきたらすぐに導入されると思います。

今井涼二

確かに決済シェアに関するシェアもニーズも大きくはないですね。

ダプマ

また、ランダムジェネレータがブロックチェーンにてランダムの証明が可能になった場合は、GLI(*2)の証明作業が簡略化されるため、より多くのカジノゲームが世の中に普及すると思います。

*2 GLI:公平である証明書を発行する機関。

今井涼二

GLIの証明にはそれほど時間がかかるものなんですか?

ダプマ

GLIの証明は1台のスロットマシーンにつき数か月から1年ほどは掛かることも少なくない為、スマートコントラクトでランダムの証明が出来れば劇的に短縮されると考えています。
またソフトデベロッパー側も費用が軽くなるので敷居が低くなるのも魅力的ですね。

今井涼二

公平性の承認作業の簡略化やコスト削減という2点はデベロッパーにとっては大きなインセティブになりますね。
それと合わせて、公平性の証明を非中央集権的にできるという点にも非常に魅力を感じます。

ダプマ

そうですよね。

今井涼二

しかし、既存市場がdappsの導入に対してポジティブである一方で導入が進まないのは、仮想通貨決済のシェアが少なく実需が少ないというのは確かですが、それ以前に実需を高めるためにはステーブルコインのような価格が安定したトークンの普及も必要不可欠ですよね。

ダプマ

単純に世界的な需要を満たす要件になると様々な要因が必要になると思いますが、言われるとおり価値の安定は必要でしょうね。
市場に資本を入れるなら、価値の安定化は大きな要素です。
一部の市場に対しての普及という部分ならば、無理やりできなくもないですが、消費者が興味を持つコンテンツ(サービス)が出てこない限り、それもまた難しいです。

今井涼二

キラーコンテンツの出現はマーケットを変えますからね。

ダプマ

最近は地合いが悪くてトレーダーの悲鳴が多く、仮想通貨に対するユーザーの声も少なくなってきていますが、まだ需要を埋めていないプロダクトに資金を入れているわけなので、今はしょうがないと思っています。

今井涼二

うむうむ

ダプマ

国もトークンとブロックチェーンをどのように取り扱うか決めかねていますし、プレイヤーであるならば方向性が決まった後から動いても十分ですし、今は本当に興味がある層だけが情報を追っていると思います。

今井涼二

ありがとうございます。
大変見識のある意見ありがとうございます。

逆に価格が安くなっている今、Dappsの実証実験には向いている時期であると思うので、今後の動きに注目ですね。

続く…

dApps Market|仮想通貨ゲームのアプリ攻略と口コミ評価サイト
仮想通貨ゲームを中心にDAPPS情報を発信 | ゲーム攻略・口コミ・データ解析などコンテンツ日々拡大!現在、DAPPSタイトル70種類を紹介! Crypto-Gaming Media. Feel free to contact us. Let’s make Ethereum great again!

CoinPicks Labでは、仮想通貨についてもう一歩踏み込んだ情報を求めている方を歓迎します。

 

関連記事

 

友だち追加
https://platform.twitter.com/widgets.js
仮想通貨の質問や悩みがある方はどしどしLINEお待ちしてます!!
リアルタイムの仮想通貨情報や筆者の興味と好奇心で呟いてます。

仮想通貨の分散型コミュニティーに参加すべし!!